戻ったんで、さらにお出かけする

Blog20191214_a

「真実」を観に行く。
 これは以前書いた、ケン・リュウの「母の記憶に」がどういうふうになってるのかが気になって、知りたくて、お出かけしました。公開されてからふた月も経ってるけど、まだやってるとこあって良かったあ。
 観た。あいやあ、そうですか。いい映画ですねえ。これもディスク出たら買おう。映画を作ってるとこも描かれる映画。「アメリカの夜」以来このシチュエーションには弱いのだ。
「母の記憶に」は、あれだけ撮影風景を観せてくれたんだから、劇中劇にとどまらず出来上がった映画もきっとあるに違いない。いや、そんなこたあないだろうねえ。でも観たいなあ。無理かねえ。終盤に撮影セットに飾られてる折り紙を見て、やはりケン・リュウの「紙の動物園」を連想してしまうのは術中にはまったか。あれも母の話だもんなあ。
 ところで、映画の中で男どもが作り始めるきのこのパスタ。もうおいしそうでおいしそうでたまらん。帰りに映画パンフレット買ったら、レシピが載ってる!

Blog20191214_b

 ヤッホー!
 やらねばならぬ。

Blog20191214_c

 やった。
 パンチェッタなるものは近所に売ってなかったので、ベーコンで代用。白ワインも日本酒でいいや。タリオリーニってのもなかったので、いつもの棒スパゲティで。
 具だくさんのペペロンチーノ唐辛子抜きになっちゃった。←自家撞着したような大いなる矛盾表現。だとしても美味しかったのでよし。また作ろう。

 でかい本屋にも行って、テッド・チャンを買う。

Blog20191214_d

「息吹」の訳者あとがきを作品内容にふれている箇所は注意深く避けて読まないようにして拾い読みしてみると、原書がアメリカで出た後に発表された新作が、10月に出たSFマガジンに載ってるというんで、次の号が出て書店の棚が入れ替えられる前にあわてて買いに行きました。まだ、残ってた。間に合った。ずいぶん前に買った文庫本と合わせて、よし、これで全部だ。新人じゃない30年選手になんなんとする現役作家の今現在発表されている作品がすべて揃って読めるというのは、ワタシ初めてかも。
 これからも同じペースで作品発表して、20年後くらいに三冊目の本を出してください。

 そして、

Blog20191214_e

「スターウォーズ アイデンティティーズ」を観に行く。

Blog20191214_fBlog20191214_g

 ヨーダの剥製はあったけど、X-Wingがない。片手落ちどころではない。壊れちゃってんのかなあ?う〜む。残念。
 写真いっぱい撮ったけど、どうやら設定を間違えてて、それに気づかなかったので、どれもいまいち、いまに、いまさん、いまよん!これも残念。いらんことせんでフルオートで良かったか。だからってもう一回行ったりはしない。だって高いんだもん。

行って帰って85kmほど

 前の晩に夜更かしして朝遅くに起きだしてきたら、あたたかくていい天気なのでバイクでちょっくら走ってきたのでした。

blog20191006_a

 午後は雲に隠れることが多い御嶽山もよく見えています。気温は高いけど秋の空なのかねえ。

 気持ちのいい週末、たくさんのバイクツーリング軍団に遭遇しました。白バイもソロツーリングしてました。

blog20191006_b

 KDXオンボードカメラの映像より。
 この少し前、アクセルを小刻みに修正しながら定速走行でのんびり走っていると、何をそんなに急いでいるのか数台のクルマがすごい勢いでワタシを追い越していきましたが、白バイを見た途端、先を行くクルマたちとの距離が縮まり、みるみるそれらのクルマに追いついちゃったよ。ワタシはスピードあげてないんだけどなあ。なんでだろうねえ。ひひひ。

 当然、月夜沢林道にも行く。

blog20191006_c

 林道の分岐路にて。
 わかりにくいけど左奥に行くと月夜沢林道。右に見える林道にも行ってみたいといつも思うけれど、残念ながら一般車進入禁止って書いてある。関係者になってみたいものだなあ。
 出かけるときに近所の方に言われました。
「熊に注意しなさい」
 そんなわけで、写真撮ってるあいだもエンジンとめないで音を出してるのでライト点いてます。

 熊には会わずにすんだ。サルには会った。

 さて、今シーズンのプチツーリングはこれでおしまいかな?もう一回走るかな?どうなるかな?

 秘密基地に帰り着いたら、カレー鍋作って、スーパー安売り刺身切り落としとカニ風味サラダ、ゆで卵もつけちゃおう、で酔っ払う。

blog20191006_d

寒いんでふさわしい映画みる

 12月にはこの曲で。

Blog20181215_a

 で、遠いロシアじゃなくって、この曲の時代としてはソ連に想いを馳せましょう。そして、ここ数日の急な冷え込みに追い打ちかけてさらに寒くなりましょう。

 というわけで、iTunesで映画レンタルしましたよ。

Blog20181215_b

「サリュート7」
 スペースシャトルからソ連の宇宙飛行士を見たって、昔なんかで読んだ覚えがあるなあ、NASAこぼれ話とかで。この話しだったんだろうか?どうもこの映画は話し盛りすぎ(フィクション成分高め)な気もするんだけど、実際はどうだったんだろ。でも面白かったからOK。
「スペースウォーカー」
 かの有名なレオーノフさん!宇宙飛行士にして絵描き。パンパン宇宙服での四苦八苦に、とっても寒いタイガの森。ミグも出る。むか〜しのSFマガジンの表紙はそのレオーノフ画伯の絵で飾られてましたね。何冊か持ってたけどその筋の好き者にあげちゃったよ。
 映画ディスク日本版が発売されとらんの。レンタルディスクしかない。所有したいぞー。

