ブラックアルバムを聴いてます

 

Blog20190213_a

 さすがにLPレコードではなくて(スッゲー高いし)CDですので、パッケージの迫力はありませんが音に問題はありません。フラワーピープルの曲が好きです。もうひとつあるアルバムはLPにするかCDにするか悩みどころです。
 かつて、深夜のテレビ番組ROCK FUJIYAMAで紹介されてそのバンドを知ったのでした。それまでまったく知らなかったのが後悔の極み、放送翌日にはタワーレコードに走り貴重な残り少ないDVDを手に入れたものでした。それから幾星霜、何度もなんども繰り返し視聴を繰り返したロックンロールの最高傑作がブルーレイとなって帰ってくるのを知ったのは昨年の秋。いまかいまかと待ち続けたディスクがついにわが郵便受けに投函されました。
「スパイナル・タップ」おお!

Blog20190213_b

 今宵はロックンロールだぜえ!
 ロックオペラの(じゃなくてロックミュージカルでした。そのミュージカルお披露目したかもしれない——補足訂正)ジャパンツアー行きたかったああああああ。

 ジャケットは海外版とおなじ目盛り11まであるボリュームのつまみのほうが良かったなあ。

 ところで話しはかわりますが、Amazonプライムビデオでビッグバンセオリーも毎日観てます。アレは中毒しますね。おかげでiTunesもこんな状態でブラックアルバムとビッグバンセオリーの主題歌のヘビーローテーションになってます。

Blog20190213_c

 バジンガ!

鷲は舞い降りました

「マン」を男ではなく人間のこととすると「最初の人間」となって、なにやらステープルドンの壮大な小説の気品さえも感じ取れそうですが、男にして「最初の男」とすると一転、艶やかな雰囲気さえまとってみえてきます。さらにくだけて「はじめてのおとこ」とするともうダメです。アレしか考えられません。ああ、どうしよう。おそらく世界中何十億もの人が同じことを思いついて身悶えしてることでしょう。

 というわけで、映画「ファースト・マン」を観てきました。

Blog20190208

 おお、ロードショー初日に劇場に突入したのはジェダイの復讐以来かもしれません。場所もほとんど同じといっていい日比谷です。
 予告編にちょっとだけ写ってるX-15が気になって気になって。そこから物語るんだと期待度満点のワクワク状態でいざ行かん。

 二時間後。勝手に思ってたのとは違ったけど、なんといいますか静かないい映画でしたね。無駄に派手な描写もなく淡々と進みます。いろいろ気になる(いい意味で)こともあったのでまた観に行こう。いずれディスクが出たら買うであろう。何度も観たくなるような予感がする。

 オルドリン禿げすぎだと思う。

宝物発見す

Blog20181228
 ある日、くらい引き出しの奥から総額数千円にものぼる図書券、未使用図書カードが発見されました。発見されてから使い所を悩みながら数ヶ月、使うなら今だ、と年の瀬せまるなか続々と発売される書籍、雑誌に費やしました。普段買ってる雑誌も含まれているのはおいといて、初めて買う雑誌、分厚いノンフィクション、読んだことないフィクション、頭沸騰しそうなハウツー本、行方不明本の再購入、発売を待ってた本。当然のことながら発見されたお宝だけでは賄えませんでしたがワタシはしあわせです。もちろんまだ拾い読みしかしてません。今は「七人のイブ」を読んでるから。まだまだ終わりません。積ん読の増加も加速しています。老眼も加速しています。

 ブルーレイ買ったんで、「2001年宇宙の旅」とタルコフスキーのほうの「ソラリス」を続けて観たら疲れました。また、Amazon Prime Videoもウォッチリストへの追加が増え続けています。積ん読ならぬ積ん観(ツンカン?ツンミ?)

