どこまで(も?)続く

1巻の奥付を見ると昭和54年9月30日発行とあるから、そのちょっと前にSFマガジンに連載してたのを最初に読んだのですねえ。
34年も前かあ、ワタシも紅顔の美少年であったことでしょう。当然そうでしょう。
作者の逝去によって、いつもの半分のページのうすい体裁の130巻で中断していた物語が、新しい書き手によって再開されたのですねえ。

まだ読み終わってはいませんが、なんでしょう。違和感がありません。
文体?せりふの掛け合い?
ちょっとびっくり。すごいなあ。
でも今回から口絵、挿絵がないのかあ。そこは残念。

というわけで、サーガはまだまだ続くのね。
しかたがないので付き合いますよ。

ああ、もう来月には続刊が出ちゃうのね。
書き手もまた別の方で。

それって、まさかペリー・ローダン化しちゃうの?
終わらないの?
できればワタシが死ぬまでには最終巻「豹頭王の花嫁」を読みたいんですけど。

どこまで(も?)続く」への6件のフィードバック

  1. あらあらあら  ナツカシイ。
    つか、ブリンのお話しどうなった?。
    クライダイキーせんちょ、未だ未帰還でしょう?。

  2. apuroさん
    お、グイン・サーガが懐かしいですか?そーですか、そーですか。
    まあ、それは置いといて。

    クライダイキーせんちょですか。
    このイルカびいき野郎め。
    人間のトムさんも気になりますぞ。
    仕方ないブリンを読み返しちゃおう。

    読み返しても、登場キャラの境遇は好転しないけどね。

  3. 第一話を連載で読んだだ?年季がはいってますねえ(^_^;)
    私が読み始めたのは高校2年ぐらいだったか。
    ナリスの毒にあてられるまえのヴァレリウスが好きだった。
    結局あの冗長な文体にイヤ気がさして止めちゃった。100巻ちょいだったかな。

  4. ちょうぎさん
    いやいや、ワタシも高校生のときからですよ。
    その頃はSFマガジンを毎月買ってましたからねえ。
    やや、同じ高校時代でも世代が違ったか!

    ワタシも一時期離脱の危機がありましたよ。
    著者近影の化粧が濃くなったころ。

  5. 100巻目指して、、、
    98巻ぐらいだったかなぁ(外伝少々)
    なんか突然、どーでもいーや、それ程おもしろくも無いゾと思い

  6. ぴろんちょさん
    当初の計画では100巻で終わるはずだったのにね〜。
    三日坊主のワタシですが、どーでもいーことは続いたりしますね。
    惰性って好き。
    もうね、おもしろくないとか関係ないのだ。
    でも、やめないってのはまだどっかおもしろいのかな。
    いやあれだな、最終巻を読んで達成感を味わいたいんだな。

コメントはこちらへ。ログインは不要です。お名前のみで可能です。リンクを含んだコメントは承認制となります。ご了承ください。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中