カッティングマシンは明日なき暴走

Blog20200413_a

「カセットテープ・ダイアリーズ」が公開延期になっちゃったよ。
 原題の「Blinded By The Light」(光で目もくらみ)は、ブルース・スプリングスティーンのいくつもある、長ったらしい曲のひとつでありますが、ここ2,3年古いLPをCDで買いなおし、映画のことを知ってからは、ボスのビデオまでVHSからDVDへアップグレードする、という暴挙に出て、映画公開にむけて気分を盛り上げる日々、次は「アンプラグド」ならぬプラグ繋いじゃったビデオを買いなおそうとして、あと一歩の差でディスクユニオンの在庫1点を買い損なってしまった傷心を慰めるべく、映画観てから買おうと思ってたサントラCD買ってしまいました。くそー、コロナめ。

 さて、そんなこのごろ、緊急事態宣言の出る前、大きい本屋じゃないと売ってない本を買いに池袋ジュンク堂まで歩いて行きますと、目的の本は無事に買えたのですが、やや!これは!?

Blog20200413_b

 衝動買いしました。 
 暇ができたので組み立て始めます。

Blog20200413_c

 できた。

Blog20200413_d

 カッティングする前にドーナツ盤をかけてみる。例によってブログ映えするジャケットを選びました。

Blog20200413_e

 なかなかしょぼい音が出ます。蓄音器ってこんな感じだったのかなあ。

 では、カッティングを始めます。まずはテストです。

Blog20200413_f

 盤は白と黒が付属してます。なかなか難しいです。何枚もテストして、もうどうしたらいいかわからんところで本番に突入します。

Blog20200413_g

 しばらくのち、A面「Born to Run」(明日なき暴走)とB面「Glory Days」のオリジナルレコードが出来上がりました。両A面でも可。

Blog20200413_h

 スプリングスティーンさんの曲は長いのでギリギリであったのでした。「Born to Run」はライブで少し急いで演奏してる1975年のバージョンから採用しました。それでもどちらの曲も4分以上あるので回転数33とLPと同等設定でなんとか収まりました。
 いろいろちゃちいけど、あーおもしろかった。

 今回ドーナツ盤をあさってたら、ひさしぶりにこれがでてきたけど、聴くのはまた今度にしよう。

Blog20200413_i

 39年前の1981年に買ったスペースシャトル本のおまけ。ボイジャーに載っけた金のレコードの抜粋が収録されてるソノシート!ソノシートだぜえ。朝日ソノラマももうない今、懐かしいだろー。

 映画の公開延期がつづく現在、気になってビルとテッド 3を調べてみると、いまのところ大丈夫みたいだけど油断はできないね。で、公式のツイッターにこんな標語をかかげた劇場が紹介されてました。
「Wash your hands & be excellent to each other.」
 グーグル翻訳してみると、
「手を洗ってお互いに優しくしてください」
「excellent」に優しくって意味があるとは知らなかったけど、この時期考えさせられるねえ。
 ちなみに最近話題のDeepL翻訳してみると
「手を洗う&お互いに優秀であること」
 まじめだねえ。まじめも大事だねえ。
 でも、この件はグーグル優勢勝ち。なので、優しく言おうっと。

 安倍さん、辞めてください。

テンガロンハットがない

 マスクが話題なのでマスクマンになってみる。
 でもマスクはすでに我が家では枯渇してるので、バンダナを使う。
 布だけじゃ、つまんないので、手元にあったキムワイプをフィルターにする。
 よしでけた。

Blog20200405_a

 着けた。

Blog20200405_b

 どこぞに金庫積んだ駅馬車でもいないかなあ?大列車でもいいぞ。

 ちなみに「二つでじゅうぶんですよ」というには今年では遅い。2019年に言っとかなきゃ。いろいろ遅い。それをネタにするにもこのブログも4日遅い。

追記
 これで買い物行ったけど、歩いてるとずれてくるね。うしろで結ぶだけじゃあダメ模様。
 さてどうしよう。

ゆきさくら

Blog20200330

 昨日3月29日は、ウィークエンドレーサーズの最終戦が予定されていたのですが、このご時世でやむなく中止となりました。今月初旬は応援に行く気満々で、なにか面白いことができるかもしれないと360度カメラも入手して、ちょっと悪だくみもあったのですが次回にまわしましょう。しゃーないね。

 するってえと、なんと昨日は雪が降っちゃいました。こらあ、あかん。たとえコロナ禍がなくて、レース開催されてもワタシは行かなかったに違いありません。雪ん中茨城までドライブする技量はないよ。冬タイヤじゃないし。

 さて、雪が降ってしまったからには記録せねばなりません。しかもこの桜咲いてる時期です。撮影は義務です。写生でもいいけど。出番が延期されてしまった360度カメラで練習しましょう。そうしましょう。

 で、録りました。

 ながい棒の先に取り付けてるんでフラフラして見苦しいけど、こらあ楽しい。早くいろいろ撮りたいねえ。

 話しは変わって、半月ほど前のこと。
 朝一番にドラッグストアへ行けとの指令を受け、出かけてみると数パックのトイレットペーパーを確認しました。ありがたやあ。1パック入手しておーた家の危機は救われました。しかしその後、かのロール紙の姿を見ていません。このままではまたすぐにドキドキハラハラの日々がやってきます。

 えーい、しかたがない。まさかAmazonパントリーでトイレットペーパーを買うはめにおちいるとは予想しなかった。なんとか手に入って安堵したものの、普段よりもやや高級な品になってしまって、贅沢に慣れてしまったらどうしよう?と危惧する今日この頃ですが、みなさんいかが?