 ソ連の宇宙開発を80年代からさかのぼって鑑賞中なので締めはこちらで。

Blog20181215_c

 バイコヌールならぬフロリダがあるのはご愛嬌。すこしはあったまらんとね。でもねえ、サターンVが現代に打ち上がる「キャプチャー・ザ・フラッグ」はなかなか素晴らしかスペイン製のジュブナイルでっせ。

 しかし、この手のアメリカじゃない国の映画はブルーレイの日本版がなかなか出ないねえ。HDはネットでしか観られん。なんとかならんのかねえ。

 ヴァージン・ギャラクティックのスペースシップ2が高度80kmで宇宙飛行認定?前身のスペースシップ1では高度100kmだったよなあ。なんか釈然としない。

 と、ぼやいてると届いた。

Blog20181215_d

 近所のスーパー何軒もまわったけど手に入らんかったブツ。Amazonパントリーってのを初めて試したのでした。黒マー油に期待ドキドキ。

取り出したら摂取する

Blog20181207_a

 古いPower Book G4をバラしてます。
 他にもある動かない使わないMacからHDD(えっちでーでー)を取り出しまして、残ったガワはコンピュータ回収に出すダス。

Blog20181207_b

 取り出したえっちでーでーから人に見られちゃイヤンなデータを現在使用中のMacに移したら、不要なえっちでーでーは色々やってデータを完全削除じゃ。

Blog20181207_c

 裸のえっちでーでーをマウントするのにこんな便利な装置があったのね。知らんかったなあ。前回似たようなことをやったときはデータ回収は諦めて物理的に破壊したもんなあ。

 一仕事終えたら鍋です。
 翌日、前夜の水炊きの残りがいい具合にプルンプルンになりました。

Blog20181207_d

 このために残してあった鶏肉に焼け目をつけたら、ごはん、しめじとともに放り込んで醤油少々、卵とネギで焼き鳥親子丼風おじやでお昼。以上。

Blog20181207_e

二輪そば二輪大英帝国二輪

「誰だ!こんな設計したのは!誰だ!こんな部品配置を選んだのは!なっとらん」
 すいませんすいません、みんなワタシ城主おーたが悪いのです。プラモデルみたいにするとかっちょええんでないかいな、それに高さを抑えたほうが出力費用が安いしぃ。
「おかげで積層跡の除去がめんどくせーぞ、ばかたれ」
 ひいいい、おゆるしください。

 そんな風に自らの罵倒に自ら謝罪をくりかえす自業自得な作業を強いられているのは、コレの続きです。とっくの昔、四月にはモノは届いておったのですが、ひと目確認しただけでしまいこまれていた電脳二輪車を数か月ぶりにダンボール箱から取り出し組み立てはじめました。

 こんな形で届きます。

blog20180814_a

 サポート材がびっしり。4セットあるのは4色揃えたいから。

 サポートむしりとり完了。

blog20180814_b

 さて、先日「サラメシ」を観ましたならば、おいしそうな昼飯が。さっそく真似するのは納豆そば。でけた。

blog20180814_c

 めんつゆ加えて混ぜた。左右往復100回。

blog20180814_d

 うまかった。また作ろう。

 とりあえず、一個作り始め。

blog20180814_e

 スタンドを透明にしたいばっかりに透明樹脂を選んだけど、透明だと積層跡などいろいろよく見えないのでサーフェイサー吹きまくり。電飾は?はいはい、考えましたよ。ちょっとだけ。ちょっとだけだってば。組み始めて一瞬で脳裏から消え去るくらいちょっとだけ。

 ところで、最近こんなん買いました。

blog20180814_f

 夜な夜なといっても毎晩ではないけれど、呑みながら鑑賞中。「サンダーボール作戦」まで来た。あとふたつ。ロジャー・ムーアはどーしよーかなー。
 イギリスつながりでこんなんも買ってしまった。

blog20180814_g

 ベトナム縦断バイク旅なんてあったんだ。知らんかったよ。これはある意味はずせませぬ。鑑賞は義務である。あいやあ、既視感のある風景、懐かしい地名、リゾート、豪雨、カブ!やっぱ荷物つむんか。堪能しました。イギリスのほうが北海道より予算が多そうである。さすが007の国。

 その後七転八倒右往左往魑魅魍魎悪霊退散一球入魂人生一路のすえ、ここまできました。

blog20180814_h

 サーフェイサーちょっと厚塗りである。後輪からのびる壁のことを聞いてはいけない。アレは取り付け方法をなんも考えてなかった。
 こりゃあ、4個作るのは大変である。あと三回くりかえすのはいやだ。さいわい、知り合いが三人いる。やつらに作らせよう。城主より配下のものどもへ。作れ。勅命である。よし、これで安心。

 今回の電脳二輪車はちょっと小さい。もちっと大きいのが欲しいのお、二倍くらいの大きさで。そのさいは部品分割も変更しよう。今のは塗りにくい。もうランナーもどきなんてやめやめ。アンダーゲートもやんないぞ。