ブラックアルバムを聴いてます

 

Blog20190213_a

 さすがにLPレコードではなくて(スッゲー高いし)CDですので、パッケージの迫力はありませんが音に問題はありません。フラワーピープルの曲が好きです。もうひとつあるアルバムはLPにするかCDにするか悩みどころです。
 かつて、深夜のテレビ番組ROCK FUJIYAMAで紹介されてそのバンドを知ったのでした。それまでまったく知らなかったのが後悔の極み、放送翌日にはタワーレコードに走り貴重な残り少ないDVDを手に入れたものでした。それから幾星霜、何度もなんども繰り返し視聴を繰り返したロックンロールの最高傑作がブルーレイとなって帰ってくるのを知ったのは昨年の秋。いまかいまかと待ち続けたディスクがついにわが郵便受けに投函されました。
「スパイナル・タップ」おお!

Blog20190213_b

 今宵はロックンロールだぜえ!
 ロックオペラの(じゃなくてロックミュージカルでした。そのミュージカルお披露目したかもしれない——補足訂正)ジャパンツアー行きたかったああああああ。

 ジャケットは海外版とおなじ目盛り11まであるボリュームのつまみのほうが良かったなあ。

 ところで話しはかわりますが、Amazonプライムビデオでビッグバンセオリーも毎日観てます。アレは中毒しますね。おかげでiTunesもこんな状態でブラックアルバムとビッグバンセオリーの主題歌のヘビーローテーションになってます。

Blog20190213_c

 バジンガ!

鷲は舞い降りました

「マン」を男ではなく人間のこととすると「最初の人間」となって、なにやらステープルドンの壮大な小説の気品さえも感じ取れそうですが、男にして「最初の男」とすると一転、艶やかな雰囲気さえまとってみえてきます。さらにくだけて「はじめてのおとこ」とするともうダメです。アレしか考えられません。ああ、どうしよう。おそらく世界中何十億もの人が同じことを思いついて身悶えしてることでしょう。

 というわけで、映画「ファースト・マン」を観てきました。

Blog20190208

 おお、ロードショー初日に劇場に突入したのはジェダイの復讐以来かもしれません。場所もほとんど同じといっていい日比谷です。
 予告編にちょっとだけ写ってるX-15が気になって気になって。そこから物語るんだと期待度満点のワクワク状態でいざ行かん。

 二時間後。勝手に思ってたのとは違ったけど、なんといいますか静かないい映画でしたね。無駄に派手な描写もなく淡々と進みます。いろいろ気になる(いい意味で)こともあったのでまた観に行こう。いずれディスクが出たら買うであろう。何度も観たくなるような予感がする。

 オルドリン禿げすぎだと思う。

ガルルルルルルル

 隔月刊になってしまったときから怪しんではおりました。

Blog20190207

 やっぱりなあ、の「ガルル」最終号。
 毎号買ってたわけではないし、処分したり人にあげたりで手元にはもう残ってないけれど、創刊発進号から買ってた身としては残念であります。
 オフロード専門のバイク雑誌としては最古参です。レース一辺倒の記事ではなかったのが良かった。つい昨年も秋に訪れたJAXAのアンテナ近辺の林道が偶然にも紹介されていて、自分の走ったルートと見比べて、脇道にクルマで入んなくてよかった、と胸をなでおろしたもんです。
 とうとうガルルには名前載んなかったなあ。昔はエンデューロのリザルトをこまめに載せてくれたんだけど、上位数名しか載ってなかったし、その数名は言ってみれば天竺くらい遥か彼方に存在していた。(バックオフには載った。あそこは全リザルト載せたりしてたから。自分の名前見つけるとけっこううれしいのだ)

 さて、お気楽なオフロードバイク誌がなくなってしまったので、「rider」や「ダートスポーツ」読みながら、どっかの会社からガルルが復刊されるのを待ちましょう。
 廃刊ではなく休刊と言ってるしね。

