はなびみこしなべ

 例年どおり22日23日はお祭りです。
 花火をみるためにGrasserさんがおいでになりました。どうぞ花火大会をご堪能ください。ゆうげにはワタシが鶏肉をお見舞いしてやりますよ。お覚悟めされい。
 早起きGrasserさんは午前10時には木曽に到着。というわけで、ゆうげのチキンのみならず昼食のマルタイラーメンをもお見舞いし、夕方はやくから秘密基地で飲み始め花火の打ち上がる音を待ち続けます。
 いいかげん気持ちよくなったところで、さあ、来たぞ!と花火見物にお出かけです。
 今年は商店街から見物します。もちろん夜店も出てるのでつまみゲットも目的です。街中から花火を見上げるのは初めてなのでなかなか新鮮です。とうぜん持ってきたカメラにも働いてもらいましょう。

 唐揚げ手に入れてさらに飲み続け日付も変わりました。

 翌日は朝から雨模様。
 Grasserさんは午前中に木曽を出発してお帰りです。今年もたらふく飲んで食べましたねえ。またおいでください。お土産ありがとうございました。

 日中は雨が降り続け、前夜の飲酒量をかんがみて秘密基地で静かに過ごしました。二日目の本番は夜だしね。
 なので、のんびりと夕方窓際の涼しい風を受けながら読書しているとけっこう肌寒くなっちゃった。今夜は鍋にしよう!と固く決意するのでした。

 とっぷりと日も落ちて、ゆうげの下ごしらえもすませ、お出かけです。雨もあがりました。
 いつものように御輿をまくって(転がして)ます。

blog20170724_f

 ときならぬ群衆とまくられた御輿から発する轟音、闇を切り裂くフラッシュの閃光による安眠妨害に団体抗議する電線つばめ群。

blog20170724_g

 歩き疲れたんで撤収。風呂へ一直線しましたら、はい、鍋です。
 で、こういうのを観る。

blog20170724_h

 平忠彦〜!
 しかし、さすがにタイトルカットは草刈さん本人が乗ってるのでありましょう。
 このころの角川映画は懐かしいんだけど、観てるとなんだか気恥ずかしくなってしまいますねえ、いろいろと。
 そういうとき、この映画にかんしては、♩ばり〜は〜!ばり〜は〜!とひらがなで主題歌を頭の中で歌えば、コーナーを攻める原付カブの映像が浮かんできて恥ずかしさを軽減できたりします。

バイク積んだら収穫

blog20170717_a

 先日、三連休の初日土曜日に渋滞に巻き込まれながら、やっと修理終わったKDXを積んで予定より1時間半の遅れで木曽の秘密基地へとやってきました。
 さあ、木曽で慣らし運転だぜえ。登坂車線のある道は避けるぜい。開田高原にはしばらく行かないぜえ。修理のついでにフットペグをワイドタイプに交換したぜい。

blog20170717_b 
 しばらくバイク情報に疎くなっていた十数年のあいだにKDX用が出ていた。知らんかったよ。しかし、取り寄せてみるとRM85用と共通だった。そうかー、RMだったかあ。KX85用なら使えるかなと考えたことはあるけど、RMとは。気づかんかったよ。
 慣らしが終わったら色々走りましょう、例年のように。
 ところで、最近また「ガルル」を買ってるんだけど、最新号で紹介されてた林道にもいづれ気が向いたら行ってみよう。しかしあの紹介はおかしいなあ。「木曽・開田・下呂」の林道って見出しってるんだけど、あそこは高山と加子母じゃないの。まあ、加子母は隣だからぎりぎり下呂ってことだろうけど、木曽と開田の林道は全然載ってないぞお。高山は飛騨だろう。開田から峠の向こうじゃないか。ま、秘密基地からもそんなに遠くはないから行こうかなって気にもなるんだけど、違和感あふるる紹介であった。

 さてさて、おーたかぞー農園も初収穫のときです。
 十日余りトーキョーに戻ってる間に今月初めには気配もなかった実りが大きく結実しています。

blog20170717_c

「福耳」とかいうとうがらし。

blog20170717_d

 巨大です。どうしてくれよう。

 今夜の献立の買い物はこうなんだよなあ。

blog20170717_e

 とうがらしに出番はあるのか?とりあえず焼いて食うか?

