ワタシが寝てる間に

 木曽に3Dプリンターを持ってきてるので、とりあえず空いてる場所にセッティングして簡単に動作確認します。ちいさい直方体(モノリスではない)をテストプリントしてみて大丈夫だったので、かねてより用意していたデータを読み込ませます。

 なぜか真夜中の0時すぎに印刷開始。ワタシはも少し呑みます。

blog20190622_a

 さらに夜は更けて1時すぎ。ワタシはもう床について布団読書します。

blog20190622_b

 おはようございます。起きました。
 朝8時45分にはこんな状態です。

blog20190622_c

 12時前、お昼食べます。

blog20190622_d

 13時すぎ、あと少し。

blog20190622_e

 13時30分、目を離してたらできてた。

blog20190622_fblog20190622_g

 サポートがぐちゃぐちゃになってますなあ。あちこちで糸引いてるし、積層段差も強く自己主張してます。こんなに大きいのは初めてだったし、こんなものなのかな?もちっと設定を工夫したり、機械の調整すればもっと綺麗になるかな。今後の研究テーマができました。ともあれ、今回の目的にはこれで充分なので良しとしましょう。

目的その1
 1/12のバイク模型と並べたい。よってプリントしてみてそれっぽい大きさを探りたい。わざわざ立体にしなくても図面を紙に印刷してもいいじゃん、とも思いますが、やっぱり立体にしたいぞ。手段があるんだ。21世紀だ。立体じゃないとわからないことだってある。なによりやりたいんだ。
 そのために分割されていた各部品をすべて一体化して組み立ての手間を省き、150mm四方の造形テーブルに対角線に配置してできるだけ大きくプリントする。全長150mmでは1/12には小さすぎるのは図面上わかっていたので。
 で、手持ちの1/12カワサキKLX250と比較検討する。
 と、あああああ、KLXのハンドルが折れたあ。なんたること。まいった、いっそアルミハンドルにでも交換か。どっかで1/12のレンサル売ってないかなあ、プロテーパーでもいいけど。あ〜あ。写真撮影はごまかそう。ライトサイクルはサポート除去して軽くサーファイサー吹くと積層段差の自己主張が最大になったよ。
 で、比較写真。

blog20190622_hblog20190622_i

 ちと小さいなあ。もうひとまわり大きくしたいなあ。人が乗ってるようには思えない。1/12の人形でも持ってればよかった。なにか安くていいのがあったら買おうかな。

目的その2
 昨年作ったモデルから変更してるので、その確認。はたして良くなってるのか否か。
 昨年とほとんど同じ大きさのデータも作成してプリント、昨年のモデルと比較。
 右が新モデル。左が昨年旧モデル。

blog20190622_j

 ありゃあ、ぱっと見はほとんど同じだねえ。けっこう変えたつもりだったのに。新モデルはボディ背中の曲面の円弧の半径を小さくして位置を上方に移動して全高を若干高く、ホイールベースもやや短縮、旧モデルの平べったさから、ややずんぐり方向へフォルムの変化を目指したんだけど、言われなきゃわからんでしょ。コンピューターの画面ではかなりの変化に見えたんだけど立体にするとそうでもないねえ。
 まあ、ぱっと見は同じでも、よく見れば違いはわかるのでこれはこれでいいや。

 さて、立体にしたことで、フォルムの変更とは別に改善点もいくつか見つかったので、そこんとこを修正変更して、さらに本番では一体化せずにデータ作成時とは異なるプリント用の各部分割するのでその分割方法の検討が必要、とくにでかいサイズはどうやっても150mmx150mmx150mmの造形スペースに収まらないので、どう分割するか悩みどころ。さらにサポートを最小限にする積層方向(いや、ほんとサポートはめんどせえ)にしましょう。ど真ん中でまっぷたつにして、もなかにして、たいらにセットすることになるね。昨年と同じだね。

 しかし、自宅にすぐ使える3Dプリンターあるのはいいねえ。今回のだって昨年みたいに業者に頼んでたらいったいいくらかかったやら。時間も数週間かかるし。たしかに精度は若干低くなるけど。それよりすぐに結果が見られるメリットのほうが大きい。まずいとこ見つけたら途中で中止だってできる。こんなんが6〜7万円の機械でできるんだよなあ。樹脂は買わなきゃいけないけれど、機械を安くして樹脂をいっぱい買わせる、すでにかつてのインクジェットプリンター状態になってる3Dプリンター。それもまた、あな、楽しからずや。

