後ろに眼をやる

 昨年、駐車場を別の場所へとあたらしく契約変更しました。
 やったー!!今度は屋根付きだぜえ、夏の車内高温灼熱地獄ハンドルあっちー!とも、冬のたまにやってくるドカ雪による雪下ろしともおさらばだじぇー!
 と大変喜んだのですがひとつ難点がありまして、縦に長い長方形の駐車場の道路入り口からクルマ縦3台分余りの一番奥の隅っこが我が領土。入り口に鎮座しまするおのが軽と比べるとはるかにでかい普通乗用車とクルマ1台分の幅を残して反対側に居並ぶ巨大スクーター軍団のあいだの狭い通路をバックでおそるおそる通過しなければなりません。頭から突っ込めば楽勝ではありますが、なかで方向転換できないし、出るときバックではいろいろと不都合があります。
 入庫のさいはせわしゅう首を左右に振りルームミラーとドアミラーをいったりきたり。ちっちゃいクルマを一番前に駐めたほうがみなさん幸せになるんじゃないかなあと自己中心的思考による愚痴も出ようというものです。
 ああ、取り外しできる眼があったなら、あるいは追加の眼があったなら、も少し余裕をもって操作できるのに。

 世の中にはバックカメラ&モニターというものがあることを知りました。後付けも可能と知りました。しかし、あわてて飛びついて安もの買いのなんとやらになってしまっては後悔するは必竟。さらに調査を続行します。

 世の中には前後写せるドライブレコーダーというものがあることを知りました。しばらくのち、モニター付きを条件にどれにしようかな?神様のいう通り検討の結果、KENWOODさんの製品が選出されました。

 後日、悪戦苦闘の結果モニター付きフロントカメラをルームミラーの横、運転手側に、リアカメラをリアウインドウに設置いたしました。ルームミラー横のモニターにはリアカメラからの映像を表示して、まるでミラーが二つあるかのような人類の技術の勝利。ミラーとは異なる広角な画角でワタシはもう一つの眼を手に入れた。長くて余ってしまうケーブルの処理は大変だということを思い知りました。余ったケーブルはぐるぐる巻き引っ掛けてごまかす個人の技術の敗北。

 さらに後日、ちょっとクルマでお買い物。ドライブレコーダー初仕事です。あいにくの雨。
 東京ドームと後楽園のジェットコースターの隙間を走り抜ける。

Blog20190206_a

 同地点、後方光景。

Blog20190206_b

 フロントカメラはちょっと青みがかってるねえ。

 録画されてるのを見ると自分の運転の反省点にも気づきます。見てるようで見てなかったのもあります。勉強になります。買ってよかった。

 さて、問題の駐車場入庫。

 ああ、リアウインドウが曇っちゃってなんも見えん。

 熱線を忘れとった。
 デフォッガーのスイッチを憶えました。

取り出したら摂取する

Blog20181207_a

 古いPower Book G4をバラしてます。
 他にもある動かない使わないMacからHDD(えっちでーでー)を取り出しまして、残ったガワはコンピュータ回収に出すダス。

Blog20181207_b

 取り出したえっちでーでーから人に見られちゃイヤンなデータを現在使用中のMacに移したら、不要なえっちでーでーは色々やってデータを完全削除じゃ。

Blog20181207_c

 裸のえっちでーでーをマウントするのにこんな便利な装置があったのね。知らんかったなあ。前回似たようなことをやったときはデータ回収は諦めて物理的に破壊したもんなあ。

 一仕事終えたら鍋です。
 翌日、前夜の水炊きの残りがいい具合にプルンプルンになりました。

Blog20181207_d

 このために残してあった鶏肉に焼け目をつけたら、ごはん、しめじとともに放り込んで醤油少々、卵とネギで焼き鳥親子丼風おじやでお昼。以上。

Blog20181207_e

いつのまにか隔月刊化してるけどなんか書く

 今年、2018年は40周年、50周年、はたまた150年だとか云われておりますが、残すところひと月弱。ワタシも40周年事業をチマチマと執り行いました。

 40年前の1978年といえばサザンデビューの年です。ベストテン世代としては外せません。
 iTunesには数多のサザン曲がデータ化されiPhoneにも同期されているのですが、初期のもの(1980年代半ばあたりまで)は、LPやらドーナツ盤やらのレコードから自ら手間暇かけて録音したものばかり。
 やっぱ、音が少しこもってるんですね。そこでここで一念発起。CDで買い直し、あらためてiTunesに取り込みなおす、という大事業に挑みました。

