またがったり乗り込んだりするモーターショー

 木曽と伊那を結ぶ国道が先日の大雨で通行止めになってしまって、トーキョーに戻るのに高速乗るためには、塩尻まで一般道で行かなきゃならなくなって遠回りになっちゃった。台風のあと木曽へ来るさいは通れたんだけど、実はそのときすでに橋の基礎ある地盤ではなんらかの事態が進行中だったんではないかと、あとからくるびびりにぞぉーっとします。で、ぞぉーっとしながらも、定期通院のために一日中山道の高速をずぅーっと雨に降られながらトキオにいったん戻ります。路肩に停まったスーパーカー3台を目撃したぞ。警察、消防車両も複数台でとりかこんでいる。なにがあったんだろ?

 帰京したら、ちょうど東京モーターショーなんてのをやってる。下調べすると、ヤマハ、カワサキ、ホンダ、スズキが一ヶ所に集まってる。この一画だけささっとまわればいいんじゃないの。気になるモノもあるし。というわけで、ちょっくらのぞいてみる。

 免許がないヤマハ。

Blog20191031_a

 テネレは憧れ。700という数字が眩しい。

 これなら乗れるカワサキ。

Blog20191031_b

 ヘッドライトがちょっとカッコ悪いけど、それ以外は良いなあ。予想してたよりもコンパクトで乗りやすそう。スペック調べてみたら、今乗ってるKDXよりも軸距でやや小さいけど出力含めてほぼ一緒。保安部品のない「R」はもろもろ楽しそう。悩むなあ。聞きたいことがあったんだけど、カワサキは説明員が誰もいない。放任主義のようである。ABSってどうなんだろ?ブレーキターンできるのかなあ。ジャックナイフは?ま、こっちはもともと出来んけど。

 はやまって買わずに良かったホンダ。

Blog20191031_c

 クロスカブにまたがってるけど、ほんらいの目的は視線の先にある「お手を触れないでください」の赤い「ハンターカブ」であるのは当然である。なんだあ、結局出すつもりじゃないか。
 N-VANに乗り込む。

Blog20191031_d

 いろいろチェックする。モトクロッサー積めるけど、積んで二人乗るのはちと厳しい。後席にあと少し余裕があればなあ。

 やっぱりこれだよスズキ。
 ジムニーに乗り込む。

Blog20191031_e

 座ってみると思いの外でかいなあ。でかく感じる。軽だよね、これ。

 ということで、ささっと目的をはたして小一時間ほどで会場をあとにする。2000円の入場料なので1台400円のおさわり料でした。
 やや、16時からは入場料が半額ではないか。しまった、来るのが1時間早かった。下調べは入念におこないましょう。

ぐるっとまわって80kmほど迂回

 台風襲来に備えて連休の計画はすべて破棄して、木曽より影響の大きそうなトーキョーへ一時帰還していたのでした。移動日の水曜日は台風なんか来そうもない秋らしい十月らしい素晴らしい天気であったなあ。
 ひっくり返されそうなバイクは建物の一部を利用して鎖でぐるぐる巻きつけて、ふっとばされそうなバイクカバーも外しときます。うまくすれば天然洗車もはかどるぞお。
 幸いなことに我が自宅周辺は特に記することもなく、台風は過ぎ去ってくれました。もろもろの後片付けも一瞬ですませ、さて、木曽へ戻るかねえ。
 ううむ、中央道は八王子から大月のあいだが通行止めじゃ。当然国道20号も行けん。奥多摩は?ああ、あそこが通れん。電車も中央線がダメだ。
 仕方がない。東名だ。御殿場まで行って北上するぞ。よし、余裕があれば富士五湖めぐりしてやろう。などという妄想はすぐに吹き飛びましたよ。
 海老名から御殿場までえらい時間がかかったよ。2時間以上だねえ。雨もふってきちゃうし。御殿場から国道または県道で笛吹、あるいは甲府をめざそうと考えていたけど、超えねばならない山々にけぶる霧をみていると気分が萎えちゃって、信号や交差点のない高速道路にのっちゃって大月経由で中央道に向かうことにしたのでした。大月からは中央道大丈夫なのだ。いったん後戻りするのがなんか悔しいが、人生ひかねばならぬときもある。

