お礼かたがた木曽日記

 まずはいろいろとご連絡をいただいた方々、ありがとうございました。大丈夫です。元気に生きてますよ〜。

 日曜の朝、ドーンと来てびっくりして目が覚めました。揺れよりも衝撃でしたね。
 木曽町は震度5と発表されてましたが、秘密基地あたりはそれほどでもなかったような気がします。ほら、木曽町って広いから。地図見るよろし。それに揺れ自体はほんの数秒だったし、なにも倒れなかった、なにも崩れなかったのであります。
 地震のメカニズムは知らないのでよく分かりませぬが、震源が近いせいなのか余震も前触れなくいきなりドーンと衝撃が来るんだよなあ。で、やっぱり、揺れ時間は短い。
 その晩は、一応、危機管理的に個人的防災のためにひとり炊き出しでカレーを作りました。
 ウソです。
 前日から材料を用意してありました。カレー食べたかったから日曜はカレーと事前に決めていたのです。休肝日をつくれといわれてたし。うまかった。自画自賛。食べ過ぎた。太る。そして今日の昼は残ったカレーでカレーうどんにする。計画通りである。
 あとは余震がなくなっていくのを待つのみ。熊本みたいにあれは前震でした、本震はこれからです。なんてのは嫌だなあ。
 されど、今宵は軽く呑もうかね。
 ま、そんなところです。普段の生活にちょっとだけの警戒心をまぶしてすごしてますよ。

 で、さて、ご存知の方もいらっしゃいますが、木曽では衛星放送に加入しています。トーキョーでは入ってないんだけど。すると映画がいっぱい観られる。秘密基地シーズンはレコーダーへのコンセントのブレーカー落とさず予備電源入れっぱなしでトーキョーに帰ってるさいもせっせと録画してくれてます。そんなわけで映画観るのに忙しい。見ないと次を録画できない。まずはインターミッションのある長い映画を片付けていく。
 なんといっても「グレートレース」なのですよ。VHSテープなら持ってるけど、何度でも観るのです。できれば欽也さんと太一郎さんの吹き替えで観たいけど無理なのかなあ。
「80日間世界一周」も観る。兼高かおる世界の旅なのである。
 インターミッションのない西部劇も観る。
 映画だけじゃない「シャーロック」も観る。ああ、忙しい。
 そして今日は「炎の人ゴッホ」を録画予約中。う〜む、観るのは何十年ぶりでありましょうか。耳が、耳があ!
 ゴーギャンも出てます。うろ覚え。

 木曽に来る前には当然「あなたの人生の物語」(メッセージともいう)をトーキョーで観てきた。ディスクが出たら買わねばならないであろう。難点はパンフレット。ああいうのは本棚に並べにくいんだよなあ。ひっかけて破きそう。星空でごまかすのもなんだかなあ。そういう映画じゃないよ。

まめに豆を食べる

blog20170606_a

 木曽の道の駅へ食べられる虫を買いに行ったりもしていますが、そんなこととは関係なく秘密基地の夜はけっこう冷える日々が続いたのでした。ある夜の温度計は摂氏7度を指し示していました。そんなわけで毎夜の鍋がかかせません。
 そしてそんなときには、今がおいしいらしい「そら豆」もいただくのです。
第一日

blog20170606_b
第二日

blog20170606_c
第三日

blog20170606_d
第四日

blog20170606_e
 夜ごと腹がふくれるのです。
 今夜は一回休みで明日の夜また食べようと思います。

 昨日テレビで「トップガン」をやっていました。そういうことなら仕方ありません。今夜は「ホットショット」を観よう。トップガンは持ってないけどホットショットならDVDがあるのだ。

遥かなる秘密基地

 ついに成し遂げました。
 トーキョーから木曽まで260kmあまりをなんとクルマで、ひとりで、運転し走破することに成功しました。よくやったワタシ。抜かれることはあっても抜くことはなし、ブレーキ践まされることはあってもブレーキ践ませることはなし、多分。制限速度で淡々と走る高速道路を予定より若干の遅れで通過するも結局全行程に8時間以上もかかってしまったのは、ゴールまで残すはあと数キロというところで交通事故による一時通行止めで足止めされてしまったから。前後を大型トラックにはさまれエンジンも止めて何キロもある細長い駐車場と化した国道19号で通行止め解除を待ち続けるのは、長い2時間半でありました。退屈のあまり電話したりしてしまいます。