樹脂をすがたに、一、二と重ねよ

 もちろん、一、二ですむはずもなく実際は何十、何百とレイヤーを重ねるんだけど、思いついちゃったら仕方がありませんのでコードウェイナー・スミスごっこは避けようがなく、非難は受け付けません。

 で、我が家でも立体印刷機が稼働を始めました。機種はFLASHFORGEのAdventurer3です。
 買ったのはずいぶん前。昨年の七月には入手しておったのですが、諸々の事情が重なり梱包を解かずに九ヶ月もほっぽかれていたのでした。ネット上で同じ機種を楽しんでらっしゃる多数の方々を眺めて羨ましがるのももう終わりです。
 まずはお部屋の模様替えからです。子供部屋を大掃除して不要品は大処分。お父さんの秘密基地へと変貌を遂げました。

Blog20190409_a

 少しづつやって一ヶ月ほどかかっちゃったよ。
 3Dプリンターも設置です。

Blog20190409_b

 まずは「縄文オープンソースプロジェクト」さんから火焔土器のstlファイルをダウンロードしてじゃかじゃかプリントします。

Blog20190409_c

 よくみると脱線してるとこもあるけど、このくらいならサポートなしでもいけるのでした。

Blog20190409_d

 続いては「国土地理院」さんより「黒部峡谷とダム」および「阿蘇山」
「黒部峡谷とダム」は、おおよそ3.9km四方の範囲を100mm四方に収めてあるので、約3万9千分の1。人間を配置するのは不可能なので登山家はいない。「トローリー!」

Blog20190409_e

「阿蘇山」は、32.8km四方を121mm四方へで約27万分の1。細かい誤差は気にしませんよ。これ、計算すな。草千里に馬は見えない。米塚はどこ?あれかなあ。自信なし。

Blog20190409_f

 ここで少し問題が発生していたのでした。
 国土地理院さんのstlデータはFLASHFORGEの純正スライスソフトのFlashPrintとどうも相性が悪くて開くのに難儀したり、開いても一切操作を受け付けなかったり、最悪MacOSごとクラッシュしたりで使えんかったのです。しかし、他のソフトでは問題なく開くので、そちらで開いて何も変更せずにあらためてstlファイルを書き出すと、FlashPrintに素直に読み込めるのでした。ワタシはPhotoshop、あるいはAUT0DESKのMeshmixerを使いました。一手間増えてちょっと残念。

 実用品もプリントする。

Blog20190409_g

 部屋の片付けのさいに外れて紛失したらしい、ワゴンの継ぎ部品。横に写ってる物体はプリントの最中に土台となるラフト。取り外して処分です。こちらはFusion360でささっと作って(うそ、使い方忘れててあせった)ちょちょっとプリントして大成功。(うそ、ちょっとゆるかった)

Blog20190409_h

 とりあえず一通りの使い方はわかったので、これからはいろいろパラメータをいじったり、違う樹脂を試したり(ABSのフィラメントはもう買ってある)、遊びましょうねえ。今回は全て標準設定の積層ピッチ0.18mmでプリントしてあります。フィラメントも購入のさいにおまけでついてくる赤のPLA樹脂です。0.05mmもやってみたいねえ。時間かかるねえ。

 AUT0DESKのMeshmixerはstlファイルを直接編集できるので助かるんだけど、まだ使い方の作法がよくわからないあるよ。そのうち慣れるであろう。といいつつも、でも、なんだ、「ZBrush」も欲しくなるねえ。安い方でいいからさあ。欲しい。買って。お願い。

いつのまにか隔月刊化してるけどなんか書く

 今年、2018年は40周年、50周年、はたまた150年だとか云われておりますが、残すところひと月弱。ワタシも40周年事業をチマチマと執り行いました。

 40年前の1978年といえばサザンデビューの年です。ベストテン世代としては外せません。
 iTunesには数多のサザン曲がデータ化されiPhoneにも同期されているのですが、初期のもの(1980年代半ばあたりまで)は、LPやらドーナツ盤やらのレコードから自ら手間暇かけて録音したものばかり。
 やっぱ、音が少しこもってるんですね。そこでここで一念発起。CDで買い直し、あらためてiTunesに取り込みなおす、という大事業に挑みました。

