しまい込む木曽日記

当初より11号バージョンの発射台を目指して工作を行っているのではありますが、頼りはNASAからダウンロードした写真のみ。
わからないことばかり。
まあ、万が一完全再現できても傍目にはたいして違いはなかろう。
それでも、パッと目につく違いだけでも手を加えましょう。
鉄骨の色も変えたしね。

前回はコンピュータを駆使して新たなパーツをプリントしましたが、今回は絵の具に活躍してもらいます。

11号バージョンでは見られない設備がしっかりとカラーレーザー?でプリントされていますので上から塗り潰します。

なかなか色が合わないねえ。

サターンロケットのお尻が突っ込まれる穴の周囲も黄色くありません。
ケント紙に色塗って貼付け完了。
一段ディテールもついて一石二鳥。

さて、これ以上の差異については闇の中。まったく見えません。知りません。わかりません。
という事でペーパークラフト発射台木曽作業も今シーズンは終了の時が来ました。

次回建設工事再開まで箱の中にしまい込みます。

工事再開は来年夏の予定。それまで冬眠してもらいましょう。
冬眠の間に細かいパーツをできるだけ作り、次期シーズンには合体できるといいな。
クレーンがやっかい。

しまい込む木曽日記」への4件のフィードバック

  1. イイ感じで制作が進んでますね(^^)
    次は小物ですか。そして来年夏にドッキング・・・壮大な計画だなぁ。

  2. ピコさん
    なんといっても五カ年計画ですから。
    来年できなくても再来年もある。
    余裕があるっていいな〜。

コメントはこちらへ。ログインは不要です。お名前のみで可能です。リンクを含んだコメントは承認制となります。ご了承ください。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中