今年もずるずると続く

 うらやましい。欧米の歌を初めて聴くときは、何言ってるのかさっぱりわからないもんなあ。音の気持ちよさ、いいぞお、好きだぞお、という感覚だけだもん。「明日なき暴走」を初めて聴いたときの衝撃は音に対するものだけだったんだよなあ。歌詞カードで訳詞を読んで、ああ、そげな重いこと歌っとったのね、と思いを新たに聴いてますます好きになったりしますが、こういう段階をふむところを、初見で、初聴きで音と言葉と両方を浴びて歌詞でやられる英語圏の人々がたいへんうらやましい気持ちになってしまったのは、レンタルで「カセットテープ・ダイアリーズ」をやっと観たから。

 よか。非常によか。「サンダーロード」や「ボーン・トゥ・ラン」今回の字幕の訳詞は明るい感じがしていいねえ。これまでのソニーのアルバムのはちょっと暗い。「ボーン・トゥ・ラン」で踊るとは思わんかった。素晴らしい。ディスク出たら買お。

 大晦日にはボバ・フェットを組み立てていました。

「誰だ?お前。きさまでは賞金がもらえん!」
「賞金は出ませんが、長寿と繁栄を」
 大きさはいい感じにそろったようです。いずれボバ・フェットに塗装して遊ぶかもしれません。

 病院休みなんでリハビリ通院は来週。おうちでできることだけやりましょう。今月、車検なんだよなあ。運転できるまで回復するかどうか?緊迫の度合い高まる。こう、ご期待!