つまづきを解消して祭りを見る

 造形物がビルドシートからなかなか剥がれなくてカッターの刃を無理やり隙間につっこんでグリグリしたら、破けた。

blog20190729_a

 素早くリカバリーします。こういうことが起こることは充分予測できたので、前もって予備のシートは買ってあります。えらい!
 ぺりぺりとシートを剥がしますが、残った糊が手強い。ここは古くからの言い伝えにしたがって、ライターオイルとヘラでゴシゴシします。

blog20190729_bblog20190729_cblog20190729_d

 まあ、なんとか取れたけど傷だらけである。むむ、よく見ると、触ってみると、ヘラにバリというかカエリがあるではないか。罰としてヘラは砥石ズリズリの刑に処す。
 新しいシートを貼って復旧完了。

blog20190729_e

 満足したところで盛大に花火も上がっています。

blog20190729_f

 ワタシには二年ぶりの水無神社例大祭。昼間はけっこうな雨だったけど、夜は天気も持ち直してはっぴー。

 復旧なったプリンターで諸々立体物を作り出していると覚えのない物体が造形テーブルの上に乗っかっている。
 あ、これは!

blog20190729_g

 先日出力した送風ダクトのパーツではないか。樹脂の積層部分の溶着が弱かったようで綺麗に剥がれ落ちている。

blog20190729_h

 慌てずさわがず、古くからの言い伝えにしたがって、ABS樹脂にはアクリサンデーが最強だぜえ、しかし、付属のスポイトは使いにくいぜえ、と注射器使って接着復旧完了。面相筆のほうが良かったかも。一応予備にひとつプリントしておいて、今回剥がれたところや、いかにも弱そうなところにアクリサンデー流しておく。

 例大祭二日目の夜には神輿まくりをしばらく見物です。

blog20190729_i

 この縦まくりはなかなかの衝撃だったようで、しばらくのあいだ、神輿の修繕作業が続きました。

 送風ダクトの破損は発見したのが夜だったので修理は翌日に回し、修理のあいだ、予備を印刷しているさいは、旧パーツを取り付けて印刷作業を行い、接着剤も乾いた頃をみはからって送風ダクトの取り替え作業します。すると。あ。コロコロコロリン。
 ダクト取り付けネジが造形テーブル前後移動ロッドのある切り欠きに転がり落ちて筐体内部に姿を消しました。

blog20190729_j

 しばらく考えます。ここもやはり、古くからの言い伝えにしたがって、サポートに電話します。すぐ繋がってうれしい。そして的確なアドバイスでネジ救出成功。

blog20190729_k

 底のパネルを外せば良いだけだった。

 というのが先週、先々週の出来事でした。

 そして、昨日。
 千年屋さんだ!おなつかしー!また千年屋さんの実況でレース観られるとは!
 と「8耐」を横目視聴しながらコンピュータ作業をしていたら、突然の雷、土砂降りの雨に襲われた木曽秘密基地は衛星放送受信できずレース視聴中断の憂き目をみてしまったのでした。やがて雨もあがり受信回復しましたが、なんだか、野球放送と時間帯がかぶっていて、8耐放送はサブチャンネルと行ったり来たり、野球も試合が長くなったらしく、予定時間にチャンネルが切り替わらず、予約録画設定もむちゃくちゃになりレコーダーは混乱気味。
 ついでにレース結果も混乱気味。順位発表に、え、そういうことなの?それはないだろう。と思ったのは、とうぜんワタシだけではなかった。
 表彰式までやっといてから、結果がくつがえりましたね。ま、良かったけど、運営はひどいなあ。そりゃあ、ワタシはTECH21を応援してたけどアレで一位は違うと思ったもんなあ。カワサキ優勝で当然。
 レコーダーはなんとか頑張って9時間ほど録画できてました。全部の時間を見直すことはないと思うけど。