Blog20181203_a

 はぁ〜、終わった終わった。
 40年という歳月はかような経済活動も可能にしました。10年や20年では不可能だったでしょう。
 では、その他の経済活動もご紹介しましょう。

 ちょっと前にこんなもんも手に入れました。なんかしらんけど、いつのまにかポイントがスゲー貯まってた。足りない分2000円ほどで入手です。

Blog20181203_b

 Amazon prime videoで無料の映画やTV番組を観まくってます。素晴らしいの、ほどほどの、時間の無駄なの、楽しいの、つまんないの、くだらないの。こりゃあ時間泥棒だね、気をつけよう。

 そんななかでも市販ディスクも買ってしまって、ますます時間がなくなる。

Blog20181203_c

「モリのいる場所」
 熊谷守一展覧会も行ったし、映画館で観るつもりだったけど見逃しちゃった。ブルーレイを店頭で見つけたとき運悪く財布の中身が充実してたので、つい手に取りレジに向かってしまった。変な映画だったねえ。監督は沖田修一であったか。そうかあ、なるほどお、などとわかってる風を装う。おもろいからまた観よう。
 なんだ、Amazonにレンタルがあった。
「真珠湾攻撃」
 これは知らんかったよ。偶然どっかのサイトで知りました。
 例年この時期はトラ・トラ・トラ!を観ることが多いけど今年はこれ。
 ジョン・フォードだねえ、共同監督で。当時のハワイの日系人社会が描かれていて興味深い。日本語のイントネーション変だけど。戦争中の公開では日系人の話はカットされて戦闘場面だけで上映されたとしても、戦時中にこういうの撮影してたってのはすごい。
 画質は悪い。

 そしてアレはとうの昔に出来上がっていました。

Blog20181203_d

 立体になってるのを、おちついて良く見るとなんか違う。
 Ver.2を作成じゃ。来年。

うすださんとみさささん

 あれは三年前、とめるあなた、駅に残し〜。何十年もたっても覚えてるもんであるなあ、ちあきなおみの歌。などということはさておき、三年前に次の年は行くぞ!とブログに書いちゃった場所に二年遅れで参上!三年前のブログはこちら

 長野県は佐久市の山中、山道を登っていくとやがて山林のかなたにめざす物体がその威容をあらわします。かっちょええ。

blog20181010_a

 ワタシとしては珍しいことに見学受付時間より早く着いちゃった、ここは、臼田宇宙空間観測所。
 入り口前で受付開始までしばし待機です。

blog20181010_b

 10時になりましたのでいざ入場。写真を撮りまくります。

blog20181010_cblog20181010_dblog20181010_eblog20181010_fblog20181010_g

 1時間ほどで、つぎへ向かいます。

 受付の警備員のかたに近道をうかがい、グーグルマップも併用しながら舗装済み林道をくねくね、ゆっくりと走り蓼科スカイラインへショートカットです。いったん下山して臼田の町を経由しなけりゃいかんかと思っていたので、かなりの時間短縮と思われます。警備員さんありがとうございました。(ショートカットは他にもある。ただねえ未舗装路。バイクだったらだんぜんそっちに突入するんだけど、まだ四輪でそういうところを走る自信はないなあ。一箇所なんとかなるかと少し入り込んだけどやっぱ不安が大きいので、きついカーブの手前で断念してバックで戻りました)

