戻ったんで、さらにお出かけする

Blog20191214_a

「真実」を観に行く。
 これは以前書いた、ケン・リュウの「母の記憶に」がどういうふうになってるのかが気になって、知りたくて、お出かけしました。公開されてからふた月も経ってるけど、まだやってるとこあって良かったあ。
 観た。あいやあ、そうですか。いい映画ですねえ。これもディスク出たら買おう。映画を作ってるとこも描かれる映画。「アメリカの夜」以来このシチュエーションには弱いのだ。
「母の記憶に」は、あれだけ撮影風景を観せてくれたんだから、劇中劇にとどまらず出来上がった映画もきっとあるに違いない。いや、そんなこたあないだろうねえ。でも観たいなあ。無理かねえ。終盤に撮影セットに飾られてる折り紙を見て、やはりケン・リュウの「紙の動物園」を連想してしまうのは術中にはまったか。あれも母の話だもんなあ。
 ところで、映画の中で男どもが作り始めるきのこのパスタ。もうおいしそうでおいしそうでたまらん。帰りに映画パンフレット買ったら、レシピが載ってる!

Blog20191214_b

 ヤッホー!
 やらねばならぬ。

Blog20191214_c

 やった。
 パンチェッタなるものは近所に売ってなかったので、ベーコンで代用。白ワインも日本酒でいいや。タリオリーニってのもなかったので、いつもの棒スパゲティで。
 具だくさんのペペロンチーノ唐辛子抜きになっちゃった。←自家撞着したような大いなる矛盾表現。だとしても美味しかったのでよし。また作ろう。

 でかい本屋にも行って、テッド・チャンを買う。

Blog20191214_d

「息吹」の訳者あとがきを作品内容にふれている箇所は注意深く避けて読まないようにして拾い読みしてみると、原書がアメリカで出た後に発表された新作が、10月に出たSFマガジンに載ってるというんで、次の号が出て書店の棚が入れ替えられる前にあわてて買いに行きました。まだ、残ってた。間に合った。ずいぶん前に買った文庫本と合わせて、よし、これで全部だ。新人じゃない30年選手になんなんとする現役作家の今現在発表されている作品がすべて揃って読めるというのは、ワタシ初めてかも。
 これからも同じペースで作品発表して、20年後くらいに三冊目の本を出してください。

 そして、

Blog20191214_e

「スターウォーズ アイデンティティーズ」を観に行く。

Blog20191214_fBlog20191214_g

 ヨーダの剥製はあったけど、X-Wingがない。片手落ちどころではない。壊れちゃってんのかなあ?う〜む。残念。
 写真いっぱい撮ったけど、どうやら設定を間違えてて、それに気づかなかったので、どれもいまいち、いまに、いまさん、いまよん!これも残念。いらんことせんでフルオートで良かったか。だからってもう一回行ったりはしない。だって高いんだもん。

戻ったんでお出かけする

 木曽にいるとなにかと億劫で劇場へと足が向かないのです。塩尻や松本まで行かんとならんからなあ。夏の映画はだいたい見逃すなあ。なので、東京に戻ってからちょこちょことお出かけします。

Blog20191205_a

「イエスタデイ」を観に行く。
 こらあいい。ビートルズ世代ではないけれど、「抱きしめたい」は大好きだから、これから聴くときにはビニール手袋して手拍子したくなる。ディスクでたら買うぞ。赤か青か白の盤もどーしよーかな?
「ロケットマン」は見逃したけどアレはレンタルでいいや。

Blog20191205_b

「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」も観に行く。
 おお!III号だけじゃない。II号もいる。よく集めたなあ。すごいなあ。とワクワクして観始めたはずなのに。クライマックスのパンターとの戦いでは数回、意識が飛んだ。いびきはかいてないと思う。映画がワタシには合わなかったかなあ。
 いや、待てよ。映画観る前にラーメンライス食べたからだ。腹がくちても戦さはできぬ。

 映画といえば、このところ木曽東京の移動でとうとう、ついに、やっと、首都高内側部分の恐ろしい区間も一部利用するようになりましたので、誰もが一度は試みたくなる「タルコフスキーごっこ」もドライブレコーダーの素材を使用しやってみなければなりません。
 やった。

Blog20191205_c

 あー面白かった。公開の予定はない。

 絵も観に行く。

Blog20191205_d

「メカニックアート展」というのに出かける。
 狭いけど、それだけ寄って観られる。短時間でしたが堪能いたしました。
 筆あとを見つめましょう。
 値段ついてて買える絵もあるけど、財布がうすかったので買いませんでした。

 ところで、会場の奥野ビルという建物、初めて知りましたがすごい建物でした。
 なんたって、これがある。

Blog20191205_e

 針の階数表示なんて何十年ぶり。エレベーターのかごの内扉と廊下がわの外扉は手動だもんねえ。いいなあ。さすが戦前から生き残ってるビル。必要もないのにエレベーターにも乗ってこちらも堪能しました。
 気になるので、とりあえず不動産情報も検索してみる。
 むむう、空室あるみたいだけど情報が数ヶ月前のだなあ。3坪で90000円かあ。
 一人じゃあ無理、誰か共同で借りない?などと夢見るおと、もといおやじ。

またがったり乗り込んだりするモーターショー

 木曽と伊那を結ぶ国道が先日の大雨で通行止めになってしまって、トーキョーに戻るのに高速乗るためには、塩尻まで一般道で行かなきゃならなくなって遠回りになっちゃった。台風のあと木曽へ来るさいは通れたんだけど、実はそのときすでに橋の基礎ある地盤ではなんらかの事態が進行中だったんではないかと、あとからくるびびりにぞぉーっとします。で、ぞぉーっとしながらも、定期通院のために一日中山道の高速をずぅーっと雨に降られながらトキオにいったん戻ります。路肩に停まったスーパーカー3台を目撃したぞ。警察、消防車両も複数台でとりかこんでいる。なにがあったんだろ?