Blog20181203_a

 はぁ〜、終わった終わった。
 40年という歳月はかような経済活動も可能にしました。10年や20年では不可能だったでしょう。
 では、その他の経済活動もご紹介しましょう。

 ちょっと前にこんなもんも手に入れました。なんかしらんけど、いつのまにかポイントがスゲー貯まってた。足りない分2000円ほどで入手です。

Blog20181203_b

 Amazon prime videoで無料の映画やTV番組を観まくってます。素晴らしいの、ほどほどの、時間の無駄なの、楽しいの、つまんないの、くだらないの。こりゃあ時間泥棒だね、気をつけよう。

 そんななかでも市販ディスクも買ってしまって、ますます時間がなくなる。

Blog20181203_c

「モリのいる場所」
 熊谷守一展覧会も行ったし、映画館で観るつもりだったけど見逃しちゃった。ブルーレイを店頭で見つけたとき運悪く財布の中身が充実してたので、つい手に取りレジに向かってしまった。変な映画だったねえ。監督は沖田修一であったか。そうかあ、なるほどお、などとわかってる風を装う。おもろいからまた観よう。
 なんだ、Amazonにレンタルがあった。
「真珠湾攻撃」
 これは知らんかったよ。偶然どっかのサイトで知りました。
 例年この時期はトラ・トラ・トラ!を観ることが多いけど今年はこれ。
 ジョン・フォードだねえ、共同監督で。当時のハワイの日系人社会が描かれていて興味深い。日本語のイントネーション変だけど。戦争中の公開では日系人の話はカットされて戦闘場面だけで上映されたとしても、戦時中にこういうの撮影してたってのはすごい。
 画質は悪い。

 そしてアレはとうの昔に出来上がっていました。

Blog20181203_d

 立体になってるのを、おちついて良く見るとなんか違う。
 Ver.2を作成じゃ。来年。

二輪そば二輪大英帝国二輪

「誰だ!こんな設計したのは!誰だ!こんな部品配置を選んだのは!なっとらん」
 すいませんすいません、みんなワタシ城主おーたが悪いのです。プラモデルみたいにするとかっちょええんでないかいな、それに高さを抑えたほうが出力費用が安いしぃ。
「おかげで積層跡の除去がめんどくせーぞ、ばかたれ」
 ひいいい、おゆるしください。

 そんな風に自らの罵倒に自ら謝罪をくりかえす自業自得な作業を強いられているのは、コレの続きです。とっくの昔、四月にはモノは届いておったのですが、ひと目確認しただけでしまいこまれていた電脳二輪車を数か月ぶりにダンボール箱から取り出し組み立てはじめました。

 こんな形で届きます。

blog20180814_a

 サポート材がびっしり。4セットあるのは4色揃えたいから。

 サポートむしりとり完了。

blog20180814_b

 さて、先日「サラメシ」を観ましたならば、おいしそうな昼飯が。さっそく真似するのは納豆そば。でけた。

blog20180814_c

 めんつゆ加えて混ぜた。左右往復100回。

blog20180814_d

 うまかった。また作ろう。

 とりあえず、一個作り始め。

blog20180814_e

 スタンドを透明にしたいばっかりに透明樹脂を選んだけど、透明だと積層跡などいろいろよく見えないのでサーフェイサー吹きまくり。電飾は?はいはい、考えましたよ。ちょっとだけ。ちょっとだけだってば。組み始めて一瞬で脳裏から消え去るくらいちょっとだけ。

 ところで、最近こんなん買いました。

blog20180814_f

 夜な夜なといっても毎晩ではないけれど、呑みながら鑑賞中。「サンダーボール作戦」まで来た。あとふたつ。ロジャー・ムーアはどーしよーかなー。
 イギリスつながりでこんなんも買ってしまった。

blog20180814_g

 ベトナム縦断バイク旅なんてあったんだ。知らんかったよ。これはある意味はずせませぬ。鑑賞は義務である。あいやあ、既視感のある風景、懐かしい地名、リゾート、豪雨、カブ!やっぱ荷物つむんか。堪能しました。イギリスのほうが北海道より予算が多そうである。さすが007の国。

