ヒア・ゼイ・カム

息子1号に長期貸し出し中のSTAR WARSのDVDが帰ってきました。

奥田瑛二と森本レオの吹き替えは最高だぞ!
特別編なんかカスだ。これを観てからSTAR WARSを語れ!
と酔っぱらった勢いで無理矢理押し付けてから幾星霜。

やっと、手元に戻ってきたSTAR WARS。
いやあ、いいね。ハン・ソロは森本レオに限る!
村井国夫さんや磯部勉さんが嫌いなわけじゃないし、
ジョーンズ先生や、ジャック・ライアン博士に関しては何の不満もありません。

吹き替えの洋画を映画館で観たのは、STAR WARSが最初で、
(多分・・・サンダーバードはどうっだったかな?幼すぎて憶えてないよ。)
それまでは映画館では字幕で観るのが正しい映画ファンだとイキガっていた
小僧を吹っ飛ばしてくれた映画でもありました。
TVで放送される洋画の吹き替えには違和感は感じなかったし、
そこで声優の人たちも憶えたけど、映画館は別物と考えていたんですね。

でもね、字幕で観るより吹き替えで観た方が映画の筋やニュアンスは伝わると思うんです。
そんな訳で、DVDの映画に吹き替えが入っているのは大歓迎なんですが・・・
が、なかにはこれはどうなの?というのもある訳で。
旬なタレントを起用したい気持ちはわからんでもないが、そんな吹き替えはがっかりするよ。
古い洋画のDVDでTV放映時の吹き替えが入っています。と書いてあるほうが安心して買えるんですよ。吹き替えも古いから。

ティム・バートンの映画は好きなんだけど、ビートル・ジュースと
バットマンは買う気にならないんだよなあ。
あの、吹き替えなんとかならんか?でも、これ食わず嫌いかなあ。

で、ヒア・ゼイ・カムですが。
いやあ、これまで気づかなかったなあ。
映画館で観たのはかれこれ、26年前。
日本語吹き替えなのにレイアさんがカタカナ英語で、
ヒア・ゼイ・カムとおっしゃる。何故ここだけ和訳しない?
ハン・ソロのセリフに「必死の逃亡者」とかあるし。
もしかしたら、気づかないところで結構あそんでいるのかも。
誰だ!台本書いた奴。

ヒア・ゼイ・カム」への2件のフィードバック

コメントはこちらへ。ログインは不要です。お名前のみで可能です。リンクを含んだコメントは承認制となります。ご了承ください。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中