二輪そば二輪大英帝国二輪

「誰だ!こんな設計したのは!誰だ!こんな部品配置を選んだのは!なっとらん」
 すいませんすいません、みんなワタシ城主おーたが悪いのです。プラモデルみたいにするとかっちょええんでないかいな、それに高さを抑えたほうが出力費用が安いしぃ。
「おかげで積層跡の除去がめんどくせーぞ、ばかたれ」
 ひいいい、おゆるしください。

 そんな風に自らの罵倒に自ら謝罪をくりかえす自業自得な作業を強いられているのは、コレの続きです。とっくの昔、四月にはモノは届いておったのですが、ひと目確認しただけでしまいこまれていた電脳二輪車を数か月ぶりにダンボール箱から取り出し組み立てはじめました。

 こんな形で届きます。

blog20180814_a

 サポート材がびっしり。4セットあるのは4色揃えたいから。

 サポートむしりとり完了。

blog20180814_b

 さて、先日「サラメシ」を観ましたならば、おいしそうな昼飯が。さっそく真似するのは納豆そば。でけた。

blog20180814_c

 めんつゆ加えて混ぜた。左右往復100回。

blog20180814_d

 うまかった。また作ろう。

 とりあえず、一個作り始め。

blog20180814_e

 スタンドを透明にしたいばっかりに透明樹脂を選んだけど、透明だと積層跡などいろいろよく見えないのでサーフェイサー吹きまくり。電飾は?はいはい、考えましたよ。ちょっとだけ。ちょっとだけだってば。組み始めて一瞬で脳裏から消え去るくらいちょっとだけ。

 ところで、最近こんなん買いました。

blog20180814_f

 夜な夜なといっても毎晩ではないけれど、呑みながら鑑賞中。「サンダーボール作戦」まで来た。あとふたつ。ロジャー・ムーアはどーしよーかなー。
 イギリスつながりでこんなんも買ってしまった。

blog20180814_g

 ベトナム縦断バイク旅なんてあったんだ。知らんかったよ。これはある意味はずせませぬ。鑑賞は義務である。あいやあ、既視感のある風景、懐かしい地名、リゾート、豪雨、カブ!やっぱ荷物つむんか。堪能しました。イギリスのほうが北海道より予算が多そうである。さすが007の国。

 その後七転八倒右往左往魑魅魍魎悪霊退散一球入魂人生一路のすえ、ここまできました。

blog20180814_h

 サーフェイサーちょっと厚塗りである。後輪からのびる壁のことを聞いてはいけない。アレは取り付け方法をなんも考えてなかった。
 こりゃあ、4個作るのは大変である。あと三回くりかえすのはいやだ。さいわい、知り合いが三人いる。やつらに作らせよう。城主より配下のものどもへ。作れ。勅命である。よし、これで安心。

 今回の電脳二輪車はちょっと小さい。もちっと大きいのが欲しいのお、二倍くらいの大きさで。そのさいは部品分割も変更しよう。今のは塗りにくい。もうランナーもどきなんてやめやめ。アンダーゲートもやんないぞ。

食う読む観る食う読む食う

Blog20171222_a

 前日の鍋で残った鍋キューブを使い中華麺放り込みラーメンもどきをやってみた。
 いまいち。なにかが足りないねえ。

 模型雑誌を毎月買ったりはしないんだけど、モデルアート4ヶ月ぶんの資金を投じて別冊を買う。

Blog20171222_b

 この辺の塗装については40年ほども前に知ったことからそれほど進歩してませんので、うひゃあ、なにやら知らないことばかりずらずらと。読み通すにはまだまだかかりますわ。ところどころ訳文がこなれてないのは愛嬌です。例によって色の道は険しい。

 スターウォーズ・エピソード8を観る。
 長いなあ、まだ終わんないのぉ?とエンドクレジットが待ち遠しかったスターウォーズというものを体験できました。ばんばんカットして午後のロードショーサイズの90分くらいでどうだろ。
 それでもいいんだけど、自宅で呑みながら、テレビ画面で早送りやトイレ休憩の一時停止しながら観ると印象が変わるのは確かだよなあ。ま、ディスクが出るまでもう観ないであろう。

 外食で注文したことはありません。よって本物がどんな味だか存じ上げません。しかし食べたい。で、妄想してよく作ります。

Blog20171222_c

 生クリームは買ったことがないので、牛乳温めてバターとチーズを溶かしこみ、偽カルボナーラ。こってり。

 エルフだもん。

Blog20171222_d

 この手のバイクはビモータといいヴァイルスといいカウル取っ払った姿がかっちょいいよね。

 ラーメンはやっぱりマルタイだなあ。

Blog20171222_e

 高菜たっぷり。キャベツもね。ご飯おかわりはしなかった。

今夜は若いのだ

 公開当時、誰が云ったんだったか?日活無国籍アクションのような物語が、スタイリッシュな映像とかっちょいい楽曲で描かれる傑作。
 かつて飯田橋の「佳作座」で酔いしれた音と映像、おまけで表の通りの喧騒付き。は、ちといいすぎ。その名作がブルーレイになって見参。DVDは持ってるけどやっぱりねえ、つい。
 みんな好きでしょ。「ストリート・オブ・ファイヤー」

blog20171115

 先日酔っ払ったさい、いい感じになったおじさんたちによる最高のロックンロール映画はなんだ討論会(討論時間69秒)でも「あの頃ペニー・レインと」とともに上位に君臨することで意見の一致をみました。その後すぐに「実写版ベルサイユのばら」に話題がうつったのは別の話し。

 ただひとつ問題があるとすれば、「ヤヌスの鏡」の記憶もうすれ、その呪縛もとけたのに、数年前空耳アワーで曲が取り上げられ、大団円の最高のステージの曲の歌詞の一節が「あの家で折り返し」としか聞こえなくなってしまい、狭い部屋で折り返すマラソンランナーの絵が浮かんできちゃうこと。なんてことするんだよ〜。

 何度でも折り返して観まくってやる。
 トゥナイトィズワッライッミーンズットゥビーユワァング!

