今度は初秋のことども

 いったんトーキョーに戻ったら坐骨神経痛が出ちゃったのでした。よたよた歩いてって整形外科で腰の牽引を受けること数回。じっと座ってれば平気なので何となく先延ばしにしていた懸案の依頼事項を片付け、腰ベルト巻いて映画館にも行って「ダンケルク」を観たら居酒屋でダラダラと兵隊の数が少ないぞ、とても30万人には見えないぞ、燃やしたスピットファイアはハリボテ感満載、エンジンがないじゃないか、などと文句つけながらもお話しは良かったね、いい映画でしたとクダを巻くのでした。
 やがて痛みもひいて予定よりも遅れてふたたび木曽秘密基地の人となって一週間強、日々寒くなってきました。扇風機はしまった、電気ヒータースイッチオン。とは云っても日によっては最高と最低の気温差が20度ほどもあって汗ばんだりしてアイスカフェオレがおいしい。こちらはこちらでやるべき事があるので、せっかくの秋晴れのバイク乗りもしばしおあずけではありますが、来るべき将来に備えてこんなものを通販で買っちゃったりしています。

blog20171005_a

 はたして活躍するときはいつ訪れるのか?役にたつのか?期待と不安にふるえる心持ちがいっぱい。使い方を練習しなきゃね。

 さて秋の夜は冷える。例によって鍋の登場ですが、たまには違うもんをということでここ山のなかの町でも手に入るサンマを食す。日本の流通よありがとうございます。実はサンマ焼くのは初挑戦。網やグリルは自信がないのでフライパンでやる。

blog20171005_b

 うまく焼けました。今日の料理ビギナーズよこちらもありがとう。ご飯食べすぎちゃったよ。

 そんな楽しい夕げのお供には映画も観る。最近安くなってるブルーレイを買う。航空機映画も捨て難いものがありまするが、なぜかこういうのになってしまった。

blog20171005_c

 とっても小さい微生物から始まり、細胞サイズで闘うならばちっちゃな潜水艇、つぎはでっかい潜水艦とミクロからマクロへと連想ゲームのような選択にわれながら感心するものであります。

 秋の夜長は食べて呑んでるだけじゃあありません。十五夜は雲が多かったけど顔を出した月をファインダーに捉えたのでした。あ、いや、モニター使ったんだった。

blog20171005_d

 なんと今回よりカメラが変わりました。これまで使ってたカメラは3台まとめてソフマップにて売っぱらい、数千円のもうけも費用に加えて二年落ちながら後継品がないのでまだまだ現行でがんばってる製品にと買い換え。決め手は防塵、防滴。やっぱモトクロス場ではそのほうがええよねえ、と思う。

blog20171005_e

 メーカー変わってまだまだとまどっていますが、そのうちなんとかなるでしょう。

 なんだ買い物日記だ。

晩夏のことども

Blog20170912_a

 なんか漏れてるKDXはオイルポンプあたりが怪しい。
 漏れてるのは、ほんのちょっと微々たるものではありますが、エンジンオイルが垂れてるのは精神衛生上なんとも具合がよくありません。新品のシリンダー、ピストンを考えると心も痛みます。したがって、ここは財布の痛みも覚悟してバイク屋さんに診てもらいます。
 で、木曽秘密基地近辺、いや、もしかしたら木曽一帶、唯一のバイク屋「ナカムラmotor」目指して大桑村まで20数キロひとっ走り。しばらく預かってもらい点検修理にKDXを託しました。
 せっかく来たので、これもまた木曽唯一のオフロードコース「モトランドおおくわ」について尋ねますと残念なことに閉鎖中。むむう、KDXに乗れんあいだにYZ-F積んでって遊びに行こう計画を考えてたのになあ。
 もっとも、山奥にあるコースなんで、はたして無事にたどり着けるか疑問ではありますが。それに、ひとりで行くにはちと怖いよなあ。エンジン止めて静かになったら野生動物がわらわらと出現しそうだし。と、それほど未練もなく計画はあっさり消滅。まあ、そんなもんであります。