後ろに眼をやる

 昨年、駐車場を別の場所へとあたらしく契約変更しました。
 やったー!!今度は屋根付きだぜえ、夏の車内高温灼熱地獄ハンドルあっちー!とも、冬のたまにやってくるドカ雪による雪下ろしともおさらばだじぇー!
 と大変喜んだのですがひとつ難点がありまして、縦に長い長方形の駐車場の道路入り口からクルマ縦3台分余りの一番奥の隅っこが我が領土。入り口に鎮座しまするおのが軽と比べるとはるかにでかい普通乗用車とクルマ1台分の幅を残して反対側に居並ぶ巨大スクーター軍団のあいだの狭い通路をバックでおそるおそる通過しなければなりません。頭から突っ込めば楽勝ではありますが、なかで方向転換できないし、出るときバックではいろいろと不都合があります。
 入庫のさいはせわしゅう首を左右に振りルームミラーとドアミラーをいったりきたり。ちっちゃいクルマを一番前に駐めたほうがみなさん幸せになるんじゃないかなあと自己中心的思考による愚痴も出ようというものです。
 ああ、取り外しできる眼があったなら、あるいは追加の眼があったなら、も少し余裕をもって操作できるのに。

 世の中にはバックカメラ&モニターというものがあることを知りました。後付けも可能と知りました。しかし、あわてて飛びついて安もの買いのなんとやらになってしまっては後悔するは必竟。さらに調査を続行します。

 世の中には前後写せるドライブレコーダーというものがあることを知りました。しばらくのち、モニター付きを条件にどれにしようかな?神様のいう通り検討の結果、KENWOODさんの製品が選出されました。

 後日、悪戦苦闘の結果モニター付きフロントカメラをルームミラーの横、運転手側に、リアカメラをリアウインドウに設置いたしました。ルームミラー横のモニターにはリアカメラからの映像を表示して、まるでミラーが二つあるかのような人類の技術の勝利。ミラーとは異なる広角な画角でワタシはもう一つの眼を手に入れた。長くて余ってしまうケーブルの処理は大変だということを思い知りました。余ったケーブルはぐるぐる巻き引っ掛けてごまかす個人の技術の敗北。

 さらに後日、ちょっとクルマでお買い物。ドライブレコーダー初仕事です。あいにくの雨。
 東京ドームと後楽園のジェットコースターの隙間を走り抜ける。

Blog20190206_a

 同地点、後方光景。

Blog20190206_b

 フロントカメラはちょっと青みがかってるねえ。

 録画されてるのを見ると自分の運転の反省点にも気づきます。見てるようで見てなかったのもあります。勉強になります。買ってよかった。

 さて、問題の駐車場入庫。

 ああ、リアウインドウが曇っちゃってなんも見えん。

 熱線を忘れとった。
 デフォッガーのスイッチを憶えました。

宝物発見す

Blog20181228
 ある日、くらい引き出しの奥から総額数千円にものぼる図書券、未使用図書カードが発見されました。発見されてから使い所を悩みながら数ヶ月、使うなら今だ、と年の瀬せまるなか続々と発売される書籍、雑誌に費やしました。普段買ってる雑誌も含まれているのはおいといて、初めて買う雑誌、分厚いノンフィクション、読んだことないフィクション、頭沸騰しそうなハウツー本、行方不明本の再購入、発売を待ってた本。当然のことながら発見されたお宝だけでは賄えませんでしたがワタシはしあわせです。もちろんまだ拾い読みしかしてません。今は「七人のイブ」を読んでるから。まだまだ終わりません。積ん読の増加も加速しています。老眼も加速しています。

 ブルーレイ買ったんで、「2001年宇宙の旅」とタルコフスキーのほうの「ソラリス」を続けて観たら疲れました。また、Amazon Prime Videoもウォッチリストへの追加が増え続けています。積ん読ならぬ積ん観(ツンカン?ツンミ?)