二度寝したら昼じゃった

 なので、モトクロスビレッジに着いたときは残すレースは1ヒート半だけでした。「今来たのか!」口撃にひるんだりはしません。よくあることです。とりあえず密かに準備していた本日の目的は達成できたので問題無し。
 雨の写真でも撮るか、とiPhone取り出しましたが、

Blog20180513_a

 雨粒って写真撮るの難しいのです。

 以上、WEEKEND RACERS 2018/19 R2 のレポートでした。

 と、やめてもいいけどせっかくなんでもちっと書こう。

 その、レースの前日。ワタシは甲府にいました。
 午後までかかるかと思った用事が午前に終わって時間ができたので、ちょっくら城跡まで散歩したのでした。

Blog20180513_b

 あそこに登って。

Blog20180513_c

 やあやあ、富士も見えるで。

Blog20180513_d

 甲府入りは前日夕方だったので新宿から適当な時間にスーパーあずさに乗ると新型車両でした。

Blog20180513_e

 悪そうな顔つきじゃのお。
 沿線の道端からでっかいレンズで狙ってる好き者たちも以前より目につくのであった。

 さらにその前の日々。
 重いよ。と400ccのバイクと格闘していました。
 この条件の文面を削除するのだ。

Blog20180513_f

 試験場一発!はやめて教習所に行きました。もうそんな若さはないの。数日で課程修了の技能試験も一発オーケーで、ルンルンと運転免許試験場にて新免許証いただきだぜえ。
 と期待してたのに。

Blog20180513_g

 免許証の裏にハンコ押されて終わり。
 ええ〜!新しい免許証にはならないの〜。そんなあ。

 来るはずもない平成32年というものが万が一訪れることに儚い希望を持って生きていこう。じゃないと免許証が新しくならん。

 まあ、これでYZ250Fをライディングする我が勇姿に「免許ないくせに」などと、まったくもって誤った認識による見当はずれのイチャモンつけてきた輩も黙るであろう。ま、認識は誤ったままであるが。

 もちろん上記はイチャモンつけてるほうも、つけられてるほうもわかってやってる冗談だから本気にしないように。

「YZ450Fに乗ってみるかい?」
「大型二輪の免許とってきます」

昼はラーメン、夕刻は光の輪

 今回の熊本行き一泊二日で、二日目のお昼はもちろんラーメンです。はあ〜喰ったくったのはチャーシューメン。餃子は頼みませんでした。

 往復の飛行機では機内モードでの撮影もやりました。窓に映るiPhone対策を忘れちゃったよ。ダメだなあ。
 初日の羽田から熊本への窓外の景色。

 熊本空港への降下にともなって見えてくる街並みからブルーシートが消えてます。前回は二年前だもんなあ。当たり前っちゃあ当たり前。当たり前じゃないとこもあるけど空からは見えない。想像力がためされるところです。

 ラーメンの前に上通り(かみとおり)をぶらぶら。まるぶんが開いてた。

Blog20180418_a

 7、8年ぶりのカッパにご挨拶。

Blog20180418_b

 何十年も前からある模型店にも寄る。

Blog20180418_c

 小学生以来数十年ぶりにここでタミヤニュースを買う。

 そんなこんなしてるうちに空港へ向かう時間なのでバスに乗る。が、しかし、あれえ?なんか勘違いしてたぞお。飛行機出るまでまだ二時間もあるのに空港着いちゃったよ。早すぎるよ。しかたないので、だらだらと時間つぶしてるといつの間にやら出発まで20分を切ってる。しかも保安検査には長蛇の列。お土産の馬刺しを物色してる場合ではなかった。
 なんとか保安検査締め切りぎりぎりで関門通過。搭乗もビリだよ。と、思ったら2分後二名様ご到着。人間、余裕がありすぎるのもよくありません。ブービー賞も獲れなかった。

