きれいになったので走る

 KDXのお色直しできました。実はまだ二ヶ所ほど部品交換するところが残ってるけど、とりあえずほとんど完了です。時間がかかったのはハンドルをレンサルに換えようとしたら、欲しかったジェフ・ワードモデルが在庫切れで入荷まで待たされちゃったから。やっぱ、この形のバイクにはジェフ・ワードだね。背格好も近いし。
 給付金は使い切った。どころかちょっとはみでた。続きが来ないなあ。
 というわけで、さっそく走ります。舞台は木曽。開田高原。

 ちょっと、いや、かなりノイズが多いです。風切音?林道でのノイズはなんだろう?
 撮影はハンドルマウントとデイパックくくりつけ。

 デイパックにくくりつけたのは、ほんとは自撮り棒がマウントできる腰ベルトです。そういうアクセサリーがあるのです。腰に巻かなかったのは腰が太いからではない。
 さすがにジーパンでは寒かった。

谷田部でならし終了

 日曜日にはKLXのならしの続きをやりに谷田部で走ってきました。八の字ぐるんぐるん回ったり、本コースでは軽く跳んでみたり、果敢にも付帯する林間コースに突入しておそるおそる木の根を越えたり、とうとうやっちまった、初転びしたりと、楽しく過ごした結果のアワーメーター表示は、とても控えめな0.8。

 前回0.3で終わってるので、上積みされたのはたった0.5。そんなこたあねえだろ。今回はエンジンかけるたびにiPhoneで時間を計っていたのだ。比べてやる。

 ほれ、今回のエンジン稼働時間だけでアワーメーターの総時間0.8に相当するぞ。現状アワーメーターの数値は低めに結果でることが知れました。振動感知センサーの感度を変更したら変わるかもしれない。感度を変更しようか、どうしようか。低めに数値でるってわかったから別に困らんもんなあ。このままでいいかも。気が向いたらやるかもしれない。
 ということで、ならし運転の1時間は終了したものとみなす。
 次回よりアクセル全開を許可する。出来んのか? ひゃあ〜怖いよ〜。飛距離10cm上乗せせよ。

 次戦ウィークエンドレーサーズを観に行こうと思ったら、新潟の川西モトクロス場で開催じゃった。遠いなあ。やめときます。欠席します。会場で会えないみなさん、前回のモトクロスビレッジでの我が勇姿をご覧になり、おーた不在をなぐさめてください。

 じゃあね。

 転んだ時、KLXの下敷きになって地面とバイクにはさまれた左足。歩くとわずかに痛い。

ライムグリーンに乗ってきた

 あ〜〜〜〜、楽しかったあ。

 ウイリー松浦さんがやってる新谷田部エンジョイスポーツランドでKLXのならし運転であります。旧コースは何度か行ったけど、新コースは初めて。こちらのほうがやさしく、のんびり走れます。ワタシのようなヘタレには具合がよろしい。以前のコースより少し狭いけど。
 コースに行く前、新車のならしとはいえ、三年ぶりのコース走行にちょっと弱気になり、知り合いがいそうなコースだと心強いなあと、どこで練習してるか、電話して聞いてみたけど、みなさんワタシには難しすぎるハイスピードな、大ジャンプな、ヘタッピいは怪我するぜ。なところで練習してるので、そちらはあきらめて、一人でできるもん、と谷田部にやってまいりました。あいやあ、これが大正解。前述のように今のワタシにはここがベストフィット。スポーツ安全保険も加入手続きしたんで、しばらくはここにぼちぼち通いましょう。

 KLXもYZにくらべると、格段にやさしいので、怖くありません。ならしを忘れて力一杯走りそうになっちゃった。もっともそうしたところで、速い人のならしにも値しないであろうことは想像に難くありません。

