分割に陸路に送るに12分の1のライムグリーン

 積層する方向で綺麗に造形できない部分があるのは仕方がないことなので、その部分にかんしてはあきらめて事後の作業にゆだねるか、別の方法を考えるかしなければなりません。ライトサイクルについては試行錯誤の結果、鼻先の部分を別パーツにすることにしました。ということで下図のような分割になりました。

blog20190824_a

 よしでけた。

陸路で行く?
 先月トーキョーへ一時帰宅したさいにちょこっと呑み会にいってきたんですが、そこで酔っ払った勢いで「ライトサイクル出来たら、送るよ」と制作途中のプリント品を前に豪語したのはワタシでしたが、やっと送れます。待たせたな。で、もちろん他にも送るべき人間がいますので、そちらにも送ります。レターパックライトの封筒買ってきて、モノを詰め込み、品名欄には「3Dプリント品 プラスチック」と記入。3Dプリント品だけではなくて材質も書いたほうがいいかな?と思って書いたんだけど、これが興味深い事態をもたらすとは予想だにしなかった。郵便局へ行き、厚みが3cm以内に収まっていることを確認してもらい、はれて発送完了。
 すると数時間後。郵便局から電話あり。
「先ほどのレターパックライトですが、沖縄宛がありますが、航空便にできないかもしれません」
 はあ。
「プラスチックと書かれてますが、プラスチックは航空便にはできないんです」
 はあ??
 え、じゃあ、どうなるんですか?
「余計に日にちがかかりますが、陸路になります」
 え?えええ????
 プラスチックと書いたことがなぜダメだったのか、もうそんなことはどうでもよくなりました。「陸路」という言葉のほうが面白くて気持ちも頭の中も「陸路で行く沖縄」のことでいっぱいです。あらぬ想像もしてしまいます。日にちかかってもかまいません!
 レターパックにしといたんで追跡番号ある。そりゃあ、もちろん、どこかで船便になるのはわかってるけど、途中の港とかも表示されるのかなあ?しばらく楽しめるなあ。

送りつけられた方へ
 尖った部分は積層がはがれやすくなっています。積層方向にもよりますが、最後に積層されたレイヤーが幅も高さもコンマ数ミリになっています。他の部分に比べて接触面積が極小になっていますので溶着も弱く、ヤスリ掛けなんかすると糸状にはがれてきます。
 そこで、まえもって接着剤を塗っておきます。れいによって今回もアクリサンデーを使ってます。

blog20190824_b

あ、1/12
 そうだった。できたのは仮想1/24のライトサイクルでありました。欲しいのは1/12なのです。
 でかいので、現状の部品分割では出力造形できないのであった。あらためて分割を考えなきゃならんのでありました。
 よし!明日からやろう。

 それまではカラーリングを考える。
 タミヤの1/12のZX-RRがあるんでそのデカールでなんとかならんかと、スキャンしたデカールデータでカワサキの光二輪車を考察中。

blog20190824_c

コメントはこちらへ。ログインは不要です。お名前のみで可能です。リンクを含んだコメントは承認制となります。ご了承ください。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中