開幕戦で光りの二輪車

 今年も始まりました、MotoGP。夜更かししました。カタールGP観ました。今年も最終ラップの最終コーナーはドキドキさせてくれました。そろそろドゥカティも久しぶりにタイトル獲るかな。日本メーカーのバイクが続いたからねえ。よし、今年はドゥカティを応援しよう。唯一ナイターで行われるレースのキラキラ光るサーキットとそれを反射するバイクを眺めながらそう思ったのでした。

 ちゅうわけで光りのバイクといえば、アレです。そうです。ライトサイクルです。
 あいやー、あれから知らぬ間に二年も経っとるではないですか。せっかく作ったデータなんでなんとかしよう、そうしよう。
 ちょこちょこと少しだけデータに手を加えて、適当な大きさにサイズを変更して、アップロードしたら、ここはいけんのぉ、ダメだのぉ、と指摘を受けたので、すかさず対応して修正し、再アップロードして、しばし待つコト二週間。意外と時間かかるのぉ。
 で、これが届いた。

Blog20180319

 初3Dプリント注文体験でしたよ。全長約62mmという大きさは財布の都合。これでも数千円はするの。2台あるのは1台だけとの差額が200円しかなかったという前向きな財布の都合。
 しかし、ちょっと小さすぎたかも、磨くのが大変そうです。光造形の積層跡を消さずに木目とみなして塗装、木造バイクにしてやろうかしら。

 そして、現在はこれのデータにさらに手を加えて別バージョンを作成するべく奮闘中なり。以上。

最終戦だから早起き

 といっても出発したのは8時すぎだったけど。忘れ物して取りに戻ったけど。えらいぞ、おーた。

Blog20180312_aBlog20180312_bBlog20180312_c

 数年前移転してウチからちょっとだけ遠くなったMX408へと移転後はじめてやってまいりました。いつもの週末おじさんモトクロス応援です。ひさしぶりの茨城県である。飛行機だって飛んでいる。
 やや、圏央道はこのへんでは片側一車線の対面通行ではないか。そんなにピタッとうしろにつくな。ワタシはのんびり走りたい。

 ここのコースは観戦ポイントは少ないけど全体が見渡しやすくていいですなあ。ライダーが隠れてしまうとこが少なくてコース上の抜きつ抜かれつを見逃しません。よって動画撮影時間も長くなります。めずらしく午前のレースにも間に合ったのでさらに長くなっちゃいました。
 特にこちらのクラスのヒート1なんて、年間チャンポン争いのお二方がトップを奪い合うんで撮影止めることできず、二周目からはゴールまでワンカット9分以上の長回しでございます。カメラささえる腕がプルプルふるえてきちゃったよ。

 やっぱり、動画がちらつきますなあ。かくかくする。ここんとこ出不精だったのでテスト撮影ができんかった。次回までに少しはましな設定が見つかるや否や。ああ、次回は四月。すぐじゃないか。おそらくぶっつけ本番の適当な設定でのぞむことになってしまうことになるんであろうなあ。

 レース場ではお昼ごちそうさまでした。
 持ってくるの忘れたワタシに椅子をお貸しいただきありがとうございました。
 午後のレースでは狙って撮りました。
 夫唱婦随なのか婦唱夫随なのか、めおと漫才ならぬめおと競走も見ました。
 おーたのYouTubeをご覧ください。
 ぶっとい多数のステープルだかホチキスだかで縫合された長〜い手術跡を見せてくれてありがとう、欠場実況アナ150番j1さん。おお、写真撮ればよかった。

追記
 数日後、レース主催者のサイトにアルバムがアップされました。我が勇姿もあちこちに写りこんでいます。
 かっこいいぞアクションカメラマンおーた!

Blog20180312_dBlog20180312_eBlog20180312_f

二度洗いですみました

Blog20180122_a
 雪ですねえ。
 この日に備えてスノーシューズを用意してましたよ。「雪面の飛び魚」は残念ながら入手できませなんだが、折りたたみ式の金具が靴底に収納されているという、おそらくスーパー高性能な靴にちがいありません。これで凍った道も怖くないぜ。歩くのは心配ないのだ。
 しかしクルマはダメだぜえ。翌日定期点検の予約してあったんだけど、なにぶん坂の多い地域に住んでる環境上クルマ移動には障害が多うございます。冬タイヤじゃないし。よって点検は日延べ。
「君子危うきに近寄らず」である。え?ちょっと用法に違和感がある?まあ、細かいことはいいではないか。

 その雪の日の前日。
 いつものようにお昼すぎ、モトクロス観戦に行ったのでした。今度は練習会じゃないよ。レース本番だよ。例によって決勝レースはヒート2しか見てないのでした。
 撮影はちょっとミスったよん。
 前週動画撮ったのを観てみるとなんだかチラついてるのでした。新しく入手したカメラでは秒60フレームで撮ってみて、一コマ一コマがはっきりしてるのはいいんだけどねえ。
 しばし取扱説明書と格闘する。「フリッカー軽減」という項目発見。これだこれだとばかりにシャッタースピードを1/100に設定して動画撮影であります。これでチラつきは減るであろう。よきかなよきかな。
帰宅後さっそくMacに取り込んで確認すると。
 ありゃりゃりゃりゃ。
 写りが明るすぎるよ〜。あちこち白く飛んじゃってるううう。そりゃあそうだよ。晴れた日に1/100だもん。露出オーバーだもん。
 なんだよ〜フリッカー軽減したときも自動で露出補正してくれたっていいじゃないか。いや、少しは補正してるか?しかし次からは手動で補正かなあ。めんどくさそー。
 とりあえず、編集ソフトで露光ぐあいやらコントラストやら色々を調整した結果がこちら。他にもふたつ、YouTubeにあります。

