ぐるっとまわって80kmほど迂回

 台風襲来に備えて連休の計画はすべて破棄して、木曽より影響の大きそうなトーキョーへ一時帰還していたのでした。移動日の水曜日は台風なんか来そうもない秋らしい十月らしい素晴らしい天気であったなあ。
 ひっくり返されそうなバイクは建物の一部を利用して鎖でぐるぐる巻きつけて、ふっとばされそうなバイクカバーも外しときます。うまくすれば天然洗車もはかどるぞお。
 幸いなことに我が自宅周辺は特に記することもなく、台風は過ぎ去ってくれました。もろもろの後片付けも一瞬ですませ、さて、木曽へ戻るかねえ。
 ううむ、中央道は八王子から大月のあいだが通行止めじゃ。当然国道20号も行けん。奥多摩は?ああ、あそこが通れん。電車も中央線がダメだ。
 仕方がない。東名だ。御殿場まで行って北上するぞ。よし、余裕があれば富士五湖めぐりしてやろう。などという妄想はすぐに吹き飛びましたよ。
 海老名から御殿場までえらい時間がかかったよ。2時間以上だねえ。雨もふってきちゃうし。御殿場から国道または県道で笛吹、あるいは甲府をめざそうと考えていたけど、超えねばならない山々にけぶる霧をみていると気分が萎えちゃって、信号や交差点のない高速道路にのっちゃって大月経由で中央道に向かうことにしたのでした。大月からは中央道大丈夫なのだ。いったん後戻りするのがなんか悔しいが、人生ひかねばならぬときもある。

 東名で渋滞に巻き込まれているとき、おなじように巻き込まれていたこれらは?警察でしょうか?不勉強でこのカラーリングがどこの所属なのか知らないのが申しわけありません。いかにも土の上を走ってきたような汚れ方をした車両は被災地に派遣されていたのでしょうか。

blog20191018_a

 遠く尾張小牧ナンバーの皆様ご苦労様です。ありがとうございます。早く帰宅できることを願っています。
 ワタシも20時すぎには晩酌の買い物をすますことができました。

行って帰って85kmほど

 前の晩に夜更かしして朝遅くに起きだしてきたら、あたたかくていい天気なのでバイクでちょっくら走ってきたのでした。

blog20191006_a

 午後は雲に隠れることが多い御嶽山もよく見えています。気温は高いけど秋の空なのかねえ。

 気持ちのいい週末、たくさんのバイクツーリング軍団に遭遇しました。白バイもソロツーリングしてました。

blog20191006_b

 KDXオンボードカメラの映像より。
 この少し前、アクセルを小刻みに修正しながら定速走行でのんびり走っていると、何をそんなに急いでいるのか数台のクルマがすごい勢いでワタシを追い越していきましたが、白バイを見た途端、先を行くクルマたちとの距離が縮まり、みるみるそれらのクルマに追いついちゃったよ。ワタシはスピードあげてないんだけどなあ。なんでだろうねえ。ひひひ。

 当然、月夜沢林道にも行く。

blog20191006_c

 林道の分岐路にて。
 わかりにくいけど左奥に行くと月夜沢林道。右に見える林道にも行ってみたいといつも思うけれど、残念ながら一般車進入禁止って書いてある。関係者になってみたいものだなあ。
 出かけるときに近所の方に言われました。
「熊に注意しなさい」
 そんなわけで、写真撮ってるあいだもエンジンとめないで音を出してるのでライト点いてます。

 熊には会わずにすんだ。サルには会った。

 さて、今シーズンのプチツーリングはこれでおしまいかな?もう一回走るかな?どうなるかな?

 秘密基地に帰り着いたら、カレー鍋作って、スーパー安売り刺身切り落としとカニ風味サラダ、ゆで卵もつけちゃおう、で酔っ払う。

blog20191006_d

おにぎりじゃなくてサンドイッチ

 二、三年ぶりにドロオフに参加してきました。毎年参加してるわけじゃないのに、参加するとかなりの確率で徒歩帰宅になるのはなぜ?
 ひとり歩く深夜の秋葉原。

Blog20190924_a

 今回も例によって城主らしく殿様出勤でのんびりと銀河未完成クラブブースに参加しましたが、ブースごとの参加者記念撮影ってのがあったそうで、撮影者キャベたんに待ってもらってたとのこと。申し訳ありません。ごめんね。

 会場はもう大変な賑わいと作品数で何度もぐるぐるまわって鑑賞しましたが、観たのに観てないものばっかりであとから話しを聞いて、そんなのあったの?の連続なのもここ数年のならいです。もうおじさんはついていけません。

 では、ここでお礼をば。
 ワタシはいつものことながら持ち込んで展示するものがほとんどないので、ライトサイクルを部品状態で展示してごまかそうとしました。すると、中村たけやす氏がそのライトサイクルをピッカピッカにメッキ塗装して飾ってくれてるじゃないですか。

 悪だくみ計画始動。
 銀河未完成クラブブースではごちゃごちゃしててライトサイクルはマシーネンやら雪トカゲやらに埋もれてしまう。中村氏ブースは窓に近く明るく開放的だ。中村氏はいい人だ。そこにつけこむぞ。
 これをいっしょに置いてくれない?置いてくれよ〜。置かせろ!
 かくて、どぎつい交渉の末、一日目の夕方、中村氏ブースの一部を占領したのでした。