 帰京したら、ちょうど東京モーターショーなんてのをやってる。下調べすると、ヤマハ、カワサキ、ホンダ、スズキが一ヶ所に集まってる。この一画だけささっとまわればいいんじゃないの。気になるモノもあるし。というわけで、ちょっくらのぞいてみる。

 免許がないヤマハ。

Blog20191031_a

 テネレは憧れ。700という数字が眩しい。

 これなら乗れるカワサキ。

Blog20191031_b

 ヘッドライトがちょっとカッコ悪いけど、それ以外は良いなあ。予想してたよりもコンパクトで乗りやすそう。スペック調べてみたら、今乗ってるKDXよりも軸距でやや小さいけど出力含めてほぼ一緒。保安部品のない「R」はもろもろ楽しそう。悩むなあ。聞きたいことがあったんだけど、カワサキは説明員が誰もいない。放任主義のようである。ABSってどうなんだろ?ブレーキターンできるのかなあ。ジャックナイフは?ま、こっちはもともと出来んけど。

 はやまって買わずに良かったホンダ。

Blog20191031_c

 クロスカブにまたがってるけど、ほんらいの目的は視線の先にある「お手を触れないでください」の赤い「ハンターカブ」であるのは当然である。なんだあ、結局出すつもりじゃないか。
 N-VANに乗り込む。

Blog20191031_d

 いろいろチェックする。モトクロッサー積めるけど、積んで二人乗るのはちと厳しい。後席にあと少し余裕があればなあ。

 やっぱりこれだよスズキ。
 ジムニーに乗り込む。

Blog20191031_e

 座ってみると思いの外でかいなあ。でかく感じる。軽だよね、これ。

 ということで、ささっと目的をはたして小一時間ほどで会場をあとにする。2000円の入場料なので1台400円のおさわり料でした。
 やや、16時からは入場料が半額ではないか。しまった、来るのが1時間早かった。下調べは入念におこないましょう。

ぐるっとまわって80kmほど迂回

 台風襲来に備えて連休の計画はすべて破棄して、木曽より影響の大きそうなトーキョーへ一時帰還していたのでした。移動日の水曜日は台風なんか来そうもない秋らしい十月らしい素晴らしい天気であったなあ。
 ひっくり返されそうなバイクは建物の一部を利用して鎖でぐるぐる巻きつけて、ふっとばされそうなバイクカバーも外しときます。うまくすれば天然洗車もはかどるぞお。
 幸いなことに我が自宅周辺は特に記することもなく、台風は過ぎ去ってくれました。もろもろの後片付けも一瞬ですませ、さて、木曽へ戻るかねえ。
 ううむ、中央道は八王子から大月のあいだが通行止めじゃ。当然国道20号も行けん。奥多摩は?ああ、あそこが通れん。電車も中央線がダメだ。
 仕方がない。東名だ。御殿場まで行って北上するぞ。よし、余裕があれば富士五湖めぐりしてやろう。などという妄想はすぐに吹き飛びましたよ。
 海老名から御殿場までえらい時間がかかったよ。2時間以上だねえ。雨もふってきちゃうし。御殿場から国道または県道で笛吹、あるいは甲府をめざそうと考えていたけど、超えねばならない山々にけぶる霧をみていると気分が萎えちゃって、信号や交差点のない高速道路にのっちゃって大月経由で中央道に向かうことにしたのでした。大月からは中央道大丈夫なのだ。いったん後戻りするのがなんか悔しいが、人生ひかねばならぬときもある。

 東名で渋滞に巻き込まれているとき、おなじように巻き込まれていたこれらは?警察でしょうか?不勉強でこのカラーリングがどこの所属なのか知らないのが申しわけありません。いかにも土の上を走ってきたような汚れ方をした車両は被災地に派遣されていたのでしょうか。

blog20191018_a

 遠く尾張小牧ナンバーの皆様ご苦労様です。ありがとうございます。早く帰宅できることを願っています。
 ワタシも20時すぎには晩酌の買い物をすますことができました。

ガルルルルゴライド

 以前の投稿。
 いつの間にやら、まったく知らないうちに、後継誌というか復刊というか出とったよ。別の目的ででかい本屋に行ったら、一応チェックするバイク誌コーナーに平積みされてた。なにやら見覚えのある雰囲気、けれど、ちょっと違う書名に気を引かれて手に取ったらビンゴ。
「ゴーライド」という名の「ガルル」であった。

Blog20190524
 版元も誌名も変わったけどスタッフ、ライター、ライダーは変わってないので中身はガルルそのものであった。
 いやあ、めでたいめでたい。発売日からはだいぶ出遅れてしまったけれど、発進号お買い上げしました。そのぶん、買うつもりだった「rider」は今回はパス。こちらはワタシにはちとハイブロウでございます、な気がしてたんだよなあ。好みの問題もあるし。ゴメンヨ。