もういいかな

 さて、今年も半分過ぎました。
 残りの半年で2021年ともお別れですので、それとともにブログもやめよう。
 数年前から、ブログはもういいかな?とやめ時を考えていましたが、一年ごとの契約自動更新を止めるの忘れてずるずる続いてしまいました。今年は忘れないように今のうちに自動更新止めました。次の年の更新は年明けすぐなんでそれまでは今まで通り使えるはず。それまでになんか書きたくなったら書くかもね。

予約した

 コロナワクチン接種の予約でけた。はじめは区の集団接種で予約したんだけど、医療機関による個別接種というのがあるってんで、近所の医療機関を調べ電話で尋ねてみたら集団接種より早い日時があったので、そちらに鞍替えでござる。集団接種はキャンセルです。
 ふほほほ。集団接種より一週間早まったぜい。七夕に注射でござる。
 ワクチン接種は当初予想してたよりも早いスピードで進んでますね。ワタシに順番回ってくるのは秋かなあ?へたすりゃ来年?などと悲観的だったもんなあ。ありがたいねえ。ここはワクチン確保、接種に奔走した政府、自治体、関係機関、みなさまがたに感謝ですね。
 なのに、なんで、オリンピックになるとあんなにダメダメなのか。いったいどーなっておるのだ。
 MotoGP日本グランプリが中止になったから、腹いせで五輪批判を加速しちゃうぞ。どーだまいったか。
 などとは、言わんけど、まあ、政府より、もてぎのほうが冷静であるとは思うね。

追記2021年6月25日
 と、これを24日の午前に書いてアップしたあと午後になって宮内庁長官の発言のニュースが来た。
 う〜ん、こりゃあねえ、どうしたもんかねえ。
 ワタシは中止または延期がいいと思ってるんだけど、天皇陛下のお気持ちを拝察して、そうなるとしたらそれは違うと思うんだよなあ。でも、実際に現状に心配されているんではないか?、とは思っちゃうしなあ。
以上追記終了

 さて、ワクチンと言えば、この秋に打たねばならんのがある。破傷風ワクチン3回目です。これとコロナワクチンの時期が重なるとなんか嫌だなあー、と思ってたんで、今回は良かったよかった。
 破傷風の恐ろしさを知るには映画「震える舌」を観ろって言われるけど、怖いんで観てません。でもなんか大変だってことは観なくても、解説やあらすじ読むだけで伝わってくるので、去年から接種をはじめました。だって、ほら、モトクロスじゃあ、林道じゃあ、って、お外で遊ぶからね。

たまにはこんなことも言ってみよう

 オリンピックはねえ、結構好きです。ふだん観る機会の少ない競技を観られるからね。テレビでのんびり眺めるのが好き。
 でもねえ、東京オリンピックはそんなに好きじゃない。開催が決まって何年も経ったけど、いまだに東京でやる理由が理解できない。まあ、しかし決まったことでもあるし、反対だが邪魔はしないよと、開催中は東京を逃げ出して木曽からテレビ観戦するつもりでした。でも、昨年、そんな計画はふっとんでしまって、今年もまだまだ大変な状況が続いております。今年もやめたほうがいいと思うぞ。数少ない選手のオリンピック出たい、オリンピックやりたいの言葉を読んだけど、なんにも響いてこなかった。そこまで求めるのは酷だとは思うけど、オリンピックやりたい出たいならその方法を提示してくれなきゃ。さらに延期とか、そんなことができるのかしらんけどオンライン開催とか。
 ところで夏ではワクチン接種も終わってないし、病院もまだまだてんやわんやであろうけど、酷暑対策はどうなったんだ?ほんとにやる気かあ。やめときましょう。

 憲法はねえ、変えることには反対しません。
 しかし、今の政権、あんな案だした者どもでは絶対イヤ。とんでもない。

引っ張ったり、コロコロしたり

 自宅用リハビリ用品を用意しましたよ。後楽園のドイトで材料を物色してなにやらそれらしい物ができた。どちらも週一回の通院で作業療法を受けるさいに使ってるものを真似しました。
 骨折は初めてじゃないけど、リハビリ通って作業療法は初めてなので色々興味深い。器具にも心惹かれます。じぶんの体も痛面白い。
 以前の骨折は足首。どんどん歩けばそれがリハビリになると言われて、おお、そうか、通院せんでもいいか。ラッキー、と、とくに療法は受けなかったのでした。今回はそうはいかないようです。何度か通って、こらあ確かに指導受けんとだめだ、と得心しました。

 骨折から手術、術後と、しばらくの間は腕をつってたんだけど、たかだか10数日でけっこう固まっちゃうもんですなあ。まだまだ痛くてできない形、角度、伸張、姿勢、もろもろあるぞ。
「はい、では、ここをもっと伸ばしましょう」
「お、おお、おおお。なかなか痛いです」
「そうでしょ。じゃあ、今度はこれを動かしましょう」
「ああああ、これもなかなかです」
 若い女性の指示に素直にしたがうおじさんは、早く治してバイク乗りたい気持ちと、もっと痛い指示を受けるために長く通院したい気持ちのふたつのあいだで心揺れるのです。

 桜咲く頃にはなんとかなってモトクロスは無理でも街乗りならバイクもクルマも不安少なく運転できるようになりたいぞ、と思っていたら、もう桜咲いてた。

 ま、河津桜だから仕方ない。

 ちなみに車検は後日に延期しました。いっぺん車検切れになるけど、どうせしばらく乗らんだろう。

煙なしの配信三昧でないものねだり

 昨年11月下旬の骨折手術入院は病棟では当然タバコ吸ってなくて、退院してからもなんとなくそのまま続いて無煙状態です。以前に旅行用に買っておいた電子パイポで水蒸気を吐き出しています。
 コロナ禍前、2020年初頭に春の旅行計画をしていたところ、泊まりたいホテルがリニューアルして禁煙になったので、ニコチン含まない電子パイポで旅行中乗り切ろう作戦の一環で購入して試していました。結局、感染が広がり旅行は中止しましたが、パイポは残りました。

 で、タバコ代が浮いたんで、ネットフリックスとディズニープラスに加入してみました。以前から入ってるアマゾンプライムビデオとアップルTVプラスもあるんで、ますます時間が足りません。ああ、どうしよう。困ったなあ。

 でも不満なのは、どこもエンドクレジットの途中で、「次はこれを観ろ」ってうるさいよねえ。映画の余韻にひたりたいのに台無しだよねえ。テレビ番組だと勝手に次の回を始めたりするし。クレジット終わるまでは何にもするでない。クレジットで確認したいことだってあるんだぞ。クレジット飛ばしたいときは観てるものがやるから余計な介入は不快である。配信してる自分たちで作った映画、テレビ番組もいくらもあるだろうに、このメンバーで作りました!って誇示できる場所なのに、制作者の誇りはないのか。

 なんとか「次はこれを観ろ」を表示させない方法はないものだろうか。