 秘密基地到着が遅くなっちゃってけっこう疲れたので、今夜はもう料理しないぞ!とスーパーに行きますとまだお一人様用アルミ鍋を売ってる。よしよし、そんなこともあろうかとトーキョーから使いかけのカセットガスを持ってきたのだ。素晴らしきかな先見の明。増税前日のビール(第三のビールではない)も抜かりなく購入してご機嫌になるのでした。

 しかし、翌朝。荷物のなかに不足があることに気付き、自宅に電話すると「玄関にあるよ」
 送ってもらうことにしました。いったいなんのためにクルマで移動したんだか。

 そして、もちろん、国道19号には迂回路が存在した。大型トラックは無理だけど普通車以下なら通行可。横道に舵を切る地元ナンバーについていけばよかった。

日本の経験豊富なひとたち

 最高齢は79歳だったらしいです。
 数年ぶりにジャパン・ベテランズ・モトクロス(ジャパンVET)を見に行きましたよ。前回はいつだ?過去のエントリーによるとですね〜、過去記事リンク。6年前でありました。
 むむ、当時は自転車で行っとるではないか。今回は自動車じゃ。これは進化か?退化か?しかしながら帰途に予報にない雨に遭遇したことを考慮するとクルマは正解でありました。ワイパー操作に戸惑ってしまったけれど。

Blog20170508_aBlog20170508_b

 こちらの動画をどうぞ。
 2ストロークエンジン愛好者によるビィーンビィーンな排気音をお楽しみください。

 100番さんと150番j1さんが出てる別のクラスはこちらのふたつ。

 もちろん古い人間だけじゃなく、古いバイクも走ってます。

 というわけで、二週続けてホコリまみれになってきました。日焼けもしたぞ。

おまけの木曽日記

Blog20170508_g

 五月二日から五日にかけて木曽秘密基地に滞在してきました。運転助っ人の休みに合わせて行きも帰りも高速道路運転させて、帰りの五日は渋滞さけて大月で一般道におりて下道も運転させてあげました。うちは遠かったよ〜。
 木曽ではついにリスをファインダーに捉えたのでした。
 ほら、よーく見ると写ってるでしょ。

Blog20170508_h

 そして、ワタシも少しは運転練習したのでした。中央道を伊那から諏訪南まで往復。下りの坂道は怖いよ〜〜。つい、のけぞり気味になってしまうのであった。

まだ鍋なのです

blog20170427_a

 スーパーでひとりアルミ鍋を買います。夜はまだ寒いのです。電気ヒーターも赤く輝いているのです。寝るときは毛布も使います。到着したその日、いつもより早めの風呂上りにテレビをつけると狩人が♪8時ちょうどのあずさ2号で〜〜、と唄っています。つい、一緒に口ずさんだりしました。2号じゃないけど8時ちょうどのあずさに乗車したのは間違いないからです。
 というわけで、本年も木曽秘密基地へとやってきたのです。
 桜も満開で出迎えてくれています。

 ちょっとした山の上にある関山公園の八重桜は今年はまだでした。

blog20170427_e

 来週かな。五月の連休あたりに期待しましょう。

 今回は短期滞在。LPガスつけてもらって、水道確認などなど。一部凍結被害らしきものありましたが基本的に異常なし。今年の山ごもりも楽しみましょう。

 さて、そんなまだまだ朝晩寒い木曽にいますとトーキョーから連絡あり。
 熊本市在住の熊本城復興城主からスイカが届いた!
 ええ!もう?そんなに早かったかなあ。いったい今の季節はなんなんだあ。日本って南北に長いよなあ、と感慨にもふけようというものです。
 復興城主にお礼の電話をする、そんなワタシも恥ずかしながらじつは復興城主。

blog20170427_f

 城主手形を使う機会はいつ訪れるのか?熊本の芳名録には我が名もあるはずですが、まだ見たことないです、ハイ。