 もちろん手動では大変なので、カット単位の自動補正でございます。
 多分当日の見た目に少し近づいた。と思う。

Blog20180122_b

 このように、のどかな台数のエントリーだったのでホコリも少なく、シャンプーは二度洗いですんだのでした。

 ところで、レース当日のタイムスケジュール表ですが。

Blog20180122_c

 ウーマンズ??
 ウィメンでは?。いやいや、複数形ということではなくて、クラスにかかる女性ということでウーマンズ・クラス。それの省略ということかな?それでもやっぱりウィメンズではなかろーか?どうなんだあ。もうレディスでいいじゃん。

 我がポルシェの様子。
 午後2時35分。

Blog20180122_d

 午後7時9分。

Blog20180122_e

 ハイルーフがさらに高くなりました。

三度洗うのであった

Blog20180116_a

 昨年末、100番さんからの間違い電話で小耳に挟んだモトクロスの練習会を1月14日に覗きに行ってきたのでした。メイン行事はスタート練習。がきんちょからいい大人まで老若男女がいくつかのクラスに分かれ嬉々として急発進し、ホコリ撒き散らして走り去るのです。ふだんならゴールにてチェッカーフラッグを振ってもらう選手がチェッカーフラッグ役となって次から次にやってくるバイク延べ数百台分のホコリを浴びてます。ワタシもコース脇からいっぱいホコリを浴びてます。

Blog20180116_b

 帰宅翌日、ホコリまみれのジャケットを洗いましたら洗濯終了時になにやら大量のクズがジャケットと洗濯機内にあふれています。当日、汚れてもいいようにバイク用のウインタージャケットを持っていって羽織っておったのですが、どうやら古くなって劣化した防水テープがすべてバラバラになってあちこちに散乱してしまったようです。これも20年以上前の製品だもんなあ、寿命かなあ。
 ジャケットと洗濯機に掃除機かけて、洗濯機はフィルター洗浄、さらにてきとうなものを洗濯してクズがでなくなるまで稼働させます。三回洗濯しちゃったよ。

 練習会は最後に各クラス8分ほどの模擬レース開催でホコリもここが最後と盛大に舞い上がります。
 こんなんだもん。

Blog20180116_c

 帰宅後のシャンプーも三回じゃった。

 ホコリまみれ動画はこちら。

 

今度は13年で交替

 ありゃりゃ、長すぎるよ。基本おすすめは3年といわれてるのに、10年もオーバーしてしまいました。安全をおろそかにしてはいけません。反省しています。もうこんな過ちは繰り返しません。ほんとです。
 ちゅうことで、2004年に買ったヘルメットを2017年の今買い換えました。

Blog20171218_a

 赤いのが欲しくていくつかのバイク用品店に在庫の問い合わせしたけれども、どこも売り切れ。メーカー再生産待ちで予約しても入荷には月単位で時間がかかるということだったので、青いので手を打ちました。
 しゃーない、塗るか。とは思わなかった。だったら白を買うよねえ。昔は塗ったりしたもんですが、近年は塗ってませんなあ。
 前のヘルメットはグラフィックモデルにちょっとした変化を加えるために、Macとプリンターで元の模様に合わせて色味を変えた自作ステッカーを作って貼りました。
 その前は塗装したところにトロイリーステッカーで一丁上がり。
 さらにその前は白地をいかしながらも基本的には塗装仕上げ。
 時を経るにしたがってだんだん無精になっております。

 今回はどうするかねえ。おととし買ったモトクロス用のはなんもせんかったなあ。
 カラーリングシート(いわゆるカッティングシート。その名称を商標登録してる会社とは別の会社の厚み若干うすめのツヤありフィルム)でちょこっと変化をつけよう。そうしよう。一応カラーリング案を検討したらば、カッター、ハサミでおのおのの形状にフィルムを切り取り、貼り付けは中性洗剤入り水溶液スプレー、ドライヤー片手にフィルムと格闘し、全行程延べ数時間。三日ほどにわけてちょっとずつ進めとったので。

Blog20171218_b

 でへへ、派手になったじぇい。国内外5ないし6メーカーだったらどこのバイクにも対応。黄色はない。が、カワサキはえこひいき。仕上げにガラスコーティング。硬化するまで数日かかるけどかまいませんわ。まだ腰の具合がよくないのでどうせバイクに乗らない。寒いし。だったら赤いのを待て。などと言ってはなりません。

 昔、ヘルメット塗装してたときに、「バイザーなんかの樹脂パーツにはラジコンのポリカーボネート用塗料がええぞ〜。乾いてもやわらかいから剥げにくいぞお。帽体にも使える。最後にウレタンクリア缶スプレーで決まりだ」などと吹聴しておったのですが、今どきのヘルメットの説明書にはちゃんとポリカーボネート塗料のことが書いてあるのね。時代がワタシに追いついた。ということにしよう。