 バイクに乗れんあいだにも日常は淡々と過ぎていき、木曽町のイベントに陰ながら協力したり、テレビに出そこなったり、野菜を収穫したり、そういうものがあると知ってから何十年も経ってやっと読めたキャッシャー・オニール・シリーズだったり、

Blog20170912_b
見つけたくはなかった蜂の巣だったり、

Blog20170912_c
電車でトーキョーに戻ってすぐさま木曽へとんぼ返りしたり、

Blog20170912_d
駅弁食べたり、あな忙しや。

 そうそう、ここんとこ夏は戦争映画だ!と古いのをたてつづけに観まして、するとヨーロッパで戦うジープをむしょうに作りたくなってきました。1944年のヨーロッパ戦線のアメリカ軍というと第101空挺師団と442連隊しか知りませんがこのジープがそれの所属になるとは限らない。架空のマーキングでいいや。コンバット世代のおっさんたちよりワタシは若いぞと、ラット・パトロールにしようかと思案しつつも機銃の小ささに困惑してるドライバーの図。

Blog20170912_e
 あ、ラット・パトロールはアフリカだ。

 さらに夏も終わり用済みとなった季節ものもなんとか処遇を考えねばなりません。1944年という過去に旅したあとは2019年という未来に心を馳せましょう。いまだ世のクルマは飛び立つ気配も見せませんがね。2015年も飛ばなかったしい。
 水鉄砲としての使命は終わった。貴様を改造してやる。

Blog20170912_f
 水漏れはなはだしいブツでありましたが、一応は水鉄砲。それなりに接着されていて分解は難儀であった。手持ちのなかで一番薄いノコギリ(t=0.1mm)がペコンとなっちゃったよ。はやる気持ちを抑えて道具は丁寧に扱いましょう。

 やがてバイクの修理も終わり(オイルポンプは異常なし。オイルラインのチューブ交換ですみました。財布にやさしいのであった)喜び勇んで走り回ると、左側に気をつけろ!
 信号のある十字路交差点。ワタシの素早いブレーキ操作は事故を未然に防いだのでした。おーい左側から進入してきたクルマのオバチャン、信号見てなかっただろ。アンタのは赤。ワタシが青。我がバイクの数十センチ前を横切るオバチャンはこっちを全然見てない。
 あくる日山道を走行していると左側道端の藪から飛び出してきたのはイノシシ!。おお!クマにつづいてイノシシも目撃したぞ!あとはシカだけだ。などと喜んでいる場合ではない。我が進行方向を斜めに横切るイノシシに直撃していたら、こっちがやられるところであった。まだ成長しきっていない若い個体と思われるも、かの猛進をくらっていたらKDXなどひとたまりもない。フロントタイヤすれすれでやり過ごすことができたのは僥倖でありました。うまく当たれば猪鍋などと欲張りな想いを抱くことなど思い上がりもいいところ。
 蕎麦の畑でおいしそうな想像をすることならあります。

Blog20170912_g

赤い体験黒い目撃黄色い美味

「乗りたいなあ。ちょっとだけでいいからさあ。乗せてよ〜。やさしくするからさあ〜」

blog20170815_a

 乗った。

「CRF250Lを買ったぜ〜。いいだろ〜、新車だぞぉ。見せびらかしてやる!」
 と、息子2号が会社の夏休みに木曽秘密基地にやってきました。
 ワタシも興味しんしんでバイクを眺めまわします。なんかいろいろ部品が付いてるねえ。名称の末尾のLってなに?
「初転びはまだか?こういうのは傷ついてこそ価値が有る」
「新品タイヤのひげひげはダサイから早く削り取るべし」
 とりあえず林道行くぞ。
 まあ、まだバイクは初心者だし、簡単な砂利道にご案内。ワタシのKDXはまだ慣らしちゅうなので、高めのギヤで回転低めのノロノロ運転で先導するのです。新車の赤いマシンもまた慣らしちゅうで息子もダート走行初体験のおっかなびっくり運転なのでちょうどよろしい。

