寒かったり暑かったり

 先週の火曜日、局地的大雨ところによって雷という天気予報にもかかわらず、木曽秘密基地行きを決行したのは、火曜日にはイオンの火曜市で安くなる寿司を買い晩御飯が豪華になって、長距離ドライブの疲れも吹っ飛びご機嫌になるという素晴らしい計画のためであった。
 さいわいなことに大雨にも雷にも会わず、伊那から木曽への最後の峠越えでやや強い雨に遭遇しただけで無事にたどり着いたのは、日頃の行いの成果に違いないのだ。ふひひひ。
 到着したその日は雨模様のやや冷えで晩御飯には鍋も追加し、就寝時は夜中に寒くて毛布も引っ張り出してきたんだけど、次の日からは暖かくて日中はTシャツ一枚で平気なのであった。朝晩はそれなりに涼しいけど。

 今回は数日間だけの滞在で、いろいろと用事をすませて、本格的な長期間滞在は後日にまわすけど、用事の合間をぬってそばを食べに行く。

Blog20190521_a

「あらあ、ひさしぶり〜」
「どうも〜、まだ寒いですねえ」
「店のストーブ、まだしまえないよ」

 そしてサンバーは時速20キロメートルで峠を攻める。

Blog20190521_b

 また別の峠では休憩する。

Blog20190521_c

 国道では多数のツーリング軍団にも遭遇。ずいぶん前からだけどみんな黒っぽいよねえ。ソロならましだけど、グループでみんな黒いと異様にも感じられる。華やかさがない。実際、売ってるのもダークな色のウエアばっかりだもんなあ。明るい鮮やかな色も欲しいね。前世紀のように蛍光色にしろとは言わないけれど、ああ、つまんない。

 帰り際に問題発生で帰京が一日遅れるという誤算はあったものの、現在はトーキョーの人である。
 さて、つぎはKDXを積んでいこう。

わが赴くは蒼き大地にいだかれた楽園

Blog20190419_a

 先日、宮坂お父さんから南の島でミーティングやるぞ。那覇に集合せよ!との呼び出しがあり、(うそです。呼び出されてません)じゃあ,ついでもあるし行ってくるか。と、南国の地に降り立ちました。もう暑いね、沖縄。
 ミーティングについては後述するとして、オリオンビールたらふく飲んだことはじじつです。

Blog20190419_b

 明けて翌日、曇り空の中、本来の目的地へ飛び立つために那覇空港でダラダラ過ごします。

Blog20190419_cBlog20190419_d

 降り立ったのは石垣空港。
 これからの三泊四日のんびりと過ごす計画なのです。ビーチパラソルの下でキンドルで読書したり、(Amazonの広告っぽいけど)ビーチやプールで泳いだり、ちょっと近所あたりには散歩に行ったり、いわゆる観光地巡りはしないで、贅沢なひと時を味わう大人の休日を堪能するのです。離島巡りだって我がプランにはないのだ。そのために宿も市街地から遠く離れた、底地(すくじ)ビーチのホテルにしたのである。だが、計画とは崩れるためにあるのだ。
 とりあえず、空港からレンタカーで、世界の具志堅さんに挨拶して宿に向かう。

Blog20190419_e

 チェックインしたらばすかさずビーチを散策して、

Blog20190419_f

 エビを焼く。

Blog20190419_g

 晴れてれば夕陽が綺麗なはずなんだけどなあ。

 石垣島二日目。ふだんよりも早く目覚めるもやはり雲行きは怪しい。落胆したワタシは段差で足を踏み外し前に倒れて膝を擦りむいてしまった。おっきい絆創膏を入手するためと理由をこじつけて車を走らせる。

 川平湾である。しまった観光地である。

Blog20190419_h

 ドラッグストア求めて市街地にも行ってしまう。
 すると。むむ、これは!

Blog20190419_i

 最南端ということであれば致し方ない。カレーを食う。
 絆創膏手に入れたのでホテルに戻ってビーチで読書だ。だが途中大雨に遭遇、雨はながく降り続き、部屋でごろごろしてたら夕食の時間になり、読書計画破綻。夜九時には寝てしまう。

 石垣島三日目。
 朝五時に目覚める。
 今日はいい天気じゃあ。

Blog20190419_j

 よし午前中はちょっとドライブして午後はビーチあるいはプールサイドで読書じゃ。なので、ちょっと出かける。

 灯台を見る。

Blog20190419_k

 展望台に登る。

Blog20190419_l

 マングローブを見る。面白いんでここで思いの外時間を食う。

Blog20190419_mBlog20190419_n

♪海へ行ったら〜かにを捕まえよぉぉぅよ〜。
 とキヨシローは唄っていますが、国立公園なので捕獲は自制して、ここ、吹通川(ふきどおがわ)マングローブではカニ、および他の生物の生態を観察するにとどめました。