 その後七転八倒右往左往魑魅魍魎悪霊退散一球入魂人生一路のすえ、ここまできました。

blog20180814_h

 サーフェイサーちょっと厚塗りである。後輪からのびる壁のことを聞いてはいけない。アレは取り付け方法をなんも考えてなかった。
 こりゃあ、4個作るのは大変である。あと三回くりかえすのはいやだ。さいわい、知り合いが三人いる。やつらに作らせよう。城主より配下のものどもへ。作れ。勅命である。よし、これで安心。

 今回の電脳二輪車はちょっと小さい。もちっと大きいのが欲しいのお、二倍くらいの大きさで。そのさいは部品分割も変更しよう。今のは塗りにくい。もうランナーもどきなんてやめやめ。アンダーゲートもやんないぞ。

電脳空間の二輪車と実在の飛行機

 ライトサイクルはあらためて形状見直しで3Dデータにいろいろ変更修正へと手を加えていました。

Blog20180406_aBlog20180406_b

 上、前回3Dプリントした形状。下、手を加えた現在の形状。

 良くなってる。近づいてる。そうに違いない。実際の正確な形状知らんわりには、なかなかではないかいなと久しぶりの自画自賛。
 前回のデータではどうしてもうまくできんかったところにスプライン曲線を使ったけど、新しいデータからは排除して、円・楕円・円弧・直線の組み合わせの線画から押し出しや回転体をつくり、一部にはブーリアンして組み合わせだけで作成。(できた回転体を潰すのはやった。ああ、フィレットもね)
 35年も前の映画製作当時どんな技術が使えたのか知らないけど、基本的な形状の組み合わせだけであのフォルムを作り出しているのは画面から見て取れるので、できる限りそうしてみたのでした。うまくやればプリミティブだけで作れるね、きっと。

 というわけで、形状データが更新できたので3Dプリントを注文しましょう。しかも前回よりもやや大きく、しかし懐具合も大切なので大きすぎない寸法で。ライトサイクル全長72ミリメートルに決定。
 プリント用にさらに手を加えて、ついでに分割もしちゃったりしてデータをアップロードすると、「あそこもここも先細りすぎじゃあ、造形できんぞ」と出力屋さんからまたもお叱りのメールが。ありゃあ、またやってもーた。
 晩御飯も食べずにデータ修正に取り掛かり、尖りすぎてる形状にはことごとく小さな形状をプラスして鋭角な角をすべて鈍角に変更していきます。どうせプリント品の積層跡を消すのにやすりをかけるんだから大きな問題ではあるまいて。ふぇっふぇっふぇ。
 かくして、修正したデータをアップロードしたらば、すかさず、ひとっ風呂あびて、数時間遅れの晩御飯で泡飲料を大量消費する。今度のデータは大丈夫だよなあ。ドキドキ。

 そして、かねてより到着を待ちわびていた品物も遠い異国から届いたのでした。

Blog20180406_d

 いやあ、まったく知らんかったよ。プラモデルとして製品化されとったのかあ。何年も気づかんかったんだろうなあ、日本国内はどこも売り切れとるよ。しばし思案ののち、eBayのウクライナの店から取り寄せたのでした。メーカーもウクライナだしい。
 これでスペースシップ1のチェイス機もそろったぞ。いつの日か並べてみたいなあ。だが、そのう、なんだ、横にリンクもある架空飛行機工場の機体のなかに紛れ込ませても違和感ないぞ。いつの日かやってやろう。

 さらにそして。
 出力屋さんから「修正したデータならよかろう。これを出してあげよう、しばらく待て」と返事が来ました。
 さあ、これから待機の日々です。ワクワク。
 こういうのをプリントしてもらうの。

Blog20180406_c

 色の濃いところが尖ったとこをなんとかするために追加した物体X。と、出力用にパーツを一体化するための射出成型じゃないのにランナーもどき。裏側みるとわかるけどなんとアンダーゲートです。ライバルはタミヤ。