パリにはパンサー戦車が似合うよね

 ということでブルーレイを買ってしまいましたよ。

 うむ、何十年も前に観た記憶どおり記録映像にパンサー写ってた。ドラマ本編にも、かわいいパンサーもどきが出演していてなかなか楽しいぞお。パンサーもどき制作のためのベース車両は多分M24チャーフィー。なのでかなりちっちゃい。
 ところでこの映画にはフランス語版はないんだろうか?ヒトラー以外、全員英語で吹き替えられてるんで、字幕でみるときに音声が残念です。何言ってるかわかんなくてもネイティブの人の異国語の響きも面白いのに。

 そして久しぶりのプラモデルは、パンサー開発の一因とも言われるという言い伝えもあるこちらです。

 またもや何十年も前、これが新発売になったときに作りました。なんとそのころは完成することもありましたので、買った模型店に持ってゆきショーウインドウに飾ってもらったのでした。もちろん戦車兵は見なかったことにしました。
 で、さて今回はあのころとは違う技量と、なんといってもはるかに高い財力で再び組み立てに挑みます。
 いきなり高い財力を発揮して、ぜいたくにもモデルカステンの組み立て式可動キャタピラ!を購入し、組み立てます。

 せっかくの可動キャタピラなので、みたび何十年も前、何かで読んだ転輪の真ん中3個のみサスペンション可動にいどみます。こういう風にサスペンション固定の転輪を残しておけば車高がヘタらないし、スプリングも不要で軸をうつだけでオッケー。(ホントは軸だけでなくてサスの動作範囲を制限するための小細工もしたのでした)

 それなりに上手くいったのでよし。
 牽引ワイヤーは細いステンレス線を編んでみたけど今ひとつ。もちっと練習しましょう。
 これは冬期迷彩にするつもりでござる。白塗りまであと何日?何ヶ月?何年?

Let’s Rock

 予告編でレッツロックと死神が号令かけてたので、ロックするために今日は昼から家庭で映画鑑賞なのだ。昨年12月に公開となんとも行きづらい時期にロードショーされて映画館へは行かなかった、「ビルとテッド」
 ディスクは4月末に発売ですが、データ購入なら本日から観られるってんで、Apple TV+に購入予約しといたのです。午前のうちにとっとと用事を済ませて鑑賞タイム始動!

 観た。
 よいなあ。うん、こうでなきゃ。30年近く待ったかいがあったなあ。(なんて、勢いで書いちゃったけど、実際は30年も待ってないよなあ。前作の地獄旅行で大団円を迎えてきちんと物語を終わらせてるから、続編なんて当時は思いもしなかった。第三弾やるぞってうわさをチラホラ聞くようになってから、気になり出したので、待ったのはせいぜい10年くらいか。カッコ内は追記)
 テッドの娘さん役いいねえ。体の揺れ方、頭の動かし方が昔のテッドと同じだ。つまり、キアヌと一緒だ。エアギターがなかった気がするけど、わがはいは満足したのじゃ。
通販で買っておいた劇場パンフレットを読もう。

 話しは変わって。
 NASAの火星探査では一般から募集した個人名をマイクロチップに記録して火星探査機に積んでいる。ということを最近知ったのです。先日着陸したパーシビアランスにも1000万人以上の名前が搭載されていたそうな。あらあ、残念、ロケット発射前には知らんかったよ。乗り損なったあ、と嘆いていたら、次の打ち上げでも名前を募集していた。
 さっそく。ほら、搭乗券ゲットです。

 申し込みはこちらのサイトで。

https://mars.nasa.gov/participate/send-your-name/future/

 ビルとテッドは前作のエンディングで、火星でコンサートって言ってたよなあ。これでそれも予約したことにならんだろうか?ならんな。

煙なしの配信三昧でないものねだり

 昨年11月下旬の骨折手術入院は病棟では当然タバコ吸ってなくて、退院してからもなんとなくそのまま続いて無煙状態です。以前に旅行用に買っておいた電子パイポで水蒸気を吐き出しています。
 コロナ禍前、2020年初頭に春の旅行計画をしていたところ、泊まりたいホテルがリニューアルして禁煙になったので、ニコチン含まない電子パイポで旅行中乗り切ろう作戦の一環で購入して試していました。結局、感染が広がり旅行は中止しましたが、パイポは残りました。