 まずは八の字でぐるぐる何十周もして、コースにゆっくり進入。最低三周、あるいは四周は回って、しばし休憩する。これを二度繰り返し、どれどれ、30分はエンジン稼働したかいな? と、アワーメーターを確認すると「0.2」と表示されてました。えーと、0.1が6分だから、え? 12分? そんなあ。体感時間とえらい違い。もっと走ったと思ったんだけどなあ。ショックを受け長い休憩を取り、もう一度気力を振り絞りさらにひとっ走りしたのでした。
 結局アワーメーター表示「0.3」で本日終了。18分から23分59秒のあいだのどこかだな。次回はストップウォッチでも測って見比べてみよう。

 そして、さらに新秘密兵器登場。

 走行後の洗車にRYOBIさんの充電式ポータブル洗浄機を試す。
 十分綺麗になりました。今回は土ボコリをかぶっただけだっただったので、吐出圧力も低い設定でまかなえました。バッテリーも持ちました。ドロドロになったらどうなのか? 試したいような、そんな状況では走りたくないような。
 高圧洗浄機などよりは、低い圧力なので、電気系統増えたバイクにはいいかもね。
 ひとつ失敗だったのは、所有してる充電ドリルドライバーがRYOBIではないのでバッテリーの使い回しが出来ないことであった。

 帰ってきたら体重1.5kg減量してました。
 さて、近いうちにさらに訪れてならし運転の続きとダイエットです。

ライムグリーンがやってきた

 むふふふふふふふふふふふ。
 KLX230Rである。25年ぶりの新車である。
 ワタシ史上初の空冷エンジン! 久しぶりの正立フロントフォーク! なんとバッテリー搭載! ボタンでエンジンスタート! キック100万回無用! キャブレターはない! バイクでインジェクション初体験!

 昨年秋、モーターショーでKLX230にまたがって以来、長い家族会議に突入しました。会議期間中、今年初春発表されたハスクバーナのスヴァルトピレン250に心動かされ、KLXとスヴァルトピレン両方欲しいという要望は当然の如く却下されました。どちらかひとつだけ選べという難題に数ヶ月間悩み続け、僅差でカワサキが勝利をおさめました。
 残る問題はナンバー付きか、ナンバー無しか?ここはあっさりレーサーである。プレイバイクかもしれない。どちらになるかは乗る人の腕次第。ワタシの腕ではレーサーと同じジャンルです。税金は消費税のみ。

 先人の教えにしたがい、乗る前に各所のグリスアップです。
エンジン、ミッション以外のなんらかの軸が通っているところ、ステアリングや車軸、リアサスにスイングアームなどはばらして、ベアリング、シャフトにグリス塗り塗り。自分でやると、たとえなんとか分解はできたとしても、組み立てに失敗するのは目に見えているので、プロに頼むのです。
 バイク屋のにいちゃん撮影。

 ばらしてみたら、
「グリスけちってるね」
「部品のあいだに紙くず挟まってたよ」
 バイク屋のにいちゃん談。
 やっといてもらって良かった。こまるなあ、カワサキくん。

 メーターのないバイクを新車で買うのは初めてなので、ワクワクしながらアワーメーターを貼り付けてみた。これも初めて。ならし運転に1時間はあてろ、と説明書に書いてあるので、たぶん役に立つであろう。ワタシの体力でオフロードを1時間も走れるかは別問題。6分を10回だな。
 貼り付ける場所はここしか思いつかなかった。なにかいい考えがひらめいたら変更しよう。

 あとは、身体的問題を解決しましょう。8月からとりあえず2kg減量しました。ぎりぎりモトパンが履けた。
 さて、いつ、どこで、初乗りしましょう? 今月中にはなんとかしたいぞ。今日は雨降ってきた。

編集しました

 さて、先日撮影したレース動画を編集してYouTubeにあげました。

 動画の出来はちょっとイマイチでしたね。次はガンバロー。

 もろもろ書こうと思ったけど、もう箇条書きでいいや。手抜きです。

 ひとつ。チャンピオンおめでとーございます。
 ふたつ。撮ってなくて悪いのー。
 みっつ。大型自動二輪免許取得おめでとー。
 よっつ。レース時間短くなかった?
 いつつ。リッター越えバイク納車されたら見せてね。
 むっつ。マキタの扇風機いいなあ。
 ななつ。雨降ってきたんで撤収します。

 以上、お疲れ様でした。