ガルルルルルルル

 隔月刊になってしまったときから怪しんではおりました。

Blog20190207

 やっぱりなあ、の「ガルル」最終号。
 毎号買ってたわけではないし、処分したり人にあげたりで手元にはもう残ってないけれど、創刊発進号から買ってた身としては残念であります。
 オフロード専門のバイク雑誌としては最古参です。レース一辺倒の記事ではなかったのが良かった。つい昨年も秋に訪れたJAXAのアンテナ近辺の林道が偶然にも紹介されていて、自分の走ったルートと見比べて、脇道にクルマで入んなくてよかった、と胸をなでおろしたもんです。
 とうとうガルルには名前載んなかったなあ。昔はエンデューロのリザルトをこまめに載せてくれたんだけど、上位数名しか載ってなかったし、その数名は言ってみれば天竺くらい遥か彼方に存在していた。(バックオフには載った。あそこは全リザルト載せたりしてたから。自分の名前見つけるとけっこううれしいのだ)

 さて、お気楽なオフロードバイク誌がなくなってしまったので、「rider」や「ダートスポーツ」読みながら、どっかの会社からガルルが復刊されるのを待ちましょう。
 廃刊ではなく休刊と言ってるしね。

宝物発見す

Blog20181228
 ある日、くらい引き出しの奥から総額数千円にものぼる図書券、未使用図書カードが発見されました。発見されてから使い所を悩みながら数ヶ月、使うなら今だ、と年の瀬せまるなか続々と発売される書籍、雑誌に費やしました。普段買ってる雑誌も含まれているのはおいといて、初めて買う雑誌、分厚いノンフィクション、読んだことないフィクション、頭沸騰しそうなハウツー本、行方不明本の再購入、発売を待ってた本。当然のことながら発見されたお宝だけでは賄えませんでしたがワタシはしあわせです。もちろんまだ拾い読みしかしてません。今は「七人のイブ」を読んでるから。まだまだ終わりません。積ん読の増加も加速しています。老眼も加速しています。

 ブルーレイ買ったんで、「2001年宇宙の旅」とタルコフスキーのほうの「ソラリス」を続けて観たら疲れました。また、Amazon Prime Videoもウォッチリストへの追加が増え続けています。積ん読ならぬ積ん観(ツンカン?ツンミ?)

芸術の冬は続く

 前回マッコールのことにちょこっと触れたら、それから頭から離れなくなってしまいましてインターネット検索して見つけちゃったのでした。三昼夜ほど時間をおき、あらためてネットに飛び込んでクリックしちゃった結果、2週間ほどのちには三冊の美術書を手にしていたのでした。

Blog20180213_a

 一冊は日本のネット美術古書店で、二冊はeBayのアメリカの古書店で。
 カバーの銀箔がすれちゃってるアシモフの文章つきの本が昔買えなかった本であります。(前エントリー参照)それなりに古い本なので(1974年)ちょっとした破れがあったり、2、3ページに小さく書き込みがあったけどそれもまた面白い。蔵書印ならぬ蔵書サインっぽいんだけど、アメリカから届いた本なのでなかなか読み取れないなあ。
 さて、そんな古い1974年の本の中をちょびっとのぞくと。

Blog20180213_b

 火星ロケットの想像図。なんかごく最近似たようなものを見たような気がする。はたしてロードスター積んでるや、いなや。

Blog20180213_c

 で、残りの二冊1982年と1992年の本では、このでっかい壁画。いつの日にかスミソニアンの博物館で観たいねえ。もし行けたら壁画だけじゃすまないけど。あれやこれやそれやで観るのに何日もかかりそう。
 この三冊は宇宙開発と未来がテーマになってるのでトラ・トラ・トラ!の絵が収録されてないのがちと残念だけど、贅沢は言うまい。余は満足じゃ。
 かくして、今は寝る前に夜ごと本を開いてご機嫌なのですよ。みなさんもマッコールのサイト「mccallstudios.com」(https://www.mccallstudios.com/)を見ましょう。ええよお。売りに出てる絵もあるから誰ぞワタシに買ってください。そんな奇特な人があらわれるまでワタシはジグソーパズルやってます。

Blog20180213_d

 ほら、「ROBERT McCALL」という名前の一部があるピースがここに。

Blog20180213_e

 何十年も前に入手したんだけど、なぜか箱が見つからない。完成形がわからないよ〜と嘆く必要なし。パズルになった絵は今回の本にあるから大丈夫。

食う読む観る食う読む食う

Blog20171222_a

 前日の鍋で残った鍋キューブを使い中華麺放り込みラーメンもどきをやってみた。
 いまいち。なにかが足りないねえ。

 模型雑誌を毎月買ったりはしないんだけど、モデルアート4ヶ月ぶんの資金を投じて別冊を買う。

Blog20171222_b

 この辺の塗装については40年ほども前に知ったことからそれほど進歩してませんので、うひゃあ、なにやら知らないことばかりずらずらと。読み通すにはまだまだかかりますわ。ところどころ訳文がこなれてないのは愛嬌です。例によって色の道は険しい。

 スターウォーズ・エピソード8を観る。
 長いなあ、まだ終わんないのぉ?とエンドクレジットが待ち遠しかったスターウォーズというものを体験できました。ばんばんカットして午後のロードショーサイズの90分くらいでどうだろ。
 それでもいいんだけど、自宅で呑みながら、テレビ画面で早送りやトイレ休憩の一時停止しながら観ると印象が変わるのは確かだよなあ。ま、ディスクが出るまでもう観ないであろう。

 外食で注文したことはありません。よって本物がどんな味だか存じ上げません。しかし食べたい。で、妄想してよく作ります。

Blog20171222_c

 生クリームは買ったことがないので、牛乳温めてバターとチーズを溶かしこみ、偽カルボナーラ。こってり。

 エルフだもん。

Blog20171222_d

 この手のバイクはビモータといいヴァイルスといいカウル取っ払った姿がかっちょいいよね。

 ラーメンはやっぱりマルタイだなあ。

Blog20171222_e

 高菜たっぷり。キャベツもね。ご飯おかわりはしなかった。

晩夏のことども

Blog20170912_a

 なんか漏れてるKDXはオイルポンプあたりが怪しい。
 漏れてるのは、ほんのちょっと微々たるものではありますが、エンジンオイルが垂れてるのは精神衛生上なんとも具合がよくありません。新品のシリンダー、ピストンを考えると心も痛みます。したがって、ここは財布の痛みも覚悟してバイク屋さんに診てもらいます。
 で、木曽秘密基地近辺、いや、もしかしたら木曽一帶、唯一のバイク屋「ナカムラmotor」目指して大桑村まで20数キロひとっ走り。しばらく預かってもらい点検修理にKDXを託しました。
 せっかく来たので、これもまた木曽唯一のオフロードコース「モトランドおおくわ」について尋ねますと残念なことに閉鎖中。むむう、KDXに乗れんあいだにYZ-F積んでって遊びに行こう計画を考えてたのになあ。
 もっとも、山奥にあるコースなんで、はたして無事にたどり着けるか疑問ではありますが。それに、ひとりで行くにはちと怖いよなあ。エンジン止めて静かになったら野生動物がわらわらと出現しそうだし。と、それほど未練もなく計画はあっさり消滅。まあ、そんなもんであります。

 バイクに乗れんあいだにも日常は淡々と過ぎていき、木曽町のイベントに陰ながら協力したり、テレビに出そこなったり、野菜を収穫したり、そういうものがあると知ってから何十年も経ってやっと読めたキャッシャー・オニール・シリーズだったり、

Blog20170912_b
見つけたくはなかった蜂の巣だったり、

Blog20170912_c
電車でトーキョーに戻ってすぐさま木曽へとんぼ返りしたり、

Blog20170912_d
駅弁食べたり、あな忙しや。

 そうそう、ここんとこ夏は戦争映画だ!と古いのをたてつづけに観まして、するとヨーロッパで戦うジープをむしょうに作りたくなってきました。1944年のヨーロッパ戦線のアメリカ軍というと第101空挺師団と442連隊しか知りませんがこのジープがそれの所属になるとは限らない。架空のマーキングでいいや。コンバット世代のおっさんたちよりワタシは若いぞと、ラット・パトロールにしようかと思案しつつも機銃の小ささに困惑してるドライバーの図。

Blog20170912_e
 あ、ラット・パトロールはアフリカだ。

 さらに夏も終わり用済みとなった季節ものもなんとか処遇を考えねばなりません。1944年という過去に旅したあとは2019年という未来に心を馳せましょう。いまだ世のクルマは飛び立つ気配も見せませんがね。2015年も飛ばなかったしい。
 水鉄砲としての使命は終わった。貴様を改造してやる。

Blog20170912_f
 水漏れはなはだしいブツでありましたが、一応は水鉄砲。それなりに接着されていて分解は難儀であった。手持ちのなかで一番薄いノコギリ(t=0.1mm)がペコンとなっちゃったよ。はやる気持ちを抑えて道具は丁寧に扱いましょう。

 やがてバイクの修理も終わり(オイルポンプは異常なし。オイルラインのチューブ交換ですみました。財布にやさしいのであった)喜び勇んで走り回ると、左側に気をつけろ!
 信号のある十字路交差点。ワタシの素早いブレーキ操作は事故を未然に防いだのでした。おーい左側から進入してきたクルマのオバチャン、信号見てなかっただろ。アンタのは赤。ワタシが青。我がバイクの数十センチ前を横切るオバチャンはこっちを全然見てない。
 あくる日山道を走行していると左側道端の藪から飛び出してきたのはイノシシ!。おお!クマにつづいてイノシシも目撃したぞ!あとはシカだけだ。などと喜んでいる場合ではない。我が進行方向を斜めに横切るイノシシに直撃していたら、こっちがやられるところであった。まだ成長しきっていない若い個体と思われるも、かの猛進をくらっていたらKDXなどひとたまりもない。フロントタイヤすれすれでやり過ごすことができたのは僥倖でありました。うまく当たれば猪鍋などと欲張りな想いを抱くことなど思い上がりもいいところ。
 蕎麦の畑でおいしそうな想像をすることならあります。

Blog20170912_g