 で、タバコ代が浮いたんで、ネットフリックスとディズニープラスに加入してみました。以前から入ってるアマゾンプライムビデオとアップルTVプラスもあるんで、ますます時間が足りません。ああ、どうしよう。困ったなあ。

 でも不満なのは、どこもエンドクレジットの途中で、「次はこれを観ろ」ってうるさいよねえ。映画の余韻にひたりたいのに台無しだよねえ。テレビ番組だと勝手に次の回を始めたりするし。クレジット終わるまでは何にもするでない。クレジットで確認したいことだってあるんだぞ。クレジット飛ばしたいときは観てるものがやるから余計な介入は不快である。配信してる自分たちで作った映画、テレビ番組もいくらもあるだろうに、このメンバーで作りました!って誇示できる場所なのに、制作者の誇りはないのか。

 なんとか「次はこれを観ろ」を表示させない方法はないものだろうか。

今年もずるずると続く

 うらやましい。欧米の歌を初めて聴くときは、何言ってるのかさっぱりわからないもんなあ。音の気持ちよさ、いいぞお、好きだぞお、という感覚だけだもん。「明日なき暴走」を初めて聴いたときの衝撃は音に対するものだけだったんだよなあ。歌詞カードで訳詞を読んで、ああ、そげな重いこと歌っとったのね、と思いを新たに聴いてますます好きになったりしますが、こういう段階をふむところを、初見で、初聴きで音と言葉と両方を浴びて歌詞でやられる英語圏の人々がたいへんうらやましい気持ちになってしまったのは、レンタルで「カセットテープ・ダイアリーズ」をやっと観たから。

 よか。非常によか。「サンダーロード」や「ボーン・トゥ・ラン」今回の字幕の訳詞は明るい感じがしていいねえ。これまでのソニーのアルバムのはちょっと暗い。「ボーン・トゥ・ラン」で踊るとは思わんかった。素晴らしい。ディスク出たら買お。

 大晦日にはボバ・フェットを組み立てていました。

「誰だ?お前。きさまでは賞金がもらえん!」
「賞金は出ませんが、長寿と繁栄を」
 大きさはいい感じにそろったようです。いずれボバ・フェットに塗装して遊ぶかもしれません。

 病院休みなんでリハビリ通院は来週。おうちでできることだけやりましょう。今月、車検なんだよなあ。運転できるまで回復するかどうか?緊迫の度合い高まる。こう、ご期待!

新たなる配信経験、読書付き

 これを観たい気持ちがすごくあったんだけど、番組少ないんで躊躇してた AppleTV+ に先月とうとう登録? それとも入会? なんでもいいけど、とにかく月払いの項目がひとつ増えました。

「フォー・オール・マンカインド」大変おもしろうございました。マーキュリーの女性宇宙飛行士候補のことは知らなかったし勉強になるなあ。一気にまとめ視聴はしないで数週間かけてシーズンを観たんだけど、同時進行でこんな本を読んでました。

「宇宙(そら)へ」こちらも大変おもしろうございました。第二次大戦中のアメリカに陸軍航空軍婦人操縦士隊(WASP)という女性パイロットで編成された部隊があるとは知らなかった。勉強になるなあ。

 どちらも歴史上のある時点である出来事が起こり、その結果、現実とは異なった道筋をたどる宇宙開発の進行を描いているんで、同時に観る、読む、をやっちゃうと混乱するかと思ったけど、歴史の分岐点が両者では大きく異なる年代だった、かたや NASA 時代、かたや NACA 時代(すぐに別の組織に改編統合されるけど。といっっても NASA ではない)ので、大丈夫だった。少なくとも観てる読んでる最中は混乱しなかった。来月になるとわからない。こまかいエピソードがどっちがどっち?になる可能性あり。
 両者ともに続編があるので非常に楽しみ。「フォー・オール・マンカインド」シーズン1はニクソン時代で、シーズン2はレーガン時代なのね。予告編にスペースシャトル出てきて、なにやらきな臭い描写もあった。スターウォーズ計画? 「宇宙(そら)へ」はいよいよ月だ。それぞれ続編は来年? また、同時に楽しめるかな? 混乱しないように復習すべきか、いなか? 多分、復習は不要だね。もうここから先は大きく別れていくはず。映像作品のほうは、まだまだ現実の世界によりそっているけど、小説作品のほうはすでに大きく現実世界から遊離しています。なんたって物語の目的が人類滅亡の回避を目指しとるんだから。今のところスケールの大きさで小説の勝ち。ただしタイトルは映像作品の勝ち。これ、タイトルはおたがいに逆でもいいんじゃないかと思ったり。
 両作ともに登場した実在の人物はフォン・ブラウンなんだけど、どちらもあつかいが手厳しいのでした。ナチス党員だったからねえ。