Blog20190419_o

 日本最南端ではないダムを見る。

Blog20190419_pBlog20190419_q

 腹が減ったので軽食求めて市街地へ行く。

 ホテルに戻る前にもうひとつ灯台を見る。

Blog20190419_r

 ああ、ダム以外はまるで観光地巡りになってしまった。しかもどこに行っても同じ車、同じグループがいる。なんたること。向こうもそう思っていることであろう。
 そして、ホテルに戻ったらすぐに大浴場に浸かり、さっぱりしたところで、夕食の時間がやってくる。また読書できなかった。
 しかし、本日の好天気で前々日には見られなかった美しい夕陽のもとでエビを焼く。

Blog20190419_s

 ご機嫌になりました。

 石垣島最終目。
 今日が一番いい天気!

Blog20190419_t

 空港に向かう途中、世界の具志堅さんに再訪を誓う。
 羽田、那覇と手荷物預けが長蛇の列だったので、余裕をみて早めに空港着いたら、石垣空港では全然長蛇ではなくて拍子抜けして時間を持て余してしまった。

 さらば石垣。また来ようぞ。

 さて、もうどうでもいいような気もする、南の島でミーティングの報告です。欠席した二名のクラブ員にお伝えします。
 第二回南の島でミーティングは小笠原を会場とします。日時未定。ふるってご参加ください。
 なかなか手に入らないが、なんとか探し出してイウォークTシャツを手に入れること。うちにも小さいのしかありません。メンズサイズが欲しい。
 参考写真。これね。

Blog20190419_u

樹脂をすがたに、一、二と重ねよ

 もちろん、一、二ですむはずもなく実際は何十、何百とレイヤーを重ねるんだけど、思いついちゃったら仕方がありませんのでコードウェイナー・スミスごっこは避けようがなく、非難は受け付けません。

 で、我が家でも立体印刷機が稼働を始めました。機種はFLASHFORGEのAdventurer3です。
 買ったのはずいぶん前。昨年の七月には入手しておったのですが、諸々の事情が重なり梱包を解かずに九ヶ月もほっぽかれていたのでした。ネット上で同じ機種を楽しんでらっしゃる多数の方々を眺めて羨ましがるのももう終わりです。
 まずはお部屋の模様替えからです。子供部屋を大掃除して不要品は大処分。お父さんの秘密基地へと変貌を遂げました。

Blog20190409_a

 少しづつやって一ヶ月ほどかかっちゃったよ。
 3Dプリンターも設置です。

Blog20190409_b

 まずは「縄文オープンソースプロジェクト」さんから火焔土器のstlファイルをダウンロードしてじゃかじゃかプリントします。

Blog20190409_c

 よくみると脱線してるとこもあるけど、このくらいならサポートなしでもいけるのでした。

Blog20190409_d

 続いては「国土地理院」さんより「黒部峡谷とダム」および「阿蘇山」
「黒部峡谷とダム」は、おおよそ3.9km四方の範囲を100mm四方に収めてあるので、約3万9千分の1。人間を配置するのは不可能なので登山家はいない。「トローリー!」

Blog20190409_e

「阿蘇山」は、32.8km四方を121mm四方へで約27万分の1。細かい誤差は気にしませんよ。これ、計算すな。草千里に馬は見えない。米塚はどこ?あれかなあ。自信なし。

Blog20190409_f

 ここで少し問題が発生していたのでした。
 国土地理院さんのstlデータはFLASHFORGEの純正スライスソフトのFlashPrintとどうも相性が悪くて開くのに難儀したり、開いても一切操作を受け付けなかったり、最悪MacOSごとクラッシュしたりで使えんかったのです。しかし、他のソフトでは問題なく開くので、そちらで開いて何も変更せずにあらためてstlファイルを書き出すと、FlashPrintに素直に読み込めるのでした。ワタシはPhotoshop、あるいはAUT0DESKのMeshmixerを使いました。一手間増えてちょっと残念。

 実用品もプリントする。

Blog20190409_g

 部屋の片付けのさいに外れて紛失したらしい、ワゴンの継ぎ部品。横に写ってる物体はプリントの最中に土台となるラフト。取り外して処分です。こちらはFusion360でささっと作って(うそ、使い方忘れててあせった)ちょちょっとプリントして大成功。(うそ、ちょっとゆるかった)