 東名で渋滞に巻き込まれているとき、おなじように巻き込まれていたこれらは?警察でしょうか?不勉強でこのカラーリングがどこの所属なのか知らないのが申しわけありません。いかにも土の上を走ってきたような汚れ方をした車両は被災地に派遣されていたのでしょうか。

blog20191018_a

 遠く尾張小牧ナンバーの皆様ご苦労様です。ありがとうございます。早く帰宅できることを願っています。
 ワタシも20時すぎには晩酌の買い物をすますことができました。

ガルルルルゴライド

 以前の投稿。
 いつの間にやら、まったく知らないうちに、後継誌というか復刊というか出とったよ。別の目的ででかい本屋に行ったら、一応チェックするバイク誌コーナーに平積みされてた。なにやら見覚えのある雰囲気、けれど、ちょっと違う書名に気を引かれて手に取ったらビンゴ。
「ゴーライド」という名の「ガルル」であった。

Blog20190524
 版元も誌名も変わったけどスタッフ、ライター、ライダーは変わってないので中身はガルルそのものであった。
 いやあ、めでたいめでたい。発売日からはだいぶ出遅れてしまったけれど、発進号お買い上げしました。そのぶん、買うつもりだった「rider」は今回はパス。こちらはワタシにはちとハイブロウでございます、な気がしてたんだよなあ。好みの問題もあるし。ゴメンヨ。

ミードを観ーど

Blog20190524_a
 出かけたら自宅そばの道路でこんなクルマに遭遇しました。
 リアサイドウインドウにApple Mapsの文字。アップルさんもストリートビュー?3Dモデル用?
 なんにせよ、今回は撮影されるだけじゃなく、こっちからも撮影してやったぜい。
 以前グーグルカーに遭遇したとき
は、撮られるがままで何もできんかったもんなあ。(ちなみに木曽でのストリートビュー出演は新しい写真と差し替えられていて我が勇姿はもう見られません)

 なんてことがあった日、ここへ赴きました。

Blog20190524_b
 シド・ミードさんにはそんなに詳しくないけれど、昔何かで読んだとおりガッシュで描かれた絵は美しいのであった。映画の仕事もいいけれどクルマや巨大重機や、さらにもっとでっかいメガストラクチャーの絵ももっとあればよかったなあ。まさしく、そのもずばりのYESTERDAY FUTUREと題された絵があったけど、その絵そのものよりも展示されている全体で懐かしい未来を感じてしまうのです。長岡秀星、ルイジ・コラーニなどという名前を連想したりするのもそういう世代だからでしょうか。
 そして気づきました。ミードさんの重要なモチーフは「お尻」だ。画集などは持ってなくて、絵をまとめて観たのは初めてだったので、ワタシにとっては大発見。うん、お尻は大事だ。

Blog20190524_c
 図録売り切れとはどういうことよ。不満タラタラである。

寒かったり暑かったり

 先週の火曜日、局地的大雨ところによって雷という天気予報にもかかわらず、木曽秘密基地行きを決行したのは、火曜日にはイオンの火曜市で安くなる寿司を買い晩御飯が豪華になって、長距離ドライブの疲れも吹っ飛びご機嫌になるという素晴らしい計画のためであった。
 さいわいなことに大雨にも雷にも会わず、伊那から木曽への最後の峠越えでやや強い雨に遭遇しただけで無事にたどり着いたのは、日頃の行いの成果に違いないのだ。ふひひひ。
 到着したその日は雨模様のやや冷えで晩御飯には鍋も追加し、就寝時は夜中に寒くて毛布も引っ張り出してきたんだけど、次の日からは暖かくて日中はTシャツ一枚で平気なのであった。朝晩はそれなりに涼しいけど。

 今回は数日間だけの滞在で、いろいろと用事をすませて、本格的な長期間滞在は後日にまわすけど、用事の合間をぬってそばを食べに行く。

Blog20190521_a

「あらあ、ひさしぶり〜」
「どうも〜、まだ寒いですねえ」
「店のストーブ、まだしまえないよ」

 そしてサンバーは時速20キロメートルで峠を攻める。

Blog20190521_b

 また別の峠では休憩する。

Blog20190521_c

 国道では多数のツーリング軍団にも遭遇。ずいぶん前からだけどみんな黒っぽいよねえ。ソロならましだけど、グループでみんな黒いと異様にも感じられる。華やかさがない。実際、売ってるのもダークな色のウエアばっかりだもんなあ。明るい鮮やかな色も欲しいね。前世紀のように蛍光色にしろとは言わないけれど、ああ、つまんない。

 帰り際に問題発生で帰京が一日遅れるという誤算はあったものの、現在はトーキョーの人である。
 さて、つぎはKDXを積んでいこう。