規模はこれくらいがちょうどいいんだけど

なんと21世紀になって初のJリーグ生観戦。
前世紀に一度連れて行ってもらって、いいなあ、ここ。と思ったところ三ツ沢競技場に十数年ぶりにご挨拶ですよ。
なんとなくジュビロ好きなので(だって、初めて買ったギターもバイクもヤマハだからね)写真のようにこちら側のゴール裏です。ワクワクしますねえ。

しかし競技場に足を運ばなかった十数年でのかなりな変化に戸惑うワタシがいた。
緩衝地帯?ここは紛争地か?
キックオフでいきなり立ち上がる周りの人々。
試合中鳴り止まぬ太鼓と歌声。

アレ?こんなにうるさかったっけ?

前回、といっても1997年という大昔でありますが、おなじくマリノス対ジュビロの試合、ピッチから聞こえる選手の声、ボールを蹴る音さえも聞こえる距離の近さに感動したのにもう何も聞こえません。
ドゥンガさんが福西さんを怒鳴り散らす声が響き渡ることはもうありません。当たり前だけど。
一抹の寂しさを感じるワタシに吹き付ける強風が冷たい。

思うにワタシは応援一割、サッカーを観戦九割なんでしょう。
どっちが勝っても負けてもよし。そういう人は足を運びにくくなってないかなあ。
だったら、メインスタンドで観ればいいじゃん、などと言ってはなりません。
こんだけ近いんだから生で観るにはゴール裏が一番です。迫力が違います。
あ、でもコーナーそばも観てみたいなあ。

機会があったらまた行こう、三ツ沢へ。うるさいのを我慢して。

応援一割の気持ちでは
今回3-0でジュビロは負けました。前回97年は1-4でジュビロが勝ちました。
よってワタシの中ではジュビロ優位は動かず。屁理屈だ。

観戦九割の気持ちでは
単調な太鼓のリズムが意外と眠気を誘うことを発見。
おにぎり4個と焼きそばを平らげたせいでは断じてないと言っておこう。

規模はこれくらいがちょうどいいんだけど」への2件のフィードバック

  1. ぴろんちょさん
    マリノスさんは後半になってから得点するもんだから、遠くはるかな向こう側のゴール前の攻防がよくわからんかったよ。
    対戦相手ではありますが、中村選手のシュートは間近で見たかったなあ。

コメントはこちらへ。ログインは不要です。お名前のみで可能です。リンクを含んだコメントは承認制となります。ご了承ください。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中