Blog20190409_h

 とりあえず一通りの使い方はわかったので、これからはいろいろパラメータをいじったり、違う樹脂を試したり(ABSのフィラメントはもう買ってある)、遊びましょうねえ。今回は全て標準設定の積層ピッチ0.18mmでプリントしてあります。フィラメントも購入のさいにおまけでついてくる赤のPLA樹脂です。0.05mmもやってみたいねえ。時間かかるねえ。

 AUT0DESKのMeshmixerはstlファイルを直接編集できるので助かるんだけど、まだ使い方の作法がよくわからないあるよ。そのうち慣れるであろう。といいつつも、でも、なんだ、「ZBrush」も欲しくなるねえ。安い方でいいからさあ。欲しい。買って。お願い。

後ろに眼をやる

 昨年、駐車場を別の場所へとあたらしく契約変更しました。
 やったー!!今度は屋根付きだぜえ、夏の車内高温灼熱地獄ハンドルあっちー!とも、冬のたまにやってくるドカ雪による雪下ろしともおさらばだじぇー!
 と大変喜んだのですがひとつ難点がありまして、縦に長い長方形の駐車場の道路入り口からクルマ縦3台分余りの一番奥の隅っこが我が領土。入り口に鎮座しまするおのが軽と比べるとはるかにでかい普通乗用車とクルマ1台分の幅を残して反対側に居並ぶ巨大スクーター軍団のあいだの狭い通路をバックでおそるおそる通過しなければなりません。頭から突っ込めば楽勝ではありますが、なかで方向転換できないし、出るときバックではいろいろと不都合があります。
 入庫のさいはせわしゅう首を左右に振りルームミラーとドアミラーをいったりきたり。ちっちゃいクルマを一番前に駐めたほうがみなさん幸せになるんじゃないかなあと自己中心的思考による愚痴も出ようというものです。
 ああ、取り外しできる眼があったなら、あるいは追加の眼があったなら、も少し余裕をもって操作できるのに。

 世の中にはバックカメラ&モニターというものがあることを知りました。後付けも可能と知りました。しかし、あわてて飛びついて安もの買いのなんとやらになってしまっては後悔するは必竟。さらに調査を続行します。

 世の中には前後写せるドライブレコーダーというものがあることを知りました。しばらくのち、モニター付きを条件にどれにしようかな?神様のいう通り検討の結果、KENWOODさんの製品が選出されました。

 後日、悪戦苦闘の結果モニター付きフロントカメラをルームミラーの横、運転手側に、リアカメラをリアウインドウに設置いたしました。ルームミラー横のモニターにはリアカメラからの映像を表示して、まるでミラーが二つあるかのような人類の技術の勝利。ミラーとは異なる広角な画角でワタシはもう一つの眼を手に入れた。長くて余ってしまうケーブルの処理は大変だということを思い知りました。余ったケーブルはぐるぐる巻き引っ掛けてごまかす個人の技術の敗北。

 さらに後日、ちょっとクルマでお買い物。ドライブレコーダー初仕事です。あいにくの雨。
 東京ドームと後楽園のジェットコースターの隙間を走り抜ける。

Blog20190206_a

 同地点、後方光景。

Blog20190206_b

 フロントカメラはちょっと青みがかってるねえ。

 録画されてるのを見ると自分の運転の反省点にも気づきます。見てるようで見てなかったのもあります。勉強になります。買ってよかった。

 さて、問題の駐車場入庫。

 ああ、リアウインドウが曇っちゃってなんも見えん。

 熱線を忘れとった。
 デフォッガーのスイッチを憶えました。

取り出したら摂取する

Blog20181207_a

 古いPower Book G4をバラしてます。
 他にもある動かない使わないMacからHDD(えっちでーでー)を取り出しまして、残ったガワはコンピュータ回収に出すダス。

Blog20181207_b

 取り出したえっちでーでーから人に見られちゃイヤンなデータを現在使用中のMacに移したら、不要なえっちでーでーは色々やってデータを完全削除じゃ。

Blog20181207_c

 裸のえっちでーでーをマウントするのにこんな便利な装置があったのね。知らんかったなあ。前回似たようなことをやったときはデータ回収は諦めて物理的に破壊したもんなあ。

 一仕事終えたら鍋です。
 翌日、前夜の水炊きの残りがいい具合にプルンプルンになりました。

Blog20181207_d

 このために残してあった鶏肉に焼け目をつけたら、ごはん、しめじとともに放り込んで醤油少々、卵とネギで焼き鳥親子丼風おじやでお昼。以上。

Blog20181207_e