電脳空間の二輪車と実在の飛行機

 ライトサイクルはあらためて形状見直しで3Dデータにいろいろ変更修正へと手を加えていました。

Blog20180406_aBlog20180406_b

 上、前回3Dプリントした形状。下、手を加えた現在の形状。

 良くなってる。近づいてる。そうに違いない。実際の正確な形状知らんわりには、なかなかではないかいなと久しぶりの自画自賛。
 前回のデータではどうしてもうまくできんかったところにスプライン曲線を使ったけど、新しいデータからは排除して、円・楕円・円弧・直線の組み合わせの線画から押し出しや回転体をつくり、一部にはブーリアンして組み合わせだけで作成。(できた回転体を潰すのはやった。ああ、フィレットもね)
 35年も前の映画製作当時どんな技術が使えたのか知らないけど、基本的な形状の組み合わせだけであのフォルムを作り出しているのは画面から見て取れるので、できる限りそうしてみたのでした。うまくやればプリミティブだけで作れるね、きっと。

 というわけで、形状データが更新できたので3Dプリントを注文しましょう。しかも前回よりもやや大きく、しかし懐具合も大切なので大きすぎない寸法で。ライトサイクル全長72ミリメートルに決定。
 プリント用にさらに手を加えて、ついでに分割もしちゃったりしてデータをアップロードすると、「あそこもここも先細りすぎじゃあ、造形できんぞ」と出力屋さんからまたもお叱りのメールが。ありゃあ、またやってもーた。
 晩御飯も食べずにデータ修正に取り掛かり、尖りすぎてる形状にはことごとく小さな形状をプラスして鋭角な角をすべて鈍角に変更していきます。どうせプリント品の積層跡を消すのにやすりをかけるんだから大きな問題ではあるまいて。ふぇっふぇっふぇ。
 かくして、修正したデータをアップロードしたらば、すかさず、ひとっ風呂あびて、数時間遅れの晩御飯で泡飲料を大量消費する。今度のデータは大丈夫だよなあ。ドキドキ。

 そして、かねてより到着を待ちわびていた品物も遠い異国から届いたのでした。

Blog20180406_d

 いやあ、まったく知らんかったよ。プラモデルとして製品化されとったのかあ。何年も気づかんかったんだろうなあ、日本国内はどこも売り切れとるよ。しばし思案ののち、eBayのウクライナの店から取り寄せたのでした。メーカーもウクライナだしい。
 これでスペースシップ1のチェイス機もそろったぞ。いつの日か並べてみたいなあ。だが、そのう、なんだ、横にリンクもある架空飛行機工場の機体のなかに紛れ込ませても違和感ないぞ。いつの日かやってやろう。

 さらにそして。
 出力屋さんから「修正したデータならよかろう。これを出してあげよう、しばらく待て」と返事が来ました。
 さあ、これから待機の日々です。ワクワク。
 こういうのをプリントしてもらうの。

Blog20180406_c

 色の濃いところが尖ったとこをなんとかするために追加した物体X。と、出力用にパーツを一体化するための射出成型じゃないのにランナーもどき。裏側みるとわかるけどなんとアンダーゲートです。ライバルはタミヤ。

コメントはこちらへ。ログインは不要です。お名前のみで可能です。リンクを含んだコメントは承認制となります。ご了承ください。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中