 かねてからの計画通り東京へ向かう便の席は右側。うまくいけばすれ違う別の旅客機を撮ろう作戦であります。チャンスは一回。そのために今回は動画を4Kで撮っとるのだ。左の席なら見える富士山もあきらめたのだ。
 結論からいうと失敗じゃった。ちょうど動画撮影をとめて、望遠ではるか下方を飛行する狙ってるのとは別の旅客機をファインダーに捉えたりしてるときに、横をシューンと飛び去っていきました。無念じゃ。
 それでも視界から消えるまえに、あわててなんとか撮ったのがこれです。

Blog20180418_d

 ピンボケ〜〜〜。

 で、かんじんの飛行機が撮れなかった帰りの機内モード撮影の4K動画がこちら。

 でもねえ、7分30秒から、すっげー遠くににすれ違う別の飛行機ならそれからたなびく航跡が写ってるのだ。さすがの4Kでも機体はわからん。

 そして、さらになんと!
 9分45秒あたりからの羽田への降下進入でブロッケン現象が!
 雲に落ちる我が搭乗機の影のまわりをよーく見てね。まぁ〜るい虹色の光りに囲まれてます。
 動画では色がうすくてわかりにくいので、そのカットだけ彩度をあげてみたけど、どうでしょう見えますかア?
 見えない方にこちら。動画からヒトコマとりだして彩度やらトーンカーブやら調整しましたよ。
これならどうだ?

Blog20180418_e

夜は馬刺し

Blog20180417_a

 二年ぶりにちょっくら熊本へ行ってました。城主としては工事の確認もせにゃならんので用事もすんだ夕刻ぶらぶらとお散歩です。

Blog20180417_b

 支えてるねえ。

Blog20180417_c

 浮いてるねえ。

Blog20180417_d

 並べてるねえ。

「不謹慎かもしれませんけど、崩れた石垣は観光資源としてうってつけですねえ」と上司に力説してる若いサラリーマンがいました。おそらく熊本市のかたではないのでしょう。
 いやいや、おっしゃるとおり。不謹慎じゃありませんよ。いいんですよ。こういうの見られるのは、なかなかないですよ。熊本市だってわかってるから危なくないとこまでは近づけるようにしてるんだから。鉄骨ファン、築城ファンも今のうちですよ。じゃんじゃん見に行きましょう。ワタシも野次馬じゃ。
 などということを押さえたうえで。
 しかし、なんであんなに記念写真とるんじゃ?くずれた石垣や櫓を背景ににこやかにポーズとっとるのは好かん。複雑なおとこ心じゃ。

 で、それなりの時間になったら。

Blog20180417_e

 たらふく呑んで宿までふらふら戻る。

 前回同様、宿の窓からも天守は見えたけど、翌日には、もっとよく見える市役所の14階にあがって全体を見渡すのであった。

Blog20180417_f

 そうそう、前日は時間が遅く、閉館していて見られなかったこれも確認。

Blog20180417_g

新年度のこちらも開幕戦

Blog20180409_aBlog20180409_b

 ついこないだ最終戦を見に行ったような気がしますが、今年度の新学期の始まりウイークエンドレーサーズ開幕戦ラウンド1を観戦してきました。
 なかなかの道の混み具合に3時間近くかけて辿り着いたころには午前のレースは残りわずか。まあ、いいんです。よくあることです。トイレ休憩2回は想定外だったけど。前夜呑み過ぎたかなあ。

 さて、今回のミッションは動画チラツキ解消実験です。フルHDの秒60コマで撮影しているのですが、動きの早い場面でチラチラしちゃうんですね。ヒトコマ、ヒトコマにブレが欲しい。シャッタースピードを遅くしただけで露光しすぎて明るく飛んじゃった失敗はもう繰り返さないぞ、と。
 午前のレースでは、事前にマニュアルでシャッタースピード1/60に設定して、これだけでは以前失敗したので、露出補正で-3。
 午後のレースでは、新兵器NDフィルター装着でカメラおまかせ。NDナンバーは8。
 どちらもASA…じゃなくてISOは100固定。
 どっちがいいかいな。
 こちらのクラスのレースがHeat1が午前。Heat2が午後であります。

