光り輝くスポーク作業中

 2020年はバイクの年にするのだ。と、昨年の秋、密かに宣言したものの年が明け春を迎えようかという頃から、全地球的に大変な事態におそわれ物事が思うように進めず半年を無為に過ごしてしまいましたが、ここで奮起一転、長年の懸案であった作業に7月より従事しました。
 30周年を目指すKDXのサビと汚れで真っ黒けっけのスポークを張り替えるぞ〜!

Blog20200805_a

 すでにホイールはバラバラにされています。
 リムとハブは再利用します。スポークとニップルはステンレスをお取り寄せしました。もう錆びさせないぜ。
 リムは手作業で頑張って洗浄して磨きました。やりすぎてアルマイト剥がしたくないのでほどほどにします。これでいいや。

Blog20200805_b

 ハブは手強いぞ。

Blog20200805_c

 各種真鍮ブラシを用意したけど、ある一言がワタシを射抜いた。「DIRTFREAKでブラストとクリア塗装を数千円でやってるよ」考えるまでもないので「よろしくお願いします」
 2週間後。

Blog20200805_d

 おお、綺麗、きれい。到着時に写真撮りそこなったら、いつのまにかベアリングも挿入済み。パウダー塗装でツルツルだから汚れも落ちやすそう。
 なんだけど、ちょっと想像と違って残念なのは金属らしい輝きがなくて、ツヤツヤのグレーに見えちゃうこと。
 ほらね。

Blog20200805_e

 だけど、まあいいや。このままで行く。もし次回があるなら、塗装は無しでブラストだけでどんな具合なのか確かめよう。
 と言ってる間にフロントホイール組み上がりました。あとはめんどくさいブレ取り作業が待ってます。

Blog20200805_f

 さ、リアホールも組むぞ!

Blog20200805_g

 えー、すいません。すいません。いかにも自分でやってるようにみせかけてますが、上の写真はやらせです。実際に組んでるバイク屋のにいちゃんに撮ってもらいました。ワタシがやったのはリムを洗うことだけでした。
 ついでに他の整備も頼んであるので、まだまだ作業中なり。

片付けのあとは映画

 昨年の秋、木曽でもろもろ片付けして一部屋あけて秘密基地のなかに秘密基地をつくろうともくろみ、ある程度の準備をして続きは今年ということにして中途半端にモノを積み上げたまま東京に戻ったんだけど、今年は残念なことに木曽に行ってない。まあ、ワタシ個人は、今のところ大丈夫なんだけど色々考えると、非常に行きにくい。とっても行きづらい。例年なら22日は花火大会なんだけどなあ。今年は中止じゃ。
 なので、トーキョーでお片付けをする。数週間前からちょっとずつ不要品を見定めて、エイやっと処分しております。目標の2/3くらいは捨てたぞ。洗濯機も処分じゃ。といってもこれは壊れちゃったから買い替えでござる。汗だくの洗濯物が増えるこの季節、予想外の事態に焦ったのであった。新機種配達、旧機種引き取りまでの2週間、だましだまし使っていたのであった。
 なんだかんだで捨ててはいるけど、しかし、あることをやろうとすると、あっ!アレは木曽に置いたままだった。と気づくこと多かりし。仕方がないのであらためて買い物してしまう。
 捨てる、買う、捨てる、買う、捨てる、買う。モノが減りません。

 そんな、買い物のなか、リストに紛れ込ませて映画のディスクも買っちゃう。

Blog20200721_a

 吹き替えの「ブリット」と「ミッドナイト・ラン」が安くなってた。「サンダーバード」はV6の吹き替え意外と上手。「ネバダ・スミス」ブルーレイ出る気配がないのでDVDで。待ちくたびれちゃったよ。「スーパークロス」けっこう真面目に作ってある。「遠い空の向こうに」いいのだ。買うように。「タンク・ガール」昔一回観ただけ。良かったということしか覚えてない。もったいなくてまだ観てないよ。今夜にでも観ようかねえ。「ラン・ローラ・ラン」も欲しかったけどプレミア価格で高くて買えんよ。

 通販で買い物するときはヨダバシカメラかアマゾンが多いんだけど、今回ヨドバシで他の買い物に紛れ込ませてこんな本を買った。

Blog20200721_b

 この本のことは知ってたけど、以前の版はなかなか買う機会がなかった。ゆっくり読みましょう。
 取り寄せだったけど、注文の翌々日には届いたよ。取り次ぎがトーハンなのか日販なのかあるいはそれ以外か、知らないけれど、本を買うのにヨドバシも使えるなあ。

日焼けしました

 先日、ひさしぶりにモトクロスビレッジへと行ってきました。おじさんたちが集まると聞きました。ワタシもおじさんなので行かねばなりません。
 というわけで、ウィークエンドレーサーズあらため、ウィークエンド走行会です。なんでレースじゃなくて走行会なのか?よくわかりませんが、それなりの理由があるのでしょう。「ライセンス要らないからお前も走れ!」と指令をうけましたが、すんません、走り以外でやらねばならない、やりたいことがあるのです。心苦しいですが今回は辞退します。太っちゃってモトパンが履けないなどとは口が裂けても言いませんよ。

 で、やりたいことはこれ!