いよいよ本格的に秘密基地で過ごす2019年版

 今度はバイクを積み込んで、

blog20190607_a
 富士の姿も見える天気のいい日にふたたび木曽に向かいました。
 ドライブレコーダーの後方カメラより。

blog20190607_b
 ちょっと長く滞在するので準備が大事です。

blog20190607_c
 各種ラーメン類にフライドガーリックと黒マー油。銀座熊本館で取り揃えました。くまモングッズは買ってません。

 Amazonプライムビデオが観られませんので(ネット環境はiPhone、iPadが使えるけどあげな小さい画面ではねえ。それに月のデータ量がすぐ吹っ飛ぶ)各種ディスク類を持ち込みます。

blog20190607_d
「007ロジャー・ムーア・セット」は昨年のショーン・コネリー・セットからの続き。これはトーキョーにいるときから観てたので、もう観終わりました。続けて観るとやっぱり「ムーンレイカー」はやりすぎたと気付いたのか、その後の作品が良いですなあ。さて次はティモシー・ダルトンだ。

「スーパーマン」はクリストファー・リーブのセットにおまけでリターンズ付き。最近のよりこっちのほうが好き。一作目の飛んでる感じが一番すばらしい。飛翔感あふるるといえば、以前の「スーパーガール」に最高なシーンがあるんだけど、ブルーレイ出てないねえ。DVDならある。どーしよー。「スーパーマン2冒険編」のリチャード・ドナー・カットもなるほど〜、そういうつもりだったのかあ、とお勧めです。正直、3と4はどうでもよくて、1と2を別々にバージョン違いでそれぞれ買って単品で4つそろえるつもりだったんだけど、ボックスセットを買ってもたいして値段が変わらないので、輸入盤のこちらにしました。ちゃんと、ささきいさおの日本語吹き替えも日本語字幕も入ってるし。こうなってくると「ダーティ・ハリー」も輸入盤だなあ。

「2001年宇宙の旅」トーキョーよりも木曽のテレビのほうがでかいのだ。やっと吹き替えもはいった。数年前にテレビ放送で吹き替えを録画したけど、とんでもないところでCM入れやがって曲が切れていかんともしがたかった。

「わたしを離さないで」なんと意外にもワタシ、ちゃんと原作を読んでるんですよ、すごいなあ。ワタシもカズオだし。カズオ・イシグロのようにノーベル賞はとれないけど。せつなく哀しい物語でしたなあ。これはまだ観てないので楽しみ。

「ビッグバンセオリー」Amazonでシーズン9まで観まして、木曽での禁断症状対策としてDVDをシーズン1、2と入手しました。日本ではブルーレイ出てないんだよなあ。欧米諸国ではいろいろあるのにい。さすがに日本語は字幕も吹き替えもないので手が出せません。コメディのうえに、よく出てくる科学語(知識)、オタク語(知識)には太刀打ちできません。DVDといえどもとりあえず日本語版を買っといてよかったあ。と、思ったらDlifeで春から放送してるじゃないか。どういうことだ。なんだよ〜知ってたら早くから木曽行って録画したのにいい〜。なにはともあれ嬉しいことなのでシーズン2の途中からですが毎週録画しています。秋からどうしようかな。

 などと、映画観まくったり、ラーメン喰いまくってばかりではありません。昨年さぼったためにジャングルと化してしまった裏庭の二年ぶりの草むしりに追われ、二ヶ月に一度しかない燃えないゴミ金物の日には昨年から溜め込んだビール缶、カセットガスボンベを処分し、水抜きが不十分だったせいかダメになってしまった風呂のシャワー水栓を交換してもらったり忙しい日々をすごし、やっと一段落しました。
 なので、雨予報の前日軽くひとっ走り。梅雨入り前のさいごの晴れの日でした。

blog20190607_e
 これから数日はずっと雨予報。除草剤はいつまけばいいんだろうか?買うとき農協で聞いてくればよかった。

11ヶ月ぶりの鼻洗い

Blog20190318_a

 昨年4月の開幕戦いらいです。WEEKEND RACERS、18-19シーズンの最終戦ラウンド9へやってまいりました。いつものように午後からです。ひさしぶりなんで道を間違えましたが、おかげでこれまで知らなかったコンビニに遭遇しましたので問題ありません。というか助かりました。トイレが危なかった。知ってるコンビニまで我慢できたかどうか。

Blog20190318_bBlog20190318_c

 レースは最終戦でしたので、当然のように例年のようにチャンピオンを獲得している方もいましたが、オイル漏れちゃったよと午後のレースを捨てて早くも缶ビールの栓をプシュッとしてる方、最後のレースに気合いれすぎて道を踏み外してしまった方(現場を見損なったなあ)、今日はダメだよと言い訳する方、それぞれ悲喜こもごもでした。
 ワタシもこちらの動画のように最終周のゴールシーンを撮り逃したりしています。録画スイッチがちゃんと押されてなかったと思います。カメラ構えてた覚えはあるもんなあ。

