ある夜の出来事

17:17
人ごみでごった返す新宿。
道に迷った沖縄人、宮坂お父さんをGii 3さんと協力して駅まえ交番から救出する。

17:30ころ
比較的人ごみの緩和される新宿駅西側へ移動し、日本語の怪しい兄さんに連れられて一軒目に席を確保する。
ある種のブツの支給を終えると、やおらiPadを取り出し、またもや長崎旅行軍艦島報告会である。前回誰も気づかなかったが、西海橋の写真を拡大するとまさに橋を襲わんとする怪鳥の姿も捉えられている。
そのまま一回目の討論会に突入である。
酒蔵だの、鴨だの、そばだの、ワインだの、ししとうだの、スカイツリーだの、くじらじゃなくているかだの、神輿だの、サントリーだの、魚雷だの、マジックミラー号の内部だの、かぶり物が似合うだの、炊飯器だの、などなど。

19:30ころ
二時間たったから出て行け!と店を追い出される。いや、時間制限なしという条件で入店したんだぞ。まあ値段も高いし長居しては財布が保たんのでさっさと退散する。
日本語の通じん店であった。もう二度と行く事はないであろう。
憂さ晴らしにヨドバシカメラへと進撃する。だれか酔っぱらった勢いで散財しないか期待するが、みな大人である、我慢できるのである。
財布の中身が足りないからではないのである。

20:00ころ
地下鉄入り口の真ん前にある二軒目に入る。ここなら宮坂お父さんを道に迷わすことなく、地下鉄一本乗り換えなしで宿まで帰すことができる。
周到な作戦に自画自賛である。
二回目の討論会始まる。
バツイチだの、バツニだの、年の差は3歳、6歳、7歳だの、オスプレイだの、104だの、新田原だの、ショートカットが好きだの、川の字で寝るだの、老眼鏡だの、琉球切手だの、ヤフオクだの、コザだの、海洋博だの、イーベイだの、あの娘は沖縄へ行ってしまっただの、カロリ焼きだの、母校は廃校だの、マブヤーだの、ブラックバードだの、仕事は秘密だの、奥さんは酒が強いだの、などなど。

00:00ころ
二軒目はいい店であった。席は狭いが庶民的な価格、ちゃんと言葉も通ずる。気持よく店を出て地下鉄入り口前でGii 3さんと別れる。そして宮坂お父さんとワタシはさらなる横丁へと足を踏み入れる。
地下鉄で宿まで帰す作戦などとうに崩壊している。
三回目の討論会はふたりで。
原付だの、奥さんに電話してみるだの、鳥取砂丘だの、ビールあるのに追加頼んだりだの、だんだんグダグダになってしまうのである。

03:00ころ
三軒目もいい店であった。ゆったりした席、気配りの効く店員。最初っからここにすればよかった。
記憶も薄れる心地よさである。
そして、帰宅と帰宿のため宮坂お父さんとタクシーに乗り発車した直後である。

アイ・ハブ・バッド・フィーリング・アバウト・ディス

ポケットを探ると財布がない!
店に置き忘れたか!?

Uターンして、タクシーと宮坂お父さんに待っててもらい慌てて店に戻る。だがしかし、閉店した店がはいっているビルには素早くもシャッターが降ろされ、何人たりとも侵入をゆるさぬ鉄壁の防御態勢がしかれていた。
万事休すか?
いや、この現代、手段はあるはずだ。iPhone手に取り思いつく方法で色々やる。間違ったアプリも起動してすぐ終了したりする。格闘すること数分間。
やがて、とうとう、ついに画面には店の電話番号が表示されていた。
情報化社会よありがとう!
宮坂お父さんが持ってるはずのレシートを見ることは思いつかなかった。

二分後、人っ子一人いない未明の路上にワタシは絶望と共に佇んでいた。
閉店後、まだ仕事をしていた店員さんに捜索してもらったが財布は発見されなかった。

いや、まだあきらめてはいけない。鈍った頭で退店時の様子を必死に思い出そうとする。ちゃんと支払ったんだからその時点では財布は健在だったのだ。
店員のおねいさんが話したことしか思い出せない。
仕事終わったら始発で帰るんですぅ、と言ってたな。

♪さがすのをやめたとき〜見つかることもよくある話しで。
そんな歌が頭をかけめぐる。踊るしかないのか?

トボトボとタクシーへと戻りながら、ほかに忘れ物がないかとバッグのなかを手探りする。
指先に触れるその感触は!

狂喜乱舞するワタシが待っているのとは別のタクシーを停めてしまったとしても仕方がないじゃないか。

待ってていただいた方々、捜索してくださった方々、各方面の皆様がた。
まったくもってワタシの未熟さの為すところ、申し訳ございません。
そしてまた、まことにありがとうございました。感謝にたえません。

04:00ころ
タクシーを降り、自宅へ向かう途中コンビニでカフェオレとサンドイッチを買う。
財布があるっていいなあ。喜びもひとしおである。
少しメールのやりとりする。

05:00ころ
寝る。

メリークリスマス。

ある夜の出来事」への8件のフィードバック

  1. おーた様。
    先日は遅くまでありがとうございました。
    あの後、ちゃんとホテルまで帰れました。

    にしても、
    よくこれだけ話したネタを覚えてましたねぇ。ただの酒好きではないのですね。尊敬しますです。

    最後の最後でおーたさんが体を張ったネタ(財布ど忘れ)は、後世語り継がれるでしょう(笑)。

    また次も(あれば)よろしくお願いします。

  2. おーたさんの酩酊時の記憶力には定評があります。
    感心しますが同席者にとってはあまりうれしくはない技能ですね。
    財布の件は読んでるこっちがハラハラしました。

  3. 沖縄の新種の猿??

    いやぁ~お声掛けて頂いて頑張って向ったのですが、どうやらボクちゃんは間に合わなかったやうです。

  4. 宮坂お父さん。
    お父様、先日はお見苦しい醜態をさらしてしまい恐縮です。
    またの機会がありましたら、名誉回復、汚名返上を目指し精進するしだいであります。

    覚えているのは微々たるものです。
    三線の話題もあったことはさっき思い出しました。

    あ、そういえばタクシー代足りました?
    不足分は例のもので充当します。

    あ、いつのまにか「。」がついてる。

  5. smokeさん
    いえいえ、酩酊してたら何も記憶に残りません。
    三軒目のことはほとんど覚えてません。
    酔っぱらって電話したりしたことも翌日知りました。

    財布の件は、よくあることだとタクシーの運転手さんに笑われましたよ。
    このときは一瞬、酔いが醒めたんでしょうねえ。
    でも、やっぱり酔ってるからやってることがグジャグジャ。

  6. ぴろんちょさん
    いや、猿はいなかった。

    あれ?声をかけた覚えはありませんが・・・
    誰が呼んだんだろう。不思議なことですねえ。
    でも間に合ってたら面白かったのに。

    ああ、お父さんの「早く来い!」メールだな。

  7. なんか、サイバーでジャンキィな雰囲気w。

    本年はお世話になりました。 来年も宜しくお願い致シマス!。

       よいお年を!。

  8. apuroさん
    新宿はますますかつて描かれた未来世界へと近づいています。
    でも、落書きはそんなにないし、ゴミも少ないのはいいのです。

    こちらこそよろしくお願いします。

コメントはこちらへ。ログインは不要です。お名前のみで可能です。リンクを含んだコメントは承認制となります。ご了承ください。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中