絵筆は踊る

 忘年会という名目のただの呑み会に向かうべく秋葉原を目指しましたが、その前にちょっとお茶の水に寄り道。画材店で買い物です。
 早めに到着した自由業二名で今宵の会場を物色し、手頃な店に席を確保したらば、後続部隊の到着を待ちながら先に呑み始めるのはいつものことです。
 で、さっそくあらたに入手した画材を試し始めます。

Blog20171216_a

 全然知らんかったなあ。最近の筆ペンはすごいね。墨色だけじゃなくていろんな色があるのね。36色セットは高くて今宵の呑みしろに影響する可能性が大きかったので適当に8色ほど購入。スケッチブックと水筆も。

 とりあえず、注文した品がくるとスケッチする。

Blog20171216_b

 こりゃあ、使いやすいよ、手渡すとtnmodeleのたけちゃんもどれどれと枝豆をスケッチ。

Blog20171216_c

 その後も続々と合流するモノドモも筆ペンに魅せられお絵描きが止まらない。
 スヌーピー、ウッドストックをさらさらと描いた架空飛行機野郎ジュンチーさんは零戦52型を描く。

Blog20171216_d

 他にポルシェやメッサーシュミットも。

 Gii3さんは注文したいお品書きを模写する。呑んでもいいんですよ〜。

Blog20171216_e

 smokeさんは、水木しげる描くところのおっさんをびっくりする再現度で披露したかとおもうと、フォックスバット、ファイヤーフォックスと続き、締めはなぜかゴリラ。

Blog20171216_f

 toshiさんは仕事で遅れた疲れも見せず、実物大レプリカを所有するという照準器で決めてきました。

Blog20171216_g

 しかし、これはなんだろう。マジマジさんの心霊手術ぅ???

Blog20171216_h

 はい、宣言通りブログで公開しちゃったぞ。
 なかなか面白い、楽しい道具でしたのだ。でも絵手紙なんかは描かないぞ。そんな気はないのだ。
 では、最後にジュンチーさんに向けてチミのつくる架空飛行機はこんなんだろう?とワタシがデザイン提供してあげた「架空」架空飛行機の極初期スケッチをどうぞ。

Blog20171216_i

 冗談だってば。
 かくかく画伯のみなさま、おつかれさまでした。また、なにか描きましょう。

 また、この席においてsmokeさんより自らデータ作成した3Dプリント品をもらっちゃいました。どうもありがとーございまーす。

Blog20171216_j

 2001年宇宙の旅出演の骨を打ちおろすヒトザルです。
 あいやあ、細かいねえ。裸眼じゃディテールが見えんぞい。
 筆ペンで塗れるかな?どうかな?ジェッソ塗ればどうだろ?ディテール潰れる?楽しい悩みどころ。

 この人類史において重要な魁(さきがけ)ヒトザルを「サル9000」と名付ける。と思ったけどSAL900が2010年にすでに登場してるのを思い出したので、ただのサルでいいか。

 徒歩帰宅では日本サッカー協会に物申してきました。いつものように。

Blog20171216_k

 新しい靴だったのでマメできちゃったよ。

絵筆は踊る」への4件のフィードバック

コメントはこちらへ。ログインは不要です。お名前のみで可能です。リンクを含んだコメントは承認制となります。ご了承ください。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中