パリにはパンサー戦車が似合うよね

 ということでブルーレイを買ってしまいましたよ。

 うむ、何十年も前に観た記憶どおり記録映像にパンサー写ってた。ドラマ本編にも、かわいいパンサーもどきが出演していてなかなか楽しいぞお。パンサーもどき制作のためのベース車両は多分M24チャーフィー。なのでかなりちっちゃい。
 ところでこの映画にはフランス語版はないんだろうか?ヒトラー以外、全員英語で吹き替えられてるんで、字幕でみるときに音声が残念です。何言ってるかわかんなくてもネイティブの人の異国語の響きも面白いのに。

 そして久しぶりのプラモデルは、パンサー開発の一因とも言われるという言い伝えもあるこちらです。

 またもや何十年も前、これが新発売になったときに作りました。なんとそのころは完成することもありましたので、買った模型店に持ってゆきショーウインドウに飾ってもらったのでした。もちろん戦車兵は見なかったことにしました。
 で、さて今回はあのころとは違う技量と、なんといってもはるかに高い財力で再び組み立てに挑みます。
 いきなり高い財力を発揮して、ぜいたくにもモデルカステンの組み立て式可動キャタピラ!を購入し、組み立てます。

 せっかくの可動キャタピラなので、みたび何十年も前、何かで読んだ転輪の真ん中3個のみサスペンション可動にいどみます。こういう風にサスペンション固定の転輪を残しておけば車高がヘタらないし、スプリングも不要で軸をうつだけでオッケー。(ホントは軸だけでなくてサスの動作範囲を制限するための小細工もしたのでした)

 それなりに上手くいったのでよし。
 牽引ワイヤーは細いステンレス線を編んでみたけど今ひとつ。もちっと練習しましょう。
 これは冬期迷彩にするつもりでござる。白塗りまであと何日?何ヶ月?何年?

パリにはパンサー戦車が似合うよね」への4件のフィードバック

  1. tnmodeleさん
    よいですねえ〜と言いつつも、あれ?ジャガーノートってどんな話しだったっけ?と遠い記憶も霞んでいます。
    レマゲン鉄橋については、いつぞやはありがとうございました。
    また、なにか、素晴らしいブルーレイを購入して、DVDが余っちゃったさいは、ぜひご連絡ください。お待ちしています。

  2. ジャガーノートは船の爆弾騒ぎな映画ですよ。大英帝国のね。
    つい忘れて同じものを買ってしまうのですよ笑笑

  3. tnmodeleさん
     船の映画ってことは覚えてるんですが、内容がさっぱり。
     昔は我が家に「スクリーン」や「ロードショー」がごろごろあったから、もしかしたら映画紹介で読んだだけで、観た気になってたりして。ありえないとは言いきれない。
    「キネマ旬報」はなかった。

     まあ、同じもの買うのはしょーがないです。そういう年頃なんです。ワタシもです。
     でも。
     忘れてるだけですかあ〜〜〜?わかってて同じもの買うこともあるでしょー。

コメントは受け付けていません。