水が出た

Blog20190919_a

 ふはははははは。おっきい電脳二輪車プリントしましたよ。おっきいだけあって、不具合もおっきい。積層のはがれ、段差もおっきい。

Blog20190919_bBlog20190919_c

 適当に手を入れて。

Blog20190919_d

 ABSなんで用心のため有機溶剤系の下塗りは避けて、初めて使うアクリジョンのベースカラーを筆でベタベタ厚塗りしたら、水研ぎの刑に処す。洗面器にためた水の中でシャリシャリ。蛇口からの流水にさらしてシャリシャリ。

Blog20190919_eBlog20190919_f

 おお、積層痕が木目のようだ。
 このあと、もう一回ベースカラーを今度はうすくコーティングするように塗って一皮膜を作る。そしたらサーフェイサーで下地を塗る。塗ろう。塗りたいなあ。塗りたかったなあ。
 しばらくお預けを食らうはめになっちゃった。

 3Dプリント模型の表面から水が滲み出てきちゃったよ。積層剥がれ埋め不十分な部分はもちろんのこと、目に見えない積層の隙間や、さらに隙間を通って模型内部にまで水が入りこんじゃったよ。模型を手にとって強く振ると、チャプチャプ音はしないけど水が出てくる出てくる。こらあ、乾くまで次の工程に進めんなあ。派手に水を使いすぎました。
 ちょっとでも乾燥を早めるために、組み立てたら見えなくなるところに穴を開けまくりました。

Blog20190919_g

 これで、二、三年たてば乾燥した立派な建材になるでしょう。

 暇になった。
 すると、smoke氏よりなにやら楽しそうなメールが届いたのです。
 で、さっそく、買い置きしたけれど、まだ使ったことのない金属粉入り銅色フィラメントのテストを兼ねて、プリント開始。

Blog20190919_h

 プリント途中は、なにやら80年代グチョグチョモンスターの趣きも感じられます。

 続きはドロオフで。

寄り道するは勝沼

 病院は整形外科しか行かないぜえ。などと、かつてはうそぶいていたワタシですが、それから十数年。そうも言ってられない状況が訪れ、今では毎日服用しなければならい薬もある、りっぱなおっさんになりました。そんなわけで定期的に診察、薬の処方と、かかりつけ医をたずねなかればなりません。今回そのために一時帰京したのですが、うまいぐあいにウイークエンドレーサーズのレースの日程がピタリと一致しましたので、東京から木曽への道中、クロスパーク勝沼というオフロードコースに寄り道しました。

blog20190902_a

 初めて訪れましたが、山の中にあって、木々を縫うようにアップダウンの豊富なコースが楽しそうです。走ってみたいなあ。怖いけど。
 コース全体を一望にするなんてことはできないので、撮影ポイントも決めがたく、いつも以上の細切れ動画をお送りします。すべてゴールシーンはありません。

 まだまだ暑い中、斜面の昇り降りで大汗かいたけど、栗も落ちていた。

blog20190902_b

 このコース走ってみたいというのは、ほとんど本気なんだけど、コースへたどり着くまでの林道がコース以上に怖いよ。細くてガードレールもない未舗装路でサンバーの車体が傾いちゃう。安全速度は20km/hなんて看板あるけど、そんなにスピード出せないあるよ。10km/h以下、あるいは止まらない程度の微速前進でソローリソローリ進みました。みなさんハイエースなどにバイク積んでよく行くなあ。舗装路に出た瞬間、安堵のため息出ちゃったよ。
 でもねえ、これ四輪じゃなくて二輪、KDXなんかで走ったら、なんだよー、もう終わりかよー、ダート足んないぞ。と、文句いうにちがいない。

