え〜、オンライン展示です。

 模型の展示会 DORO☆OFF EXHIBITION、数人のグループによる銀河未完成クラブという名称で参加していたんですが、今年はさすがにリアル展示会は中止になりました。ので、クラブの展示場をインターネット上に作ってウエブで公開展示することにしました。
 気が向いたらこちらをのぞいてね。

銀河未完成クラブ オンライン展示場
https://gingamikansei.myportfolio.com

 2020年10月23日から2020年11月3日まで公開します。
 麺類は好き?

Rock(s) Around The Rocks

 ご存知の方も多いと思いますが、Sketchfab というサイトがあります。ずいぶん前、そこをつらつらと眺めていたらあることを思いつき、サイト内検索してみると素晴らしい3Dデータが紹介されてました。クリエイティブ・コモンズのもとにダウンロード可、私的利用 OK とのこと。さらに素晴らしい。さっそく、アカウント登録してデータをダウンロードしました。
 それは、誰もがテレビ、映画などで目にしたことはあっても、名前はあまり知られていない印象もある「ヴァスケス・ロックス」と、誰もが知ってる超有名な「デビルスタワー」
 そのデータはこちらからダウンロードしました。

Austin Beaulierさんのヴァスケス・ロックス。
https://sketchfab.com/3d-models/vasquez-rocks-photogrammetry-79a310e006fa406a8291319bf6f9c9e7

National Park, IMR Geographic Resources Divisionさんのデビルスタワー。
https://sketchfab.com/3d-models/devils-tower-national-monument-wyoming-f08f4bb0230f4cc899f837f2126db7b7

 クリエイティブ・コモンズでは著作者情報も表示せよってことなんで、ここで紹介しました。多分これでいいんだよなあ。

 元のデータはそのままでは3Dプリントできないので、いろいろやってトリミングもして、数十時間のプリント時間ののち、物体として姿を現しました。

 ヴァスケス・ロックスは1/2000、デビルスタワーは1/5000のつもり。致命的な計算間違いしてなければそのあたりのはず。

 どちらのプリント品ともに側面の立ち上がり面にはプラ板貼って積層跡処理の手間を省略しましたが、岩、地面などはそうもいかないので、モデリングペーストとジェッソで積層跡の筋を埋める方向で表面処理しました。めんどうなんで両者を適当に混ぜて筆でペタペタ塗って、乾いたら軽くサンディングする。ディテールが甘くなるけどね。
 ヴァスケス・ロックスは下地造りの最後にジェッソで真っ白にして色付け準備完了。

 問題はデビルスタワー。特徴的な筋の表現がありません。そうです。アレです。ブラタモリでそんなこと全く知らなかった日本全国民に専門用語を知らしめた、「柱状節理」の割れ目です。ワタシもブラタモリで知りました。

 1/5000という大きさ(小ささ)ですのでフォークではオーバースケールです。ポテトじゃないから固くてそもそも無理。パテも試しましたが、不器用でうまくいきません。そこでこんな方法でいくことにしました。

 両面テープ貼った薄い紙を用意して、細く切り出したら一本ずつ貼り込んでいく。ぐわあああ、めんどくせ〜。うまくいくんでしょうか? 目が疲れるううう。10本貼ったら30分休憩。いつ終わるんでしょうか?

 アメリカン・グラフィティのサントラを BGM にしてお送りしました。

新たなる配信経験、読書付き

 これを観たい気持ちがすごくあったんだけど、番組少ないんで躊躇してた AppleTV+ に先月とうとう登録? それとも入会? なんでもいいけど、とにかく月払いの項目がひとつ増えました。

「フォー・オール・マンカインド」大変おもしろうございました。マーキュリーの女性宇宙飛行士候補のことは知らなかったし勉強になるなあ。一気にまとめ視聴はしないで数週間かけてシーズンを観たんだけど、同時進行でこんな本を読んでました。

「宇宙(そら)へ」こちらも大変おもしろうございました。第二次大戦中のアメリカに陸軍航空軍婦人操縦士隊(WASP)という女性パイロットで編成された部隊があるとは知らなかった。勉強になるなあ。

