新しき経験

かねてより、国際的情報電子網にあって篤志家により、青空文庫なる活動が行われ、日本國を代表する文学を下路し、個人的電脳での書見が可能たらしめていることは、広く周知されていることと思われる。
過日、携行可能小型無線テレホーンのオペレーティング機構の性能改善に伴い、当該機器を書見台とする試みに興をひかれ、i文庫と呼ばれる無形技術を信用札によりて購入したるは、金四佰伍拾圓であった。
夏目、芥川、太宰、蒼々たる文豪の作品が収められてはいるが、私がまず選択したは、押川春浪であったのは科学小説愛好家としての嗜好の現れであろうか。

コメントはこちらへ。ログインは不要です。お名前のみで可能です。リンクを含んだコメントは承認制となります。ご了承ください。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中