「宇宙(そら)へ」の参考文献に多数の本がリストアップされていて、それらをつらつら眺めていたら、気になった本があったので買いました。

「わたしを宇宙に連れてって」まだ半分だけど、大変おもしろう読んでます。チンパンジーの「ハム」の十年も前にロケットで飛んだアカゲザルの「アルバート」なんて知らなかった。勉強になるなあ。衝突試験には人形じゃなくて人間の死体を使うとか、なかなかえぐいとこもあるぞお。のこりが楽しみです。

 この本、翻訳出版が2011年で、出版社品切れでした。電子書籍ならあるんだけど、なんとなく紙が欲しかったので、いろいろ検索したら、なんと、ビックカメラにあった。
 バーゲンブックというコーナーがあったのでした。知らなかったなあ。またまた勉強になるなあ。バーゲンブックとはなんじゃらほい?と調べてみると、ああ、アレか、「自由価格本」のことであったか。漢字での表記になじんでいたから、カタカナだったのでわからなかったよ。よし、買った。かくして新刊時の半額で手に入れました。

 そして新刊書だって買う。こちらは本当に出たばっかりである。

「The Art of NASA」副題の THE ILLUSTRATIONS THAT SOLD THE MISSIONS は売り込みに使ったイラストとでも言えばいいのかな。 NASA が、国民、議会、政府にむけてこんなんやりたいすけど、お金ちょーだい。と営業に使ったコンセプトアート集ですね。
 と、思って予約したんだけど微妙に違うのもあるなあ。「2001年宇宙の旅」の絵は違うだろ。でもマッコールの絵がこんなに大きく載っててうれしい気持ちは隠しようがなく、その一方で、もっと他にある NASA の絵を載せんかい、ページ増えてもかまわんぞ、と思ったり、これ以上重くなるのは勘弁してほしかったり、複雑な心持ちもかすかにあれども、結局のところ、観てて楽しいから問題なし。英語だし読んでて楽しいとは言ってない。
 これは、2020年10月6日発売とされていたのを、Amazon で先月予約して、当初10月中旬発送予定だったんだけど、予定が早まって10月7日には到着という驚きの事態が起こりました。そんなことってあるんだねえ。

 さらにまた、AppleTV+ではこれを観てます。

「LONG WAY UP 大陸縦断バイクの旅」ユアン・マクレガーがバイクで旅する番組があるってことは知ってたけど、我が家では視聴環境がなかったのでこれまで観たことがありませんでした。そのバイク旅シリーズの最新作が AppleTV+ にやってきて初めて観られました。とっても豪華になった「水曜どうでしょう」感があります。「トップ・ギア」のベトナムでも感じましたが、こちらは今回、電動ハーレーなんか使ってるもんだから、さらに、「充電させてもらえませんか?」要素も加味されてるのかもしれません。あいまいなのは、ワタシが出川さんのその番組を観たことないからです。すまん。
 さらに、嬉しいことにバイク旅シリーズは過去の2作も配信に加わって、全部観られるようになりました。金曜日には最新作の最新エピソードを観て、他の曜日には旧作を観る。このスケジュールはなかなか忙しいぞ。これこそ混乱しそうだ。やめとこう。旧作は気がむいたときに観よう。
 ところで、旅の同行者チャーリー・ブアマンって誰? ブアマンという姓はジョン・ブアマンしか知らないなあ。と思ったら、親子であった。え〜!ということはブアマン監督「エクスカリバー」でモードレッド役だった少年か!
 映画では美少年だったはずなのだが、なかなかのおっさんになってるのう。
 ひさしぶりにエクスカリバー観よう。あれ?ない。ああ、DVD は木曽秘密基地に持ってったまんまだった。
 レンタルしました。