本日も屋上で待ち構えるのです

 さて、本番です。

 ブルーインパルスのSAYONARA国立競技場というイベントにおける50年ぶりの都心上空での展示飛行でした。やっぱり輪っかはなかった。
 今日はワタシ以外にもギャラリーがいました。しかし女性ばっかり。男の子はどーした!

 そしてこちらはT-4と同じく川崎による二輪車、おなじみの青い衝撃号です。おーた家における運用開始から20年めを迎えるにあたって、大オーバーホール作業の真っ只中にあります。

 リアサスは分解整備ができないので新品交換となりました。まだ部品があって良かった。その他にもバラしてみたらマズいところが出るわ出るわ、そのたんびに細々と部品注文して組み付けて。木曽滞在中に終わるかと五月の連休明けから預けてありましたがまだ終わりません。今日も部品注文しちゃったし。レストアに近しいものがあります。
 しかし作業が完了したらば、さらに20年闘えるでしょう。その日を夢見て部品代と工賃のことは今はまだ考えません。

本日も屋上で待ち構えるのです」への4件のフィードバック

  1. 六魂祭んトキは増槽付けてたね。

    私、カワサキ二両乗ったけど、最後のKDXはダメだったねぇ。
    GPZは最高だったけど、、。                                     

  2. apuroさん
     六魂祭のほうが飛行時間が長いですね。国立競技場での飛行は10分、行ったり来たりするだけでした。入間から飛んできたようで増槽つけるほどではなかったんでしょう。でもT-4の飛行時間は知らないんですけどね。

     KDXとGPZそれはそれは。う〜ん、求めるものが違いすぎたんじゃないですの?

  3. 2ストは将来、、、残念なのかなぁ
    希少品扱いになるのかな

    オレはピーキーな特性、メンテが(たぶん)楽な2スト派

  4. ぴろんちょさん
    うん、2ストは絶滅危惧種になりつつありますなあ。でも確かに機構が単純だから何処かで生き残るかもね。ヤマハやヨーロッパのメーカーはまだ作ってるし。
    ワタシャ2ストしか買ったことないんで、ピーキーとかよう分からんかったよ。あれが普通だと思ってた。XRやセローに乗せてもらった時、驚いたねえ。エンブレ凄え〜、ブレーキ要らないじゃん。

コメントはこちらへ。ログインは不要です。お名前のみで可能です。リンクを含んだコメントは承認制となります。ご了承ください。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中