ほんでもって木曽で基礎練習

 また木曽に来ています。なんと今回はサンバーで。
 不安だらけなビギナーは高速道路では助っ人の経験者に運転をゆずり、スライドしない助手席で足が伸ばせない苦難に耐え、ドライバーに感謝しながら横目で運転操作の手際を観察しつつ、それなりの緊張感を持って木曽の秘密基地までやってきました。

 さて、翌日からはワタシも運転してもっとうまく走行できるようにならなければいけません。
 多数の大型トラック行き交う国道19号はちょっとだけにして、交通量の少ない道を走ります。ということはここ木曽では必然的に山道になります。

blog20160720_a

 天文台に行った。しかし、ここでは助っ人に「運転させろ、よく見てろ」とハンドルを奪われてしまいましたよ。

blog20160720_b

 ならばと、別の日にはもうちょっと簡単な開田高原まで往復、勾配10%の登板車線もなんのそのワタシがハンドルを握りました。登りはもちろん下りではもっと多く、クルマを端に寄せて道を譲りました。みなさん速いって。
 しかしなんとか無事に往復できたので、さらに勢いにのって国道19号をはさんで東側のキビオ峠攻略です。徒歩で行った時の何倍も速いがオートバイの時の倍の時間をかけて九十九折の急坂を登り切り、また下りきりました。蓋のない側溝に落ちなくてよかった。

 以前より指摘されていた悪い癖もまた今回助っ人に指摘されまして、それも直さにゃなりません。その助っ人もすでに帰宅の途につきまして、これからはひとりで練習であります。
 今週の祭りの準備をしていた木曽での知り合いの方に「大丈夫かい?」と心配されながら、一番心配なのはワタシ自身ではありますが、なんとかそれなりになるようにしましょう。じゃないとトーキョーに帰れません。
 しかし、トーキョーに帰ってからの駐車場入れについては上達しそうもありません。こっちは広いからなあ。なんか考えなきゃ。
 秋まではクルマの練習であります。トラック街道19号も制覇しなければ。

今後の予定。
 月末は一旦トーキョーへ電車で戻る。(迷惑な時期に都知事選やるんだもん。どうせ辞職するんなら冬にしてほしいぞ。三、四ヶ月で辞めそうな人に投票したくなるなあ)
 そして迷惑な都知事選での帰京を利用して今度はKDXで木曽へ来る。
 サンバーはまだトランポ化されてないしひとりでの長距離はまだ危ない、ワタシにとってオートバイのほうがまだマシ。暑さで死なないように気をつけよう。

ほんでもって木曽で基礎練習」への2件のフィードバック

  1. ぴろんちょさん
     ホントなのだ。まったくこの歳になって我ながらビックリですなあ。
     今日は午前中に天文台まで行ってきましたよ。ひとりで。

コメントはこちらへ。ログインは不要です。お名前のみで可能です。リンクを含んだコメントは承認制となります。ご了承ください。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中