 昨年は観戦も少なく、自らの練習ライディングもさっぱりでオートバイからながく離れており、皆々さまがたには不義理をいたしましたが、今年はもちっと乗りましょう、観戦しましょう。
 と言ったその口から、来たるシーズンの開幕戦4月は、すいません、用事と重なってしまって不義理いたします。欠席です。ほほほ。
 そしてありがたくも誘っていただいた谷田部練習については、不義理の間にまた太っちゃったのでモトパン履けるようになるまで、しばしお待ちください。ほほほほ。

ガルルルルルルル

 隔月刊になってしまったときから怪しんではおりました。

Blog20190207

 やっぱりなあ、の「ガルル」最終号。
 毎号買ってたわけではないし、処分したり人にあげたりで手元にはもう残ってないけれど、創刊発進号から買ってた身としては残念であります。
 オフロード専門のバイク雑誌としては最古参です。レース一辺倒の記事ではなかったのが良かった。つい昨年も秋に訪れたJAXAのアンテナ近辺の林道が偶然にも紹介されていて、自分の走ったルートと見比べて、脇道にクルマで入んなくてよかった、と胸をなでおろしたもんです。
 とうとうガルルには名前載んなかったなあ。昔はエンデューロのリザルトをこまめに載せてくれたんだけど、上位数名しか載ってなかったし、その数名は言ってみれば天竺くらい遥か彼方に存在していた。(バックオフには載った。あそこは全リザルト載せたりしてたから。自分の名前見つけるとけっこううれしいのだ)

 さて、お気楽なオフロードバイク誌がなくなってしまったので、「rider」や「ダートスポーツ」読みながら、どっかの会社からガルルが復刊されるのを待ちましょう。
 廃刊ではなく休刊と言ってるしね。

二度寝したら昼じゃった

 なので、モトクロスビレッジに着いたときは残すレースは1ヒート半だけでした。「今来たのか!」口撃にひるんだりはしません。よくあることです。とりあえず密かに準備していた本日の目的は達成できたので問題無し。
 雨の写真でも撮るか、とiPhone取り出しましたが、

Blog20180513_a

 雨粒って写真撮るの難しいのです。

 以上、WEEKEND RACERS 2018/19 R2 のレポートでした。

 と、やめてもいいけどせっかくなんでもちっと書こう。

 その、レースの前日。ワタシは甲府にいました。
 午後までかかるかと思った用事が午前に終わって時間ができたので、ちょっくら城跡まで散歩したのでした。

Blog20180513_b

 あそこに登って。

Blog20180513_c

 やあやあ、富士も見えるで。

Blog20180513_d

 甲府入りは前日夕方だったので新宿から適当な時間にスーパーあずさに乗ると新型車両でした。

Blog20180513_e

 悪そうな顔つきじゃのお。
 沿線の道端からでっかいレンズで狙ってる好き者たちも以前より目につくのであった。

 さらにその前の日々。
 重いよ。と400ccのバイクと格闘していました。
 この条件の文面を削除するのだ。

Blog20180513_f

 試験場一発!はやめて教習所に行きました。もうそんな若さはないの。数日で課程修了の技能試験も一発オーケーで、ルンルンと運転免許試験場にて新免許証いただきだぜえ。
 と期待してたのに。

Blog20180513_g

 免許証の裏にハンコ押されて終わり。
 ええ〜!新しい免許証にはならないの〜。そんなあ。

 来るはずもない平成32年というものが万が一訪れることに儚い希望を持って生きていこう。じゃないと免許証が新しくならん。

 まあ、これでYZ250Fをライディングする我が勇姿に「免許ないくせに」などと、まったくもって誤った認識による見当はずれのイチャモンつけてきた輩も黙るであろう。ま、認識は誤ったままであるが。

 もちろん上記はイチャモンつけてるほうも、つけられてるほうもわかってやってる冗談だから本気にしないように。

「YZ450Fに乗ってみるかい?」
「大型二輪の免許とってきます」