ルナやビーナス、美しいひと

 古い映画のDVDを買いました。これまでも雑誌の写真などでは散々目にしてきたことはありますが、ちゃんと観たことはなかったのです。YouTubeにあったりもしますが字幕がないとなにがなにやらわからんし、のんびり呑みながらテレビで観たいもんね。
 尖った銀色のロケットはやっぱりかっこいいねえ。月世界征服は奇麗な画面で良かったけど、金星のほうは残念な画質でしたね。アメリカで再編集した短縮版だし。でもまあ、そんなことは知ってて買ったんだから文句は言いません。これで準備は整った。
 というわけで、あの素晴らしい製品ラインナップのペガサスホビーの新製品を迎える用意は万端です。今年の夏は銀色ロケットの夏となることでしょう。50年代SFはたまりません。

 50年代といえば、ワタシはまだ息をしていない頃ですが、ワタシよりも上の世代の方たちの女神の一人であろう、かのブリジット・バルドーさんの映画をTOKYO MXさんが特集してくれてますので録画しちゃったりしてます。50年代の映画がメインです。まずは一本「裸で御免なさい」を観ました。う〜ム可愛らしいお美しい。こりゃあ一発でやられちゃったかも。BBさんの映画を観るのは初めてではありませんが、若いころのはこれまで観る機会がなかったもんなあ。
 そしてBBといえばCC。たしか共演した映画があったよなあ。それなら子供の頃みたことがあるね。というそれはさすがに70年代の作品。放送してくれんのかな?と局のホームページを覗きますとちゃんとあった。えらい!さすが!
 うちの機械じゃ一週間先までしか録画予約できないからカレンダーに印つけとこう。

ルナやビーナス、美しいひと」への2件のフィードバック

  1. ひたすらオイシソウな、、。
    私は火星着陸第一号が観たいな、も一度。
    ペンシル型(ブロウトーチロケット)の表現の秀逸さは光瀬龍でしょ♪。
        ↑ ラム スクープタイプはニーヴンか?。 

  2. apuroさん
    美味しゅうございますよ、ホント。
    火星のは向こうでロビンソン・クルーソーやるやつだっけ?
    観た観た、何十年も前に。テレビで。

    バサード・ラム・ジェットなんて言葉を思い出しちゃったですよ。
    ブルーバックス買ってたころもあったなあ。

コメントはこちらへ。ログインは不要です。お名前のみで可能です。リンクを含んだコメントは承認制となります。ご了承ください。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中