 結果、どっちでもいいような気がするなあ。どちらもかなりチラチラは解消です。えらいぞワタシ。
さて、次回からはどっちで撮るべ?
 マニュアル撮影は季節と天候でめんどくさそうだなあ。夏のギラギラ太陽に対応できるのか?
NDフィルターは、写真と動画では何かと変わってくるんで付けたり外したりが、まためんどくさそうだなあ。
 実際、新品のフィルターに早くも傷をつけちゃったぜ。なにぶつけた?レンズキャップ?えらくないぞワタシ。

電脳空間の二輪車と実在の飛行機

 ライトサイクルはあらためて形状見直しで3Dデータにいろいろ変更修正へと手を加えていました。

Blog20180406_aBlog20180406_b

 上、前回3Dプリントした形状。下、手を加えた現在の形状。

 良くなってる。近づいてる。そうに違いない。実際の正確な形状知らんわりには、なかなかではないかいなと久しぶりの自画自賛。
 前回のデータではどうしてもうまくできんかったところにスプライン曲線を使ったけど、新しいデータからは排除して、円・楕円・円弧・直線の組み合わせの線画から押し出しや回転体をつくり、一部にはブーリアンして組み合わせだけで作成。(できた回転体を潰すのはやった。ああ、フィレットもね)
 35年も前の映画製作当時どんな技術が使えたのか知らないけど、基本的な形状の組み合わせだけであのフォルムを作り出しているのは画面から見て取れるので、できる限りそうしてみたのでした。うまくやればプリミティブだけで作れるね、きっと。

 というわけで、形状データが更新できたので3Dプリントを注文しましょう。しかも前回よりもやや大きく、しかし懐具合も大切なので大きすぎない寸法で。ライトサイクル全長72ミリメートルに決定。
 プリント用にさらに手を加えて、ついでに分割もしちゃったりしてデータをアップロードすると、「あそこもここも先細りすぎじゃあ、造形できんぞ」と出力屋さんからまたもお叱りのメールが。ありゃあ、またやってもーた。
 晩御飯も食べずにデータ修正に取り掛かり、尖りすぎてる形状にはことごとく小さな形状をプラスして鋭角な角をすべて鈍角に変更していきます。どうせプリント品の積層跡を消すのにやすりをかけるんだから大きな問題ではあるまいて。ふぇっふぇっふぇ。
 かくして、修正したデータをアップロードしたらば、すかさず、ひとっ風呂あびて、数時間遅れの晩御飯で泡飲料を大量消費する。今度のデータは大丈夫だよなあ。ドキドキ。

 そして、かねてより到着を待ちわびていた品物も遠い異国から届いたのでした。

Blog20180406_d

 いやあ、まったく知らんかったよ。プラモデルとして製品化されとったのかあ。何年も気づかんかったんだろうなあ、日本国内はどこも売り切れとるよ。しばし思案ののち、eBayのウクライナの店から取り寄せたのでした。メーカーもウクライナだしい。
 これでスペースシップ1のチェイス機もそろったぞ。いつの日か並べてみたいなあ。だが、そのう、なんだ、横にリンクもある架空飛行機工場の機体のなかに紛れ込ませても違和感ないぞ。いつの日かやってやろう。

 さらにそして。
 出力屋さんから「修正したデータならよかろう。これを出してあげよう、しばらく待て」と返事が来ました。
 さあ、これから待機の日々です。ワクワク。
 こういうのをプリントしてもらうの。

Blog20180406_c

 色の濃いところが尖ったとこをなんとかするために追加した物体X。と、出力用にパーツを一体化するための射出成型じゃないのにランナーもどき。裏側みるとわかるけどなんとアンダーゲートです。ライバルはタミヤ。