わざわざ熊本まで映画を観に行く

——そんなわけはなかとばってん、結果的にそぎゃんこつになってしまっとっとはしょんなかたい。

 今回も機内モードで旅客機からの眺めを撮影しながら飛んでいき、用事を済ませたあと夕方にはあるビルの屋上ビアガーデンで、昼間にかいた汗によって失われた水分を補給するため泡だつ飲料を摂取しながら、その時を待っていました。
 そのビルが建つ場所はおそらく歴史的にも非常に重要な場所でもあります。何十年も前、70mm映写機を備えた劇場「新世界」があったその跡地です。なんども映写室から映画を観たもんだ←関係者特権。
みかさうどんやら、やはり今は映画館はやめちゃった大劇やらの話をしているうちにその時間がやってきました。

Blog20160607_a

 どうやらワタシが行くことを知って熊本城をライトアップして歓迎してくれたようです。

 屋上の柵がじゃまなので、柵に近づき隙間からレンズをつきだします。

Blog20160607_b

 歓迎にこたえるべく努力はしましたが、酔っ払いの手持ち撮影ではこれが精一杯。

 ビアガーデンを辞したあとは軽く散歩して、撮影ポイントを探し回ります。一度段差で足を踏み外して派手に転びましたが怪我はナシ。ああ、よかった。数年前は木曽で骨折したもんなあ。

Blog20160607_c

 コンビニで風呂上がり用ビールとつまみを調達してホテルに戻り、窓から夜景を眺めますと、まだ歓迎してくれてました。

Blog20160607_d

 明けて翌日。

Blog20160607_e

 前日に仕入れていた情報をもとにホテルから徒歩1分未満の場所へ向かいます。

Blog20160607_f

 現地時間2016年6月6日現在、地震後、熊本市内で唯一営業している映画館、電氣館です。
 以前、ネットで予告編だけは観ていた「うつくしいひと」を午前中にやっとると聞いたんで、そらあ観ないかんだろう。トーキョーの劇場やホールではなかなか観られないからねえ。チャンスは逃せません。

Blog20160607_g

 チケット買って席に着き、朝10時の上映開始を待ちます。

 40分後、「もう一回観ます」と次回のチケットを買うワタシがいた。
 予告編を観たときからなんとなく予感はあった。基本的に予想通りではありましたが、それでもやっぱりやられちゃうのです。くっそーアレだもんなあ。アレには勝てないよお。やられちゃったアレは秘密です。ここには書きません。
 ロケ地巡りをしようとは思いませんが、(みんな行ったことあるし、それに今は行けないところもある)江津湖だけは機会があったら行ってみようかな。くまモン捕まえよう。そういえば劇中ささやかれるもつまびらかにされないくまモンの極秘事項は何だったのでしょうか?でも、まあ、どうでもいいや。

 かくして熊本滞在は終わり、しかし、半分しか解決できず先送りにした懸案事項は、さらに熊本を訪れる口実として残し、ワタシは空港で買った馬刺しを手に機上の人となったのでした。

コメントはこちらへ。ログインは不要です。お名前のみで可能です。リンクを含んだコメントは承認制となります。ご了承ください。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中