blog20170815_b

 ダートな林道だけでなく、旧道峠越え舗装路やら、さわやか広々国道、くねくね県道などのんびり走り回っていますと、過去ほとんど乗ったことのないホンダのマシンがやっぱり気になる。
 ので、秘密の某所に誘い込んで試乗させなさいよと鍵を奪い取ったのでした。
「タイヤのひげひげを取るにはこういうところで八の字やればよろしい」
 とかっこよくバイクを倒し込んでターンするはずでしたが、思いのほか重かった。
 KDXや、YZ-F、以前のDTや、KXと100kgほどのバイクしか乗ってこなかったワタシには140kgは未知の世界でありました。
 どこまで倒し込んでいいか掴めないあるよ。初転びの栄冠を所有者から奪うなどもってのほか。やさしいお父様は転ばず、傷つけないよう(バイクも身体も)地味〜に走行したのでした。勇気ある撤退である。タイヤのひげは残った。あとは任せた。

 と、そんな走ってる日々、王滝村まで行って谷にかかる森林鉄道名残りの鉄橋から遥か下方(十数メートルくらいかなあ?)を流れる川を眺めてゾワゾワ感を味わっていると、上流数十メートル先に川を渡る黒い物体を感知。
 クマであった。
 初めて木曽を訪れた日からようよう三十数年。ついに野生の生きているクマを目撃。これまではすでにさばかれた肉を喰ったことしかなかったからなあ、感動にうちふるえるワタシが写真取り損なったとしても非難される筋合いはないのである。

 初遭遇は彼我の距離に高さも加えて安全な隔たりをたもった場所でよかったよかった。道でばったり出会ってたらシャレにならんもんなあ。
 そして目撃情報は村の方に伝えました。

 そういえば、開田高原の林道では道を歩いてる野鳥のファミリーも見ました。ずんぐりした体型にライチョウ!かと思いましたがどうなんだろう。標高1000メートルくらいにいるんだろうか?
 シカとイノシシはまだ喰ったことしかない。サルはしょっちゅう会うからもう見飽きた。

 手はもう少し。朝獲りとうもろこしをすぐに焼くには不自由しない。

blog20170815_c

 KDXはなんか漏れてきた。

そびえたつ壁はまた次の機会に

〜前回のブログの続き〜

 さて、腫れちゃった手をどうすんべかな。
 そうそう、以前、#150のj1さんに教えてもらったとこがあるではないか。ちょっくら大宮まで行ってこよう。
 最寄駅の鉄道博物館駅で下車するも博物館には目もくれず、天候不順のなか向かったのは「大宮ハビリス接骨院」
 扉を開けて入ると「やや、お久しぶり〜」とあたたかく迎えてくれるタロー先生。
 タローせんせが以前勤めていた整形外科では長年お世話になっておりました。腰はもとより、首も牽引してもらったり。なんだかんだとおーた家全員通院経験あり。ワタシ個人的にも十年以上は通ったのではなかろうか。
 そんな頼りになる整形外科が数年前、ワタシが木曽の秘密基地生活をしているあいだに閉院してしまったのでした。そして、タローせんせは今どこで働いてんのかなあ?と思いつつも別の整形外科に通い始めたワタシにタローせんせの消息を教えてくれたのがj1さんだったのは、せんせもモトクロスライダーだから。(今はライダー業おやすみ中。わたしゃブログ以外はやってないからいろんなSNS情報に疎いのです)
 昔、レース場で偶然会ったときは驚きましたねえ。ステーキケンタス店主とj1さんとワタシ、せんせと患者のワタシ、ステーキケンタス店主とj1さんとせんせ、これらのグループ実は全員知り合いだったとは。世間は狭いのお。

 手を診てもらいにきたんだけど、せっかく来たんだからいろいろ試してみてよ。と、タローせんせ自らの手技によるマッサージ体験やら、マシーンによる脚部圧力マッサージやら、