今度は初秋のことども

 いったんトーキョーに戻ったら坐骨神経痛が出ちゃったのでした。よたよた歩いてって整形外科で腰の牽引を受けること数回。じっと座ってれば平気なので何となく先延ばしにしていた懸案の依頼事項を片付け、腰ベルト巻いて映画館にも行って「ダンケルク」を観たら居酒屋でダラダラと兵隊の数が少ないぞ、とても30万人には見えないぞ、燃やしたスピットファイアはハリボテ感満載、エンジンがないじゃないか、などと文句つけながらもお話しは良かったね、いい映画でしたとクダを巻くのでした。
 やがて痛みもひいて予定よりも遅れてふたたび木曽秘密基地の人となって一週間強、日々寒くなってきました。扇風機はしまった、電気ヒータースイッチオン。とは云っても日によっては最高と最低の気温差が20度ほどもあって汗ばんだりしてアイスカフェオレがおいしい。こちらはこちらでやるべき事があるので、せっかくの秋晴れのバイク乗りもしばしおあずけではありますが、来るべき将来に備えてこんなものを通販で買っちゃったりしています。

blog20171005_a

 はたして活躍するときはいつ訪れるのか?役にたつのか?期待と不安にふるえる心持ちがいっぱい。使い方を練習しなきゃね。

 さて秋の夜は冷える。例によって鍋の登場ですが、たまには違うもんをということでここ山のなかの町でも手に入るサンマを食す。日本の流通よありがとうございます。実はサンマ焼くのは初挑戦。網やグリルは自信がないのでフライパンでやる。

blog20171005_b

 うまく焼けました。今日の料理ビギナーズよこちらもありがとう。ご飯食べすぎちゃったよ。

 そんな楽しい夕げのお供には映画も観る。最近安くなってるブルーレイを買う。航空機映画も捨て難いものがありまするが、なぜかこういうのになってしまった。

blog20171005_c

 とっても小さい微生物から始まり、細胞サイズで闘うならばちっちゃな潜水艇、つぎはでっかい潜水艦とミクロからマクロへと連想ゲームのような選択にわれながら感心するものであります。

 秋の夜長は食べて呑んでるだけじゃあありません。十五夜は雲が多かったけど顔を出した月をファインダーに捉えたのでした。あ、いや、モニター使ったんだった。

blog20171005_d

 なんと今回よりカメラが変わりました。これまで使ってたカメラは3台まとめてソフマップにて売っぱらい、数千円のもうけも費用に加えて二年落ちながら後継品がないのでまだまだ現行でがんばってる製品にと買い換え。決め手は防塵、防滴。やっぱモトクロス場ではそのほうがええよねえ、と思う。

blog20171005_e

 メーカー変わってまだまだとまどっていますが、そのうちなんとかなるでしょう。

 なんだ買い物日記だ。

はなびみこしなべ

 例年どおり22日23日はお祭りです。
 花火をみるためにGrasserさんがおいでになりました。どうぞ花火大会をご堪能ください。ゆうげにはワタシが鶏肉をお見舞いしてやりますよ。お覚悟めされい。
 早起きGrasserさんは午前10時には木曽に到着。というわけで、ゆうげのチキンのみならず昼食のマルタイラーメンをもお見舞いし、夕方はやくから秘密基地で飲み始め花火の打ち上がる音を待ち続けます。
 いいかげん気持ちよくなったところで、さあ、来たぞ!と花火見物にお出かけです。
 今年は商店街から見物します。もちろん夜店も出てるのでつまみゲットも目的です。街中から花火を見上げるのは初めてなのでなかなか新鮮です。とうぜん持ってきたカメラにも働いてもらいましょう。

 唐揚げ手に入れてさらに飲み続け日付も変わりました。

 翌日は朝から雨模様。
 Grasserさんは午前中に木曽を出発してお帰りです。今年もたらふく飲んで食べましたねえ。またおいでください。お土産ありがとうございました。

 日中は雨が降り続け、前夜の飲酒量をかんがみて秘密基地で静かに過ごしました。二日目の本番は夜だしね。
 なので、のんびりと夕方窓際の涼しい風を受けながら読書しているとけっこう肌寒くなっちゃった。今夜は鍋にしよう!と固く決意するのでした。

 とっぷりと日も落ちて、ゆうげの下ごしらえもすませ、お出かけです。雨もあがりました。
 いつものように御輿をまくって(転がして)ます。

blog20170724_f

 ときならぬ群衆とまくられた御輿から発する轟音、闇を切り裂くフラッシュの閃光による安眠妨害に団体抗議する電線つばめ群。

blog20170724_g

 歩き疲れたんで撤収。風呂へ一直線しましたら、はい、鍋です。
 で、こういうのを観る。

blog20170724_h

 平忠彦〜!
 しかし、さすがにタイトルカットは草刈さん本人が乗ってるのでありましょう。
 このころの角川映画は懐かしいんだけど、観てるとなんだか気恥ずかしくなってしまいますねえ、いろいろと。
 そういうとき、この映画にかんしては、♩ばり〜は〜!ばり〜は〜!とひらがなで主題歌を頭の中で歌えば、コーナーを攻める原付カブの映像が浮かんできて恥ずかしさを軽減できたりします。