Blog20200624_bBlog20200624_a

Blog20200624_c

 こうやって見えない自撮り棒に360度カメラつけて走りを撮る実験および練習です。
 例によってカメラスタッフの方に無理やり撮ってもらいました。

 ふっふっふ。こんなことする奴ぁ他にはおるまい。ビデオ撮影は我々の勝利だ。と思ったら、私のよりもはるかに長〜い自撮り棒を駆使するグループがいた。ああ、また負けた。
 さて、気を取り直して撮影しましょう。
 今回は「Insta360 ONE R」だけで撮影しました。撮影はお気楽です。棒の先のカメラをかかげたり、地面すれすれに位置させてみたりします。持ったまま歩くこともあります。
 撮影が楽なぶん、編集が手間であった。当然ながら周囲すべてが写ってるんで、そこからここだ!というシーンを切り取るのがなかなか大変であった。撮影時にカメラおよび我が身体を使って操作していた、ズーム、パン、チルトをコンピュータで行うことになる。慣れないソフトで七転八倒した成果がこちらです。

 まだまだ、こんなもんですが、面白かったので余は満足じゃ。他のクラスもYouTubeにあげました。
 ビデオのひとコマからこんなスチールも。

Blog20200624_d

 裏表のレンズで撮影した画像のつなぎ目にあたっちゃって少し変な部分があるけれど、なかなかかっちょええんでないかい。

細くっても大丈夫

 

Blog20200606_a

 たくさんのタコの赤ちゃん、群れるクラゲ、新種のキノコ、のようなデススターの群れは、新しくライトグレーのフィラメントを買ったのでお試しした結果です。これまではクリアレッドやらブロンズきらきらフィラメントだったのでよくわからなかったディテールが見えてきました。すると気になるところが見えすぎちゃって困りました。
 球体に対するレーザーお皿の大きさ、赤道からレーザーお皿までの距離、北極圏にある致命的弱点に通ずるトレンチの長さ、などなど、少しずつ調整してはプリントの繰り返しで机のうえがコロコロしたもので占領されました。もう飽きた。
 ので、先日、やっぱり発売になった0.3mmノズルをお試しします。ツイッターはやってないけど、日本での代理店のツイッターはちゃんとチェックしてるので、初回発売分の購入に成功しました。えらいぞ、おーた。
 ぐいんぐいん印刷中。

Blog20200606_b

 でけた。

Blog20200606_c

 ノズル径0.1mmの差は一目瞭然。買ってよかったあ。
 どちらも同じ3Dデータですが、前回とは違う新しいデータをあらためて作りました。細い部分は0.3mm幅です。(CAD上の設計で0.3mmです。実際にプリントされたものは少し太ってます。)
 ちなみにこのディテールのパターンはいいかげんですから信用してはいけません。わかるところはそれらしくしたけど、わからないところは適当です。
 新兵器を手に入れたので、今年じゅうにはなんとかなりそうな気がしてきました。飽きなければ。

いぶしちゃうぞ

Blog20200512

 まだまだ外飲みには出かけられないので、おうち居酒屋してます。もっとも普段からそうだ、といえば間違いないので、夕食のようすがそんなに変わりばえしてるわけじゃあありませんが、ここでひとつ、変化を投じましょう。
 ご家庭内薫製製造マシーン、長谷園さんの「いぶしぎん」ミニを買いまして晩酌のおともとする。
 ソーセージはチョリソー、アスパラガス、ウズラの卵、エリンギ、チーズ載せちくわ、天ぷら用キス。おいしそうに出来上がりました。
 スーパーで天ぷら用にさばいてあるキスを見つけた瞬間、ピピっときたので、海老じゃなくてキスにしたけど、これは大正解。うまかった〜。ものによってはもちっと塩きかせたほうがよかった、と思うものもあれども大満足でありました。
 10分ほどでいぶしあがるので、何度もいぶしまくって食べ過ぎお腹苦しいになっちゃったよ。
 またやろう。ひとつだけある問題は強火調理なんで、これからの季節卓上でやるにはあついこと。ビールがぬるくなっちゃうよ。でも卓上でやりたいのだ。