Blog20170809_a

 予防的腰の牽引やら、いろいろと気持ちイイ。
 こんなのもあるんだけど今回はダメ!と許可はおりませんでした。

Blog20170809_b

 多分、折れてはいないと思うんだけど念のため固定しとくね、とこうなりました。

Blog20170809_c

「おーたさんは折れてるのに気づかんからなあ」←ここ過去記事リンクね。
 そうでした、あのギプスもせんせにやってもらったのでした。
 その節は、そして今回もお世話になりました。ありがとうございました。
 言いつけどおり、整形外科でレントゲン撮りました。骨折は発見されませんでした。めでたしめでたし。 もうすでに固定具は外して湿布のみで様子見ちゅうであります。

 さあ、壁に挑むのはいつにしましょう。

谷田部のラストランは腫れた

 

Blog20170807_a

 谷田部エンジョイスポーツランドは八月で閉鎖になってしまうので過ごしやすい木曽からわざわざ走りに戻ってきましたよトーキョーの自宅へ。アチイなあ、関東。
 例によって出掛ける前のバイクその他積み込みで大汗かいて11時過ぎにコースへ到着。バイクおろして大汗かいて久しぶりにエンジンに火を入れる儀式キック100万回で大汗かいて、ああ、もうお昼だ。
 夏休みの宿題は午前中の涼しいうちにすませなさい、とはよく言われますがワタシには無理です。
「やっぱり、まだ着替えてない」とお昼休みの方につっこまれながらもまずは準備の大汗で失った水分補給と栄養補給、ニコチン補給にはげみます。

 さてゴゴイチ。まずは肩慣らしと初心者コースにゆっくりと進入しますが。わずか数秒後、1コーナー立ち上がりでいきなりスリップダウンで90度横向いてコケちゃった。アクセルは丁寧に開けましょう。さいわいエンジン止まらなかったのでキック地獄は免れましたが左手をへんなふうに痛めちゃったなあ。早くも今回の走りへの言い訳材料が手にはいったぞお。

Blog20170807_b

 この写真の親子連れが走ってるあたりでコケました。ワタシが走ったときはもっと濡れていたのです。ほら、これも言い訳。

 左手は中指の付け根付近が少し痛いけど、ちゃんとクラッチ握れるし、たいしたことはなかんべなと本コースにも挑みます。
 ここからコースインするのもワタシは今日で最後。

Blog20170807_c

 あいかわらず、バンバン抜かれますが、進路をゆずるのは上達していますので問題ありません。ちらほら現れるジャンプはこれまでと違う飛び方にしてみようと座ったまま飛んだり短い二連を飛び越そうとしたり、下手なりに工夫しますが、まったくうまくいきません。思いの外前のめりのフロントローになってしまって怖かったりします。
 まあ、そんなこんなでちょっと走ったらすぐさま長い休憩です。

 とある休憩時間中の巨頭会議。

Blog20170807_dBlog20170807_e

 若者はいません。全員ン十歳以上。平均年齢をあげてるのは誰だ!?
 ゼッケンナンバーはランキングとは関係ありません。

 かくしてこの日は一周428円。いつもよりは長く谷田部にいたけど、その割に周回数が少ないのは写真撮影がなくてモチベーション低下しちゃったから。残念であったなあ。
 大汗かいて撤収作業を行い帰路につきますが、クルマの中が臭い!ガソリン臭ではない。身体から出る匂いだ。シートに染み込んでるに違いない。車内をファブリーズしなきゃ。←覚え書き。

 今回もまた帰宅すると体重が2kg減っていたので美味しいビール2リットル以上とスーパー安売り刺身で体調回復に努めたことは言うまでもありません。

 そして、翌朝、つまり今日。
 昨晩寝る前にコースで痛めた左手中指から手の甲にかけて、とりあえず湿布しておいたんでありますが、起きてみると立派に腫れ上がっているではないかいな。昨日より痛いし。まいったなあ。