寒いんでふさわしい映画みる

 12月にはこの曲で。

Blog20181215_a

 で、遠いロシアじゃなくって、この曲の時代としてはソ連に想いを馳せましょう。そして、ここ数日の急な冷え込みに追い打ちかけてさらに寒くなりましょう。

 というわけで、iTunesで映画レンタルしましたよ。

Blog20181215_b

「サリュート7」
 スペースシャトルからソ連の宇宙飛行士を見たって、昔なんかで読んだ覚えがあるなあ、NASAこぼれ話とかで。この話しだったんだろうか?どうもこの映画は話し盛りすぎ(フィクション成分高め)な気もするんだけど、実際はどうだったんだろ。でも面白かったからOK。
「スペースウォーカー」
 かの有名なレオーノフさん!宇宙飛行士にして絵描き。パンパン宇宙服での四苦八苦に、とっても寒いタイガの森。ミグも出る。むか〜しのSFマガジンの表紙はそのレオーノフ画伯の絵で飾られてましたね。何冊か持ってたけどその筋の好き者にあげちゃったよ。
 映画ディスク日本版が発売されとらんの。レンタルディスクしかない。所有したいぞー。

 ソ連の宇宙開発を80年代からさかのぼって鑑賞中なので締めはこちらで。

Blog20181215_c

 バイコヌールならぬフロリダがあるのはご愛嬌。すこしはあったまらんとね。でもねえ、サターンVが現代に打ち上がる「キャプチャー・ザ・フラッグ」はなかなか素晴らしかスペイン製のジュブナイルでっせ。

 しかし、この手のアメリカじゃない国の映画はブルーレイの日本版がなかなか出ないねえ。HDはネットでしか観られん。なんとかならんのかねえ。

 ヴァージン・ギャラクティックのスペースシップ2が高度80kmで宇宙飛行認定?前身のスペースシップ1では高度100kmだったよなあ。なんか釈然としない。

 と、ぼやいてると届いた。

Blog20181215_d

 近所のスーパー何軒もまわったけど手に入らんかったブツ。Amazonパントリーってのを初めて試したのでした。黒マー油に期待ドキドキ。

いつのまにか隔月刊化してるけどなんか書く

 今年、2018年は40周年、50周年、はたまた150年だとか云われておりますが、残すところひと月弱。ワタシも40周年事業をチマチマと執り行いました。

 40年前の1978年といえばサザンデビューの年です。ベストテン世代としては外せません。
 iTunesには数多のサザン曲がデータ化されiPhoneにも同期されているのですが、初期のもの(1980年代半ばあたりまで)は、LPやらドーナツ盤やらのレコードから自ら手間暇かけて録音したものばかり。
 やっぱ、音が少しこもってるんですね。そこでここで一念発起。CDで買い直し、あらためてiTunesに取り込みなおす、という大事業に挑みました。

Blog20181203_a

 はぁ〜、終わった終わった。
 40年という歳月はかような経済活動も可能にしました。10年や20年では不可能だったでしょう。
 では、その他の経済活動もご紹介しましょう。

 ちょっと前にこんなもんも手に入れました。なんかしらんけど、いつのまにかポイントがスゲー貯まってた。足りない分2000円ほどで入手です。

Blog20181203_b

 Amazon prime videoで無料の映画やTV番組を観まくってます。素晴らしいの、ほどほどの、時間の無駄なの、楽しいの、つまんないの、くだらないの。こりゃあ時間泥棒だね、気をつけよう。

 そんななかでも市販ディスクも買ってしまって、ますます時間がなくなる。

Blog20181203_c

「モリのいる場所」
 熊谷守一展覧会も行ったし、映画館で観るつもりだったけど見逃しちゃった。ブルーレイを店頭で見つけたとき運悪く財布の中身が充実してたので、つい手に取りレジに向かってしまった。変な映画だったねえ。監督は沖田修一であったか。そうかあ、なるほどお、などとわかってる風を装う。おもろいからまた観よう。
 なんだ、Amazonにレンタルがあった。
「真珠湾攻撃」
 これは知らんかったよ。偶然どっかのサイトで知りました。
 例年この時期はトラ・トラ・トラ!を観ることが多いけど今年はこれ。
 ジョン・フォードだねえ、共同監督で。当時のハワイの日系人社会が描かれていて興味深い。日本語のイントネーション変だけど。戦争中の公開では日系人の話はカットされて戦闘場面だけで上映されたとしても、戦時中にこういうの撮影してたってのはすごい。
 画質は悪い。

 そしてアレはとうの昔に出来上がっていました。

Blog20181203_d

 立体になってるのを、おちついて良く見るとなんか違う。
 Ver.2を作成じゃ。来年。