Blog20190924_b

 こころよく場所を提供してくださった、中村さん、0948オクシンさん、Mukosanムコさん、ほんとにありがとうございました。思い残すことはありません。

 あるとき、ある素敵な奥様とsmokeさんが作ったトーントーンを観ていたらたずねられました。
「ところで、これ、なにが元ネタ?」
 驚愕したワタシは。
「ちょっとこっち来い!説教だ」
 だんなの元へ連行し厳しく言い聞かせるよう計らいました。
 しかし、その後、ワタシ自身も厳しく説教され、こっぴどく叱られるはめになったのでした。因果応報でしょうか。

 さて、いよいよ撤収のときが来ました。
 今年は50周年だからと言い訳して、またも持ち込んだアポロサターンVがここにあります。
 同じスケールだねえ。ということで片付け直前にちょうぎさんのディスカバリーと並べてみる。

Blog20190924_c

 無念じゃあ。サターン敗れたり。みずからのモノを長大さで競うのはもうやめよう。

 そして一番大事なこと。
 ジュンチーさんの動向に目を光らす。
 よし、今だ!
 お昼のおにぎりは失敗したが、おやつのサンドイッチを奪うことに成功。あま〜〜〜〜い。
 今年も奥様手作りをたいへんおいしくいただけました。
 まことにもってありがとうございました。

水が出た

Blog20190919_a

 ふはははははは。おっきい電脳二輪車プリントしましたよ。おっきいだけあって、不具合もおっきい。積層のはがれ、段差もおっきい。

Blog20190919_bBlog20190919_c

 適当に手を入れて。

Blog20190919_d

 ABSなんで用心のため有機溶剤系の下塗りは避けて、初めて使うアクリジョンのベースカラーを筆でベタベタ厚塗りしたら、水研ぎの刑に処す。洗面器にためた水の中でシャリシャリ。蛇口からの流水にさらしてシャリシャリ。

Blog20190919_eBlog20190919_f

 おお、積層痕が木目のようだ。
 このあと、もう一回ベースカラーを今度はうすくコーティングするように塗って一皮膜を作る。そしたらサーフェイサーで下地を塗る。塗ろう。塗りたいなあ。塗りたかったなあ。
 しばらくお預けを食らうはめになっちゃった。

 3Dプリント模型の表面から水が滲み出てきちゃったよ。積層剥がれ埋め不十分な部分はもちろんのこと、目に見えない積層の隙間や、さらに隙間を通って模型内部にまで水が入りこんじゃったよ。模型を手にとって強く振ると、チャプチャプ音はしないけど水が出てくる出てくる。こらあ、乾くまで次の工程に進めんなあ。派手に水を使いすぎました。
 ちょっとでも乾燥を早めるために、組み立てたら見えなくなるところに穴を開けまくりました。

Blog20190919_g

 これで、二、三年たてば乾燥した立派な建材になるでしょう。

 暇になった。
 すると、smoke氏よりなにやら楽しそうなメールが届いたのです。
 で、さっそく、買い置きしたけれど、まだ使ったことのない金属粉入り銅色フィラメントのテストを兼ねて、プリント開始。

Blog20190919_h

 プリント途中は、なにやら80年代グチョグチョモンスターの趣きも感じられます。

 続きはドロオフで。

寄り道するは勝沼

 病院は整形外科しか行かないぜえ。などと、かつてはうそぶいていたワタシですが、それから十数年。そうも言ってられない状況が訪れ、今では毎日服用しなければならい薬もある、りっぱなおっさんになりました。そんなわけで定期的に診察、薬の処方と、かかりつけ医をたずねなかればなりません。今回そのために一時帰京したのですが、うまいぐあいにウイークエンドレーサーズのレースの日程がピタリと一致しましたので、東京から木曽への道中、クロスパーク勝沼というオフロードコースに寄り道しました。

blog20190902_a

 初めて訪れましたが、山の中にあって、木々を縫うようにアップダウンの豊富なコースが楽しそうです。走ってみたいなあ。怖いけど。
 コース全体を一望にするなんてことはできないので、撮影ポイントも決めがたく、いつも以上の細切れ動画をお送りします。すべてゴールシーンはありません。

 まだまだ暑い中、斜面の昇り降りで大汗かいたけど、栗も落ちていた。

blog20190902_b

 このコース走ってみたいというのは、ほとんど本気なんだけど、コースへたどり着くまでの林道がコース以上に怖いよ。細くてガードレールもない未舗装路でサンバーの車体が傾いちゃう。安全速度は20km/hなんて看板あるけど、そんなにスピード出せないあるよ。10km/h以下、あるいは止まらない程度の微速前進でソローリソローリ進みました。みなさんハイエースなどにバイク積んでよく行くなあ。舗装路に出た瞬間、安堵のため息出ちゃったよ。
 でもねえ、これ四輪じゃなくて二輪、KDXなんかで走ったら、なんだよー、もう終わりかよー、ダート足んないぞ。と、文句いうにちがいない。