 ワタシがすんでるあたりは人口に対して店の規模が小さいのか?バックヤード狭くて在庫が持てん?ニュースでしか見たことない大量のトイレットペーパーはいずこ?

 トイレットペーパー、ティッシュペーパー、マスクや消毒液にかんしては買い占めヤローめらが、と怒りを感じたものですが、最近たまにある食料品棚からっぽ現象についてはどうでしょう?まあ、買い占めも全く無いとは思いませんが、単に普通に必要になった世帯が多かったんでは?突然休校になったり、外出ひかえましょうと言われたりしたら、家での食事量が増えるんだから普段よりも多めに買うに決まってるわい。需要と供給のバランスが局所で短時間のあいだ乱れただけ。じっさいすぐに在庫は復活したもんなあ。運送屋さんありがとう。もちろん生鮮、加工問わず生産者さんたちもありがとー。

ボーダーライン越えてあふれだす

 アレルギーバケツ理論は誤っていると聞いたけど、なんらかの閾値は越えたみたいです。
 鼻水あふれだしました。例年、年に一度は鼻つまったり鼻水たれたりしてますが、数日でおさまるので軽い鼻風邪ひいちゃったなあ、と特に気にしてなかったのですが、今年は期間が長い。2週間以上続いてる。起きてる時はなんとかなるんだけど、寝るために横になると苦しい。1時間で目が覚めちゃう。回数は多くないけど、たまに盛大なハクション大魔王に続けざまに襲われることもあります。間の悪いことに最近腰もやっちゃって、響くヒビク響いて悶絶。
 こりゃたまらんと病院行って受診してついに花粉症デビューしました。
 薬飲んでやっと安眠できました。めでたしめでたし。
 昨年の秋、記憶にあるかぎり人生初のジン麻疹がでたのもなにかの予兆だったのだろうか?これまでの軽い鼻風邪も実はアレルギー反応だったのだろうか?
 これからは問診票に書くことが増えたぞ。

 話しは変わって、スミソニアン博物館が展示品のデジタルデータを配布してるというので、ちょっくらお邪魔してきました。まだ数は少ないけれど宇宙関係の3Dデータをダウンロードしました。欲張りにも最高解像度のデータをいただこうとしたら、回線スピードが遅い。世界中から殺到してるのか?ファイルサイズが明記されてないのでいつダウンロードが終わるのかわからない。しかしここは耐えるぞ。360KB毎秒というのろのろ運転で落とした2.47GBのzipファイルにはすごかデータが格納されていました。
 とりあえずフォトショップで開いてみる。

Blog20200316

 かっちょええねえ。さて、これをどうしょう?データをどのように扱えばいいんだろうか?手持ちのソフトで編集できるのか?また勉強せんといかんです。
 アポロ司令船のデータもありました。こちらはさらに巨大なファイルで5.09GB。数時間がんばりました。途中で回線が切れたりしたので、2回も。

クラークを見聞きしてる

Blog20200312_a

 NHKの「100分de名著」。今月はアーサー・C・クラークなんで、この番組を初めて視聴しています。面白いですねえ。テキストも買っちゃった。テキストも面白い。ぐさっと突き刺さる言葉もあります。ワタシはクラーク大好き野郎ですから、贔屓目で見ちゃったり、見なかったふりもしますので、冷静に書かれてる文章に、はい、そうです、幾分かはどこかでひっかかってた気がしますが、仰るとおりです、とひれ伏すこともあります。
 次回の放送はいよいよ「都市と星」。個人的にはこれが最高傑作だと思ってきたけど、それは何十年も前に十代で読んだ時の印象だからねえ。何度か読み返してもそうだったけど、ここ20年ほどは読んでないんで、今ならどうなるかな?放送を見てまた読みたくなるかな?テキストは対応する小説について放送されてからその小説の解説を読むことにしてます。
 クラークなんで、やっぱり言及されてるオラフ・ステープルドン。「スターメイカー」なら読んだけど、「最後にして最初の人類」はまだ読んだことないです。だって高くて買いそびれちゃったよ。古書も高いし。「最後にして最初のアイドル」なら買ったぞ。積ん読リストで順番待ち中だ。

 テキスト表紙に「ただの空想ではない」と書かれてるんだけど、ワタシ、こういう表現はあんまり好きじゃない。言いたいことはなんとなくわかるんだけど「空想」に失礼じゃないかと。「空想」はすごいんだぞ。似たようなことで「単なる〇〇ではない」も嫌い。ワタシが読みたいのは単なるSFなの。SFの地平は広いぞぉー。スポーツを人生になぞらえるのも好かん。そんなもん人生の一部だ。

 ところで、先日居酒屋で「MotoGP」という音声を発したところ、別テーブルのおじさん、おばさんから「どうだった?起きてらんなくて観なかったよ」と尋ねられ、短時間でしたが、ことの次第を説明し、「くっそー、コロナめ!」という共通認識に達しました。
 そしてまたMotoGPの日程が変更されましたなあ。5月までレースないなあ。5月かあ、大丈夫かな?また変更かな?くっそー、コロナめ。
「前方に巨大なコロナ!」←宇宙戦艦ヤマト第一艦橋太田の言葉。いや、あれはプロミネンスだろう。は!もしやコロナ質量放出ってやつ?なんのことかさっぱりわからんけど。