 蓼科スカイラインを淡々と移動。クルマ少なくて気持ちイイ、平日だからかな。何台もすれちがったバイクも気持ちよさそう〜。次はバイクで来よう、そうしよう。怪しい林道の入り口らしいのもあるしねえ。
 やがて、突然、道の脇に姿をみせるのは建設中の巨大設備。あ、いや、クレーンの先っぽは現場のかなり手前から見えてたけど。

blog20181010_h

 JAXAの新兵器、美笹深宇宙探査用地上局であります。正式名称は深宇宙探査用地上局で美笹はついたりつかなかったり、JAXAのなかでもまだ統一とれてないみたい。ここではうすださんにならってみさささんと称する。

blog20181010_iblog20181010_jblog20181010_k

 こらあ、ええねえ。今じゃないと見られんねえ。三ツ爪構えた巨大な機械の手のようだけど、現段階ではほんとは四ツ爪です。ひとつ隠れてます。
 ほらね。

blog20181010_l

 さて、腹減った。朝コンビニでパンを買ってあるけど、どこで食べようか?

blog20181010_m

 ここで食べました。女神湖です。
 ここまでの道のりはなかなか怖かったよ〜。まさかあんな断崖絶壁からの雄大な景色を何度も見る羽目におちいるとは。ぞわぞわ気分を堪能しちゃったよ。
 女神湖といえばかつて何度もレースに来たところ。応援じゃないよ。出場してたんだよ、うっそー!
 昔「女神湖スカイエンデューロ」ってのがあって、女神湖そばの林道を閉鎖して好き者がぶいんぶいん言わせてたのでした。初心者歓迎レースだったから勇んで出かけていたのでした。二十数年以上前だからなあ、記憶にある場所が見つからない、わからないよ。レース前に用を足したトイレもないなあ。

 腹もくちたので木曽の秘密基地へ出発。

 中央道でクラウザーのサイドカー!に抜かれた。クラウザー初めて見た。かっこいい〜。

 木曽秘密基地では安売り398円の刺身とひとりアルミ鍋で、以前録画してディスクに焼いてある映画「月のひつじ」を観ながら酔っ払うのでした。
 月のひつじ〜〜、なんとかならなかったのかこの邦題、こんな題名のせいでワタシの映画情報アンテナでは全然受信できなかったぞお。テレビでやるまで知らんかったよ。おーたかぞーにも新しいアンテナが欲しい。

 今回の旅はちょっと贅沢して前日に佐久にはいり一泊したのでした。
 というわけで、前日夕方、閉館30分前になんとかたどり着いた「佐久市子ども未来館」ではこんなもんを眺めておったのでした。

blog20181010_n

雨ふる日に

 木曽にいます。
 木曽へとやってきた当日、偶然にもフクイさんも木曽にいるという情報をキャッチしたワタシは電話連絡網を駆使し居所を特定すると菓子店「田ぐち」でジェラードアイスを食べてるところを襲撃したのでした。
 木曽ペインティング?そんな催しをやっとったんですねえ。まったく知らんかった。木曽は広いのである。

 二週間も連泊するもんじゃない。
 ゴールデンウイークが終わってから突然のてんやわんやに襲われ、大変な大忙しになってしまったのでした。日帰りや一泊で済ませていた甲府行きがどうしても用事が終わらず最終的には15日連泊という事態になってしまい、東横インのポイントが一月余りで20数ポイントになるという新記録も達成しました。いぇーい!次はただで泊まってやる。しかし、しばらくはいいや。ヘルニア腰痛もちにはマットレスはどうも相性が良くないのである。ベッドにも布団。要望したいぞよ。不安を抱えた腰まわりには整形外科で買ったベルトがしっかり巻かれていたのでした。

 そんなせわしい日々でも夜にはしっかりビール飲んで疲れをいやし、ばかメールを送ったりしていました。また、日中には繁忙の合間をぬって、とあるサイトへ突撃し予約受付中初回出荷限定50台などという新製品をカートに放り込み、しばし逡巡ののちエイヤっと注文完了したりしてました。

 そして、現在の問題はクルマのエアコン。冷房が効かない。ガス漏れだねえ。ということで応急措置でガスだけ補充したけど、数日で元の木阿弥。配管ちゃんと治さんといかんのです。チューブから漏れとるらしい。思い出すに甲府の炎天下はつらかった。

 今日はひさしぶりになんもせんでいい日。ほげーと過ごすのだ。
 ああ〜〜〜、バイク乗りたい。だが雨だ。バイクも今はまだ木曽にない。

追伸
 そうそう「ビルとテッド」今度こそ三作目を作るそうで。エクセレント!