お礼かたがた木曽日記

 まずはいろいろとご連絡をいただいた方々、ありがとうございました。大丈夫です。元気に生きてますよ〜。

 日曜の朝、ドーンと来てびっくりして目が覚めました。揺れよりも衝撃でしたね。
 木曽町は震度5と発表されてましたが、秘密基地あたりはそれほどでもなかったような気がします。ほら、木曽町って広いから。地図見るよろし。それに揺れ自体はほんの数秒だったし、なにも倒れなかった、なにも崩れなかったのであります。
 地震のメカニズムは知らないのでよく分かりませぬが、震源が近いせいなのか余震も前触れなくいきなりドーンと衝撃が来るんだよなあ。で、やっぱり、揺れ時間は短い。
 その晩は、一応、危機管理的に個人的防災のためにひとり炊き出しでカレーを作りました。
 ウソです。
 前日から材料を用意してありました。カレー食べたかったから日曜はカレーと事前に決めていたのです。休肝日をつくれといわれてたし。うまかった。自画自賛。食べ過ぎた。太る。そして今日の昼は残ったカレーでカレーうどんにする。計画通りである。
 あとは余震がなくなっていくのを待つのみ。熊本みたいにあれは前震でした、本震はこれからです。なんてのは嫌だなあ。
 されど、今宵は軽く呑もうかね。
 ま、そんなところです。普段の生活にちょっとだけの警戒心をまぶしてすごしてますよ。

 で、さて、ご存知の方もいらっしゃいますが、木曽では衛星放送に加入しています。トーキョーでは入ってないんだけど。すると映画がいっぱい観られる。秘密基地シーズンはレコーダーへのコンセントのブレーカー落とさず予備電源入れっぱなしでトーキョーに帰ってるさいもせっせと録画してくれてます。そんなわけで映画観るのに忙しい。見ないと次を録画できない。まずはインターミッションのある長い映画を片付けていく。
 なんといっても「グレートレース」なのですよ。VHSテープなら持ってるけど、何度でも観るのです。できれば欽也さんと太一郎さんの吹き替えで観たいけど無理なのかなあ。
「80日間世界一周」も観る。兼高かおる世界の旅なのである。
 インターミッションのない西部劇も観る。
 映画だけじゃない「シャーロック」も観る。ああ、忙しい。
 そして今日は「炎の人ゴッホ」を録画予約中。う〜む、観るのは何十年ぶりでありましょうか。耳が、耳があ!
 ゴーギャンも出てます。うろ覚え。

 木曽に来る前には当然「あなたの人生の物語」(メッセージともいう)をトーキョーで観てきた。ディスクが出たら買わねばならないであろう。難点はパンフレット。ああいうのは本棚に並べにくいんだよなあ。ひっかけて破きそう。星空でごまかすのもなんだかなあ。そういう映画じゃないよ。

まめに豆を食べる

blog20170606_a

 木曽の道の駅へ食べられる虫を買いに行ったりもしていますが、そんなこととは関係なく秘密基地の夜はけっこう冷える日々が続いたのでした。ある夜の温度計は摂氏7度を指し示していました。そんなわけで毎夜の鍋がかかせません。
 そしてそんなときには、今がおいしいらしい「そら豆」もいただくのです。
第一日

blog20170606_b
第二日

blog20170606_c
第三日

blog20170606_d
第四日

blog20170606_e
 夜ごと腹がふくれるのです。
 今夜は一回休みで明日の夜また食べようと思います。

 昨日テレビで「トップガン」をやっていました。そういうことなら仕方ありません。今夜は「ホットショット」を観よう。トップガンは持ってないけどホットショットならDVDがあるのだ。

遥かなる秘密基地

 ついに成し遂げました。
 トーキョーから木曽まで260kmあまりをなんとクルマで、ひとりで、運転し走破することに成功しました。よくやったワタシ。抜かれることはあっても抜くことはなし、ブレーキ践まされることはあってもブレーキ践ませることはなし、多分。制限速度で淡々と走る高速道路を予定より若干の遅れで通過するも結局全行程に8時間以上もかかってしまったのは、ゴールまで残すはあと数キロというところで交通事故による一時通行止めで足止めされてしまったから。前後を大型トラックにはさまれエンジンも止めて何キロもある細長い駐車場と化した国道19号で通行止め解除を待ち続けるのは、長い2時間半でありました。退屈のあまり電話したりしてしまいます。

 秘密基地到着が遅くなっちゃってけっこう疲れたので、今夜はもう料理しないぞ!とスーパーに行きますとまだお一人様用アルミ鍋を売ってる。よしよし、そんなこともあろうかとトーキョーから使いかけのカセットガスを持ってきたのだ。素晴らしきかな先見の明。増税前日のビール(第三のビールではない)も抜かりなく購入してご機嫌になるのでした。

 しかし、翌朝。荷物のなかに不足があることに気付き、自宅に電話すると「玄関にあるよ」
 送ってもらうことにしました。いったいなんのためにクルマで移動したんだか。

 そして、もちろん、国道19号には迂回路が存在した。大型トラックは無理だけど普通車以下なら通行可。横道に舵を切る地元ナンバーについていけばよかった。