 どちらも歴史上のある時点である出来事が起こり、その結果、現実とは異なった道筋をたどる宇宙開発の進行を描いているんで、同時に観る、読む、をやっちゃうと混乱するかと思ったけど、歴史の分岐点が両者では大きく異なる年代だった、かたや NASA 時代、かたや NACA 時代(すぐに別の組織に改編統合されるけど。といっっても NASA ではない)ので、大丈夫だった。少なくとも観てる読んでる最中は混乱しなかった。来月になるとわからない。こまかいエピソードがどっちがどっち?になる可能性あり。
 両者ともに続編があるので非常に楽しみ。「フォー・オール・マンカインド」シーズン1はニクソン時代で、シーズン2はレーガン時代なのね。予告編にスペースシャトル出てきて、なにやらきな臭い描写もあった。スターウォーズ計画? 「宇宙(そら)へ」はいよいよ月だ。それぞれ続編は来年? また、同時に楽しめるかな? 混乱しないように復習すべきか、いなか? 多分、復習は不要だね。もうここから先は大きく別れていくはず。映像作品のほうは、まだまだ現実の世界によりそっているけど、小説作品のほうはすでに大きく現実世界から遊離しています。なんたって物語の目的が人類滅亡の回避を目指しとるんだから。今のところスケールの大きさで小説の勝ち。ただしタイトルは映像作品の勝ち。これ、タイトルはおたがいに逆でもいいんじゃないかと思ったり。
 両作ともに登場した実在の人物はフォン・ブラウンなんだけど、どちらもあつかいが手厳しいのでした。ナチス党員だったからねえ。

「宇宙(そら)へ」の参考文献に多数の本がリストアップされていて、それらをつらつら眺めていたら、気になった本があったので買いました。

「わたしを宇宙に連れてって」まだ半分だけど、大変おもしろう読んでます。チンパンジーの「ハム」の十年も前にロケットで飛んだアカゲザルの「アルバート」なんて知らなかった。勉強になるなあ。衝突試験には人形じゃなくて人間の死体を使うとか、なかなかえぐいとこもあるぞお。のこりが楽しみです。

 この本、翻訳出版が2011年で、出版社品切れでした。電子書籍ならあるんだけど、なんとなく紙が欲しかったので、いろいろ検索したら、なんと、ビックカメラにあった。
 バーゲンブックというコーナーがあったのでした。知らなかったなあ。またまた勉強になるなあ。バーゲンブックとはなんじゃらほい?と調べてみると、ああ、アレか、「自由価格本」のことであったか。漢字での表記になじんでいたから、カタカナだったのでわからなかったよ。よし、買った。かくして新刊時の半額で手に入れました。

 そして新刊書だって買う。こちらは本当に出たばっかりである。

「The Art of NASA」副題の THE ILLUSTRATIONS THAT SOLD THE MISSIONS は売り込みに使ったイラストとでも言えばいいのかな。 NASA が、国民、議会、政府にむけてこんなんやりたいすけど、お金ちょーだい。と営業に使ったコンセプトアート集ですね。
 と、思って予約したんだけど微妙に違うのもあるなあ。「2001年宇宙の旅」の絵は違うだろ。でもマッコールの絵がこんなに大きく載っててうれしい気持ちは隠しようがなく、その一方で、もっと他にある NASA の絵を載せんかい、ページ増えてもかまわんぞ、と思ったり、これ以上重くなるのは勘弁してほしかったり、複雑な心持ちもかすかにあれども、結局のところ、観てて楽しいから問題なし。英語だし読んでて楽しいとは言ってない。
 これは、2020年10月6日発売とされていたのを、Amazon で先月予約して、当初10月中旬発送予定だったんだけど、予定が早まって10月7日には到着という驚きの事態が起こりました。そんなことってあるんだねえ。

 さらにまた、AppleTV+ではこれを観てます。

「LONG WAY UP 大陸縦断バイクの旅」ユアン・マクレガーがバイクで旅する番組があるってことは知ってたけど、我が家では視聴環境がなかったのでこれまで観たことがありませんでした。そのバイク旅シリーズの最新作が AppleTV+ にやってきて初めて観られました。とっても豪華になった「水曜どうでしょう」感があります。「トップ・ギア」のベトナムでも感じましたが、こちらは今回、電動ハーレーなんか使ってるもんだから、さらに、「充電させてもらえませんか?」要素も加味されてるのかもしれません。あいまいなのは、ワタシが出川さんのその番組を観たことないからです。すまん。
 さらに、嬉しいことにバイク旅シリーズは過去の2作も配信に加わって、全部観られるようになりました。金曜日には最新作の最新エピソードを観て、他の曜日には旧作を観る。このスケジュールはなかなか忙しいぞ。これこそ混乱しそうだ。やめとこう。旧作は気がむいたときに観よう。
 ところで、旅の同行者チャーリー・ブアマンって誰? ブアマンという姓はジョン・ブアマンしか知らないなあ。と思ったら、親子であった。え〜!ということはブアマン監督「エクスカリバー」でモードレッド役だった少年か!
 映画では美少年だったはずなのだが、なかなかのおっさんになってるのう。
 ひさしぶりにエクスカリバー観よう。あれ?ない。ああ、DVD は木曽秘密基地に持ってったまんまだった。
 レンタルしました。

谷田部でならし終了

 日曜日にはKLXのならしの続きをやりに谷田部で走ってきました。八の字ぐるんぐるん回ったり、本コースでは軽く跳んでみたり、果敢にも付帯する林間コースに突入しておそるおそる木の根を越えたり、とうとうやっちまった、初転びしたりと、楽しく過ごした結果のアワーメーター表示は、とても控えめな0.8。

 前回0.3で終わってるので、上積みされたのはたった0.5。そんなこたあねえだろ。今回はエンジンかけるたびにiPhoneで時間を計っていたのだ。比べてやる。

 ほれ、今回のエンジン稼働時間だけでアワーメーターの総時間0.8に相当するぞ。現状アワーメーターの数値は低めに結果でることが知れました。振動感知センサーの感度を変更したら変わるかもしれない。感度を変更しようか、どうしようか。低めに数値でるってわかったから別に困らんもんなあ。このままでいいかも。気が向いたらやるかもしれない。
 ということで、ならし運転の1時間は終了したものとみなす。
 次回よりアクセル全開を許可する。出来んのか? ひゃあ〜怖いよ〜。飛距離10cm上乗せせよ。

 次戦ウィークエンドレーサーズを観に行こうと思ったら、新潟の川西モトクロス場で開催じゃった。遠いなあ。やめときます。欠席します。会場で会えないみなさん、前回のモトクロスビレッジでの我が勇姿をご覧になり、おーた不在をなぐさめてください。

 じゃあね。

 転んだ時、KLXの下敷きになって地面とバイクにはさまれた左足。歩くとわずかに痛い。

塗装する炭素冷凍

 昨日の話。
 天気悪いなあ。雨降りそう。仕方ないので、KLXに乗るのはやめて塗装でもしましょう。おやおや、とうとう降ってきた。
 そして今日。
 曇ってるなあ、やっぱりKLXはやめて塗装の続きをやろうかね。

 あ、くそ。日が差してきた。だが今からじゃ行ってもコースの営業が終わってる。KLXのならしの続きはまた後日。

 その何日も前。
 1/12でプリントしてました。

 20数時間もかけてプリントした品には、首チョンパな積層ずれが発生してました。

 もう一回プリントし直すのは嫌なので、薄いプラ板で段差をごまかしたり、溶きパテぺたぺた塗って積層跡を埋めるとともにテクスチャーを加えていきます。周りの枠はプラ板で組み立てました。

 で、本日、さきほど塗り終わりました。

 枠の側面にある、なんだかよくわからない機器類はキッパリと省略しました。だってめんどくさいもん。形状もよくわからんし。あらためて見るとお腹突き出しすぎたなあ。撫でたくなるぞ。ツルピカになるまで撫でるとご利益あり。
 3Dプリントするのに板まで一体化したけど、頭、手足、胴体とバラバラにプリントして板のうえで並べたほうが良かったかも。
 枠に炭素冷凍おーたかぞーをはめ込むとき、塗膜でクリアランスが狭くなりはめ合わせがきつくて、一部塗装がこすれて剥げたことは責めないでください。

 いつか、横にバンダイの1/12ボバ・フェットを立たせたい。あるいは頭部だけ今回よりも解像度高くスキャンして、同じくバンダイのハン・ソロ、ストームトルーパーの頭をすげかえるか。

 以上、炭素冷凍おわり。