分割に陸路に送るに12分の1のライムグリーン

 積層する方向で綺麗に造形できない部分があるのは仕方がないことなので、その部分にかんしてはあきらめて事後の作業にゆだねるか、別の方法を考えるかしなければなりません。ライトサイクルについては試行錯誤の結果、鼻先の部分を別パーツにすることにしました。ということで下図のような分割になりました。

blog20190824_a

 よしでけた。

陸路で行く?
 先月トーキョーへ一時帰宅したさいにちょこっと呑み会にいってきたんですが、そこで酔っ払った勢いで「ライトサイクル出来たら、送るよ」と制作途中のプリント品を前に豪語したのはワタシでしたが、やっと送れます。待たせたな。で、もちろん他にも送るべき人間がいますので、そちらにも送ります。レターパックライトの封筒買ってきて、モノを詰め込み、品名欄には「3Dプリント品 プラスチック」と記入。3Dプリント品だけではなくて材質も書いたほうがいいかな?と思って書いたんだけど、これが興味深い事態をもたらすとは予想だにしなかった。郵便局へ行き、厚みが3cm以内に収まっていることを確認してもらい、はれて発送完了。
 すると数時間後。郵便局から電話あり。
「先ほどのレターパックライトですが、沖縄宛がありますが、航空便にできないかもしれません」
 はあ。
「プラスチックと書かれてますが、プラスチックは航空便にはできないんです」
 はあ??
 え、じゃあ、どうなるんですか?
「余計に日にちがかかりますが、陸路になります」
 え?えええ????
 プラスチックと書いたことがなぜダメだったのか、もうそんなことはどうでもよくなりました。「陸路」という言葉のほうが面白くて気持ちも頭の中も「陸路で行く沖縄」のことでいっぱいです。あらぬ想像もしてしまいます。日にちかかってもかまいません!
 レターパックにしといたんで追跡番号ある。そりゃあ、もちろん、どこかで船便になるのはわかってるけど、途中の港とかも表示されるのかなあ?しばらく楽しめるなあ。

送りつけられた方へ
 尖った部分は積層がはがれやすくなっています。積層方向にもよりますが、最後に積層されたレイヤーが幅も高さもコンマ数ミリになっています。他の部分に比べて接触面積が極小になっていますので溶着も弱く、ヤスリ掛けなんかすると糸状にはがれてきます。
 そこで、まえもって接着剤を塗っておきます。れいによって今回もアクリサンデーを使ってます。

blog20190824_b

あ、1/12
 そうだった。できたのは仮想1/24のライトサイクルでありました。欲しいのは1/12なのです。
 でかいので、現状の部品分割では出力造形できないのであった。あらためて分割を考えなきゃならんのでありました。
 よし!明日からやろう。

 それまではカラーリングを考える。
 タミヤの1/12のZX-RRがあるんでそのデカールでなんとかならんかと、スキャンしたデカールデータでカワサキの光二輪車を考察中。

blog20190824_c

おにぎり持って走りに行く

blog20190809_a

 8月7日は七夕のお祭りです。いい天気です。他の地域も7月なんて梅雨のまっさかりは避ければいいのに。屋台で買い物して晩御飯の足しにするためにいそいそとお出かけします。が、なんと、「焼きそばは売り切れました」という会場アナウンスが流れました。
 くくくくくううう。まただ。今年も焼きそば買えんかった。いつもそうだ。悔しい。うらめしい。来年こそは。

 ここんところ、模型のちっちゃいバイクばかりいじってたので、ほんもんに乗りたいぞ。なので、そうする。
 コンビニでおにぎり買って景色のいいところでのんびり食べるため御嶽山の山麓に行ってみよう。
まずは、御岳ロープウェイを目指す。ロープウェイには乗らないけど、そこまでの山道を楽しむのだ。ルンルン走ってロープウェイ乗り場まで来た。ええ景色。

blog20190809_b

 ここの駐車場でおにぎり食べよう、と思ったけど意外と人が多いので、もちょっと走ることにする。いったんくだって、開田高原に行こうかね。
 するってえと、これはどうしたことだ。なにやらでっかい液体の粒がぶつかってくるぞ。これは雨というものかな。だんだん強くなるある。あいやあ、こりゃ、たまらん。逃げこむぞ。

blog20190809_c

 バス停があって助かった。しばしここで雨宿りです。腹も減った。もういいや、しかたない、屋根の下でおにぎり食べました。
 雨がやんだら出発。
 開田は降ってないねえ。さすが山の天気、夏の天気。
 さて、いつもの林道にも行く。うむ、楽しかった。では、もうひとつの林道にも向かう。ありゃ、目的地への道が通行止めになってる。あらら、橋が渡れなくなってるのね。この橋は危険、車両通行禁止と看板出てる。たかがKDX1台くらい大丈夫のような気もしますが、万が一、橋を崩しちゃったらシャレにならんので、ここは涙を飲んで引き返します。

 林道一本走れなかったけど、爽快な場所でおにぎり食べられなかったけど、おおむね満足したので秘密基地に帰ります。
 では、下ごしらえしてあるので、タンドリーチキン焼いて一杯やろう。

 今回、ひさしぶりにカメラをハンドルマウントして撮影しました。
↓これ。

つまづきを解消して祭りを見る

 造形物がビルドシートからなかなか剥がれなくてカッターの刃を無理やり隙間につっこんでグリグリしたら、破けた。

blog20190729_a

 素早くリカバリーします。こういうことが起こることは充分予測できたので、前もって予備のシートは買ってあります。えらい!
 ぺりぺりとシートを剥がしますが、残った糊が手強い。ここは古くからの言い伝えにしたがって、ライターオイルとヘラでゴシゴシします。

blog20190729_bblog20190729_cblog20190729_d

 まあ、なんとか取れたけど傷だらけである。むむ、よく見ると、触ってみると、ヘラにバリというかカエリがあるではないか。罰としてヘラは砥石ズリズリの刑に処す。
 新しいシートを貼って復旧完了。

blog20190729_e

 満足したところで盛大に花火も上がっています。

blog20190729_f

 ワタシには二年ぶりの水無神社例大祭。昼間はけっこうな雨だったけど、夜は天気も持ち直してはっぴー。

 復旧なったプリンターで諸々立体物を作り出していると覚えのない物体が造形テーブルの上に乗っかっている。
 あ、これは!

blog20190729_g

 先日出力した送風ダクトのパーツではないか。樹脂の積層部分の溶着が弱かったようで綺麗に剥がれ落ちている。

blog20190729_h

 慌てずさわがず、古くからの言い伝えにしたがって、ABS樹脂にはアクリサンデーが最強だぜえ、しかし、付属のスポイトは使いにくいぜえ、と注射器使って接着復旧完了。面相筆のほうが良かったかも。一応予備にひとつプリントしておいて、今回剥がれたところや、いかにも弱そうなところにアクリサンデー流しておく。

 例大祭二日目の夜には神輿まくりをしばらく見物です。

blog20190729_i

 この縦まくりはなかなかの衝撃だったようで、しばらくのあいだ、神輿の修繕作業が続きました。

 送風ダクトの破損は発見したのが夜だったので修理は翌日に回し、修理のあいだ、予備を印刷しているさいは、旧パーツを取り付けて印刷作業を行い、接着剤も乾いた頃をみはからって送風ダクトの取り替え作業します。すると。あ。コロコロコロリン。
 ダクト取り付けネジが造形テーブル前後移動ロッドのある切り欠きに転がり落ちて筐体内部に姿を消しました。

blog20190729_j

 しばらく考えます。ここもやはり、古くからの言い伝えにしたがって、サポートに電話します。すぐ繋がってうれしい。そして的確なアドバイスでネジ救出成功。

blog20190729_k

 底のパネルを外せば良いだけだった。

 というのが先週、先々週の出来事でした。

 そして、昨日。
 千年屋さんだ!おなつかしー!また千年屋さんの実況でレース観られるとは!
 と「8耐」を横目視聴しながらコンピュータ作業をしていたら、突然の雷、土砂降りの雨に襲われた木曽秘密基地は衛星放送受信できずレース視聴中断の憂き目をみてしまったのでした。やがて雨もあがり受信回復しましたが、なんだか、野球放送と時間帯がかぶっていて、8耐放送はサブチャンネルと行ったり来たり、野球も試合が長くなったらしく、予定時間にチャンネルが切り替わらず、予約録画設定もむちゃくちゃになりレコーダーは混乱気味。
 ついでにレース結果も混乱気味。順位発表に、え、そういうことなの?それはないだろう。と思ったのは、とうぜんワタシだけではなかった。
 表彰式までやっといてから、結果がくつがえりましたね。ま、良かったけど、運営はひどいなあ。そりゃあ、ワタシはTECH21を応援してたけどアレで一位は違うと思ったもんなあ。カワサキ優勝で当然。
 レコーダーはなんとか頑張って9時間ほど録画できてました